スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風間フロンターレ


今話題の風間八宏の著書を2冊読んだ。そしてその気分で昨日のフロンターレVSベガルタの試合を見に行った。結果はロスタイムに矢島の劇的な決勝点でフロンターレが勝利した。試合内容については後ほど書くとして、まずは風間氏が目指すサッカーのポイントをあげてみようと思う。


①個人技術、個人戦術こそが一番大事
風間氏は攻撃こそがサッカーの醍醐味だと主張している。そしてその攻撃を作り上げるのが個人技術、個人戦術である。順番にまとめると、個人技術、個人戦術が高い選手はボールを触るのが好きである。ボールを持てばとられないので、積極的にボールをもらいに行く。もしマークがついていたらそのマークを外すために動く。そして動いたところにボールが出る。この繰り返しによって人もボールも動くサッカーになる。決してその逆ではない。

しかしもし個人技術、個人戦術が低い選手の場合、積極的にボールを触りたがらない。選手によってはボールを持つととられてしまう恐怖感があり、逆にボールをもらわないように動くこともある。マークがついていても積極的にマークを外しに動いたりしない。よって人もボールも動かないようなサッカーになる。これは良く小学生年代にありがちな現象である。


②個人技術、個人戦術が高い選手なら守備も積極的にする
個人技術、個人戦術が高い選手はボールを触るのが好きである。よってもし仮にボールをとられた場合は、すぐに取り返すように動くのが当たり前になっている。いや、取り返すというよりも殺気立って奪い返すのである。これはメッシやルーニーがボールを取られたときの(そもそも取られることが少ないが)状況を見るとわかる。このようにまずは個人技術、個人戦術を高めることで、必然的に守備を積極的にする選手になる。


③足元への速いパスが一番重要
攻撃を作るのは足元への速いパスである。個人技術、個人戦術を高めて、止める、蹴る、運ぶ、外すを高いレベルで出来るようになれば、足元への速いパスだけで相手を崩すことが出来る。まず相手を一瞬で外して、そこに足元への速いパスを出す。そしてその速いパスをちゃんと止める技術があれば、次も同じことを繰り返せばよい。スルーパスやロングボールはあくまでもサブ的要素である。なぜならボールのほうが人が走るスピードより速いため、スルーパス、ロングパスを出す場合には、パススピードを落とさなければならないからである。また、スペースにパスを出すということは、相手との競争になり、パス成功率が低くなる。足元への速いパスを3本つないだほうが、スルーパス1本出すよりも早い攻撃が出来るというのが風間氏の主張である。


さて、実際のフロンターレの試合を見た感想は、風間氏のサッカーは浸透し始めているというのが正直な印象である。ただ浸透し始めているというレベルで、まだ効果的な攻撃が出来ているとはいえない。例えばGKがボールを持ったときには、常にディフェンスラインからボールを運び、パントキックをすることはない。ボランチの中村、大島が効果的にフォローに入りディフェンスラインからビルドアップすることを志向している。ここまでは上手くいっている。しかしそこから縦パスが入ったときにミスが多い。風間氏が主張する止める、蹴る、運ぶ、外すのレベルがあまり高くないのである。中村はトップクラスの技術を持っているが、それ以外の選手はまだ技術的に厳しい部分がある。途中からレナトが入ってきたときには、レナトと中村のコンビネーションで崩す部分が見られたので、レナトを最初から使えばまた違うのかもしれないが。また、守備に関してはいろいろなとことで指摘されているように、かなり脆い気がする。どこから守備をするのかがハッキリしておらず、またアプローチのスピードも遅い。ただボールの流れを追ってゾーンをずらしているだけの場合も多々ある。


ただ私が昨年のフロンターレの試合をみたときの印象とはだいぶ違う。今のフロンターレのサッカーは見ていて面白いし、コンセプトがハッキリしているため選手も楽しそうである。あとは外国人がいかに絡んでこれるか、守備が安定するかで上位浮上できるかどうかが決まるだろう。ぜひ来年も指揮を執って、キャンプのときから戦術を浸透させて欲しい。







スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

トレーニングメニューは豊富なほうが良いのか!?


あなたは何種類のトレーニングメニューを提供できるだろうか?


「そんなの数えたことないよ」という人も多いだろう。私もそのうちの一人である。サッカーノートにトレーニングメニューを書いてはいるが、それらが合計何種類あるのかはわからない。また、いろいろな種類のトレーニングをやっているが、ある程度Warm-upのときにはこのメニュー、対人のときにはこのメニューなどというのが頭に入っているだけである。


現レアル・マドリード監督のジョゼ・モウリーニョのトレーニングノートには、約300種類のトレーニングメニューが眠っているといわれている。次の対戦相手の分析を周到に行い、その中からそのときに最適なトレーニングメニューを提供しているのである。また、前日本代表監督のイビチャ・オシムは同じトレーニングメニューを2度使ったことはないらしい。似たようなトレーニングはあっても、ルールや人数が常に異なっているのである。


あなたが日々トレーニングメニューを組む際に、常に行っているトレーニングはあるだろうか?おそらくWarm-up時のトレーニングは固定しているチームが多いと思う。では、それ以外のメニューはどうだろうか?毎回同じようなメニューを繰りかえてしてはいないだろうか?


個人的には小学生年代のトレーニングは、たくさんのメニューを提供できたほうが良いと思う。なぜなら子供は飽きっぽいからである。私も同じトレーニングを毎週行っていたこともあるが、だんだんとそのメニューに慣れてきて、子供たちから活気がなくなってきた。もちろんそのトレーニング自体は上手になっていくのだが、「またか、、、」というような雰囲気がチーム内に発生することがある。


私が中学生のときのトレーニングもほぼ毎日同じだった。いわゆる基礎練習をやって、センタリングシュートをやって、最後にGameというのが毎日3年間続いた。今でも思い出すが、また「今日も同じか、、、」という気持ちを常に持っていた気がする。こうなると選手のモチベーションのダウンは避けられないだろう。


選手はトレーニングに新たな発見がないと自分が成長した気持ちになれない。モウリーニョのチームの選手がよく言うのは、「毎回のトレーニングが勉強になるから、たとえ試合に出なくても上手になっている気がする」というものである。監督としてこれ以上の賛辞はないだろう。


数多くの種類のトレーニングメニューを提供するためには、常に新しいトレーニングを考え出さなければならない。またそのネタ探しとして常に勉強することが求められるだろう。もちろんそれら全て常に効果的なトレーニングでなければならない。選手にとっては試合が本番だが、指導者にとってはトレーニングが本番だからである。


私もまだ行っていないが、サッカーノートと一緒にトレーニングメニューだけをまとめたファイルを作ろうと考えている。ルーズリーフか何かにすれば、後からメニューをどんどん足していけるだろう。またWarm-up用、基礎練習用、対人用、ゲーム形式用などグループごとにまとめるのも良いかもしれない。そして最終的にはオシムのように豊富なトレーニングメニューを提供できるようになりたい。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

左利き選手が多いリヴァプールの強さ


最近のリヴァプールは強いと思う。昨年はリヴァプールが本当にビッグ4に値するのか疑問なくらい調子が悪かったが、監督がダルグリッシュに変わってから内容も結果も良くなってきている。

先日のリヴァプール対マンチェスターCの試合を見たが、現在首位独走でタレント軍団のマンチェスターCとほぼ互角の試合をしていた。この試合を見ただけでもリヴァプールの調子が良いことはわかると思う。

リヴァプールのスタメンは以下である。

GK:レイナ
DF:G・ジョンソン、スクルテル、アッガー、ホセ・エンリケ
MF:ルーカス、アダム、ヘンダーソン、カイト、ダウニング
FW:スアレス

タレント性ということでいえばマンチェスターCやチェルシーに劣るのは誰にでもわかることだろう(ちなみにジェラードは怪我である)。しかし個人的にはリヴァプールには大きな特徴が一つあると思う。それが左利きの選手の多さである。

上記スタメンの以下の選手は左利きである。

左CB:アッガー
左SB:ホセ・エンリケ
左CH:アダム
左SH:ダウニング

つまりリヴァプールの左サイドは全て左利きの選手なのである。これにFWでキャロルが入るとフィールドプレーヤーのうち半分が左利きの選手となる。これはリヴァプールの大きな強みの一つである。

個人的には左SBは必ず左利きの選手でなければならないと感じている。左SBからのフィード、クロスは右足で蹴るのと左足で蹴るのではFWの受け取りやすさが違う。左SHは右利きの選手でも中に切れ込むことが出来るので良いかもしれないが、その場合にはオーバーラップする左SBが左利きでなければ厳しくなる。

リヴァプールの場合はCB、CHの左側も左利きの選手である。アッガー、アダムはキックの制度も高いので、FWへのフィードも精度の高いボールが蹴れる。またアーリークロスも左サイドからあげる場合も、左利きのほうが角度がつくので効果的である。

小学生を教えているときには「左足を練習したほうがレギュラーに近づくよ」というようにしている。左足で蹴れるようになれば、右サイドに比べてレギュラーの倍率が低い左サイドで争うことが出来るからである。そしてチームにとってもそれが効果的であることはリヴァプールの試合を見ていればよくわかるのである。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

試合中にはメモを取る


あなたは自分のチームの子供たちが試合をしているときにメモを取っているだろうか?現レアル・マドリード監督のジョゼ・モウリーニョも試合中によくメモを取っている。そしてそのメモを交代選手に持たせて、指示の伝達をすることもある。


私自身も試合中にはメモを取っている。以前はサッカーノートにそのままメモを書いていたが、現在はRHODIAという切り取り型のメモ帳を使っている。そして試合後はそのメモをサッカーノートに貼り、試合の反省をする。


指導者も試合中はどうしても熱くなってしまうことが多い。試合中に思いついたこと、指示すべきこと、褒めるべきことなどをそのままにしておくと、ハーフタイムや試合後には忘れてしまう場合がある。私も以前はそのようなことがあったが、メモを取り始めてからはそのようなことはない。


メモの内容は様々である。ちなみにこの前の試合のメモは以下のようになっている。


・相手左サイドのディフェンスが薄い
・ボランチは両方上がらない。1人上がって1人は残っておく
・1トップは前線に張る。戻ってこない
・A君の運動量が少ない
・B君のインターセプト良い
・相手は3バック
・ディフェンスラインを上げるのが遅い
・ボールサイドに1トップは寄る
・相手1トップの受け渡し
・ゴール前には3人入る
・壁3枚でよいのか?


これらの内容はハーフタイムに子供たちに伝えるときもあるし、試合後に伝えるときもある。また内容によっては子供たちには伝えずに、サッカーノートにだけ書いておくこともある。このような臨機応変な対応が出来るのも、試合中にメモを書いているからだと思う。


指導者はその場その場の感情で指示を出したり、行動をするべきではない。前日本代表監督の岡田氏は「試合後にミーティングをすることはない」といっていたが、これは試合後は監督も興奮状態にあり、感情的になってしまうからであろう。試合中にメモを取ることで、その場で感情的になって指示を出すことを防ぐことが出来る。一度試してみるとその効果がよくわかるだろう。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

左利き左サイドバックの重要性

日本代表には左利きの左サイドバックがいない。


と常に思う。これはJリーグのチームも同様である。Jリーグのチームにも左利きで能力の高い左サイドバックが誰もいない。これは過去もそうである。日本代表の左サイドバックは都並、相馬、三都主、長友など能力の高い選手はいるが、完全に左利きの選手は三都主だけである(しかも三都主はもともとオフェンスの選手である)。他の選手は左足で蹴ることはできるが、もともと右利きの選手である。彼らのキックを見ていると、もともと右利きだったけど頑張って左足を練習しましたというような努力の跡が見える。


しかし世界では違う。トップクラスのチームには絶対に左利きで優秀な選手がいる。この前のワールドカップでもスペインのカプテビラ、オランダのファン・ブロンク・ホルスト、ドイツのボアテングなど全ての選手が純粋の左利きである。またチャンピオンズリーグやプレミアリーグなどトップレベルのリーグでもこの傾向は同じである。


ではなぜ左利きの左サイドバックが重要なのだろうか?それは左サイドの低い位置から蹴るボールに関係がある。左利きの左サイドバックが蹴るボールは、しっかりとカーブがかかり、FWが取りやすいボールになる。しかしもともと右利きの選手が蹴るボールはそこまで器用なボールが蹴れるわけではないため、ストレート系のボールになる。また右足で蹴ると余計FWとしては取りにくいボールになる。以下のような図を見ればわかりやすい。


左利き


右利き


またセンタリングの精度などもやはり左利きの方が高い。相手陣内深い位置でのセンタリングでは、やはり微妙な精度が求められる。そしてこのときに精度の高いクロスを上げられるかどうかがゴールが決まるかどうかを決定する。長友などもペナルティエリア周辺からのクロスは上手いが、コーナーフラッグあたりからのセンタリングは見たことがない。どうしても右足に切り替えてからクロスを上げてしまうのである。


この問題は今から左利きの左サイドバックを育成するしかない。右利きの選手を左サイドバックにして左足を練習させるだけではこの問題は解決しない。あくまでも育成年代から左利きの左サイドバックを育てるしかないのである。逆に考えれば左利きの選手は左サイドバックで出場すればすぐにレギュラーになれる可能性がある。現在左利きでレギュラーに慣れていない人は考えてみる価値があるだろう。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

「小学生のためのサッカートレーニングメニュー」公開!

「小学生のためのサッカートレーニングメニュー」というブログを公開し始めました。


多くの人が小学生に対してサッカーを教えていると思いますが、トレーニングをどのように組み立てればよいのかわからないという人が多いです。


私は2008年3月に日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級を取り、それから毎週土日に小学生に対してサッカーを教えています。このブログではその中で実践しているトレーニングや、日々サッカーについて考えていることをまとめることにしました。


どうぞよろしくお願いします!
Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。