スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームの実力は試合前の基礎練を見ればわかる!?


基礎練。


サッカー界ではなじみの言葉である。ご存知通り2人組で片方の人がボールを投げて、もう一人がダイレクトもしくはワントラップでボールを返す練習のことである。おそらくサッカーをやっていた人は誰もが一度はやったことがある練習ではないだろうか?


基礎練はトップレベルの選手でもやる練習なので、その効果は誰もが把握していることだろう。ボールの真にしっかり当てること、ボールの感触を確かめること、ボールタッチをやわらかくすることなどいろいろな効果がある。


一般的には下記のような形で進められることが多い。


・インサイド
・インステップ
・(インサイドトラップ)
・ももトラップ
・胸トラップ
・ヘディング
・(ジャンプヘッド)


しかしこの基礎練を子供たちにしっかりとやらせるのは結構難しい。なぜなら子供2人組のトレーニングはどうしてもふざけがちだからである。特に小学生低学年だとあまり集中してやってくれないことが多い。


しかしこの基礎練をいかに集中してやらせるかがコーチの実力が問われるところである。基礎練は地味なトレーニングであるが、工夫をすれば応用まで持っていくことが出来る。例えば以下のような工夫をすることが出来る。


・サイドステップしながら基礎練
・バックステップしながら基礎練
・ボールを蹴る前に首を振る


基礎練はウォーミングアップのときにやることが多いが、毎回同じことをやらせていると子供たちも飽きてくる。上記のように毎回ちょっとずつ変化を加えることで、子供たちに飽きが来ないようにすると良い。


そのチームが強いかどうかは試合前の基礎練を見ればわかるといっても過言ではない。基礎練を集中して出来るようなチームはどんな練習でも集中して取り組んでいる。そしてそれが習慣化されてくることこそがチームの実力につながっていくのである。
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

「パスandゴー」も工夫次第でいろいろ教えられる


パスandゴーというトレーニングを行っているコーチは多くいると思う。おそらく内容を説明しなくてもわかると思うが、一応内容を書いてみることにする(文章で書くと結構難しい)。


まず3人ずつぐらいに分かれて向かい合って並ぶ。そして片方の列の先頭の人から反対側の先頭の人にパスを出す。パスを出した人は反対側列の一番後ろに並び、パスをもらった人はトラップをしてまた反対側の人にパスを出す。基本的にはそれを繰り返す(やはり伝わらないので図を見てほしい)。


このパスandゴーもただパスを出して走るだけではつまらない。パスandゴーにもいろいろオプションをつけて選手に学ばせるべきである。私は以下のように段階を踏んでパスandゴーを行っている。


1.パスを出してランニング
2.パスをもらうときに声を出す
3.パスをもらう人はどっちの足にほしいのか手を出す
4.パスを出す人は相手の名前を呼ぶ
5.パスを出したらダッシュ
6.パスを出したらダッシュしてトラップの瞬間とまる
7.パスをもらう人はワンタッチでディフェンスをかわす


このように単なるパスandゴーだけでも段階を踏むことでいろいろな要素を教えることが出来る。例えばパスを出す際に相手の名前を呼ぶというのは、全日本代表監督フィリップ・トルシエが行っていたトレーニングである。相手の名前を呼ぶことにより、第3人目の動きをスムーズにすることが出来る。


またパスを出した後にダッシュしてトラップする際に止まるという動きは、ディフェンスのアプローチのトレーニングになる。アプローチの際は足を細かくステップを踏み、スピードを殺さなければならない。もちろん本気でディフェンスするわけではない。あくまでもアプローチの形を作るトレーニングである。


ここで注意してほしいのはこの7つの要素をいきなりすべて教えてはだめだということである。最初からすべてを教えても子供たちは覚えられないし、すべてのことを同時に行うことは難しい。簡単なものから一つずつ増やしていって、最後にはすべて出来るようにする必要がある。


このパスandゴーというトレーニングは特にディフェンスがついているわけではない。また相手との駆け引きがあるわけでもない(トラップでディフェンスをかわすというものはあるが)。よって私がお勧めしている戦術的ピリオダイゼーション的なトレーニングではない。しかし小さいスペースでもトレーニングできるため、私は試合前のアップに使っている。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

ポゼッションゲームでポジションを割り当てる!?


先日「戦術的ピリオダイゼーション」を日本で普及しようとしている村松氏の講演に参加してきた。村松氏の講演会は2回目で、前回は戦術的ピリオダイゼーションの概念的な話だった。今回は実際のトレーニングメニューについて詳しく説明してもらった。


村松氏はまずチームのコンセプトを作ることが大事だとしている。コンセプトがなければそれに適したトレーニングメニューも作れないと考えているからである。チームのコンセプトに「攻守の切り替えを早く」というものがあれば、トレーニングには常に攻守の切り替えをするような設定でなければならない。


ここまでは私のブログでもよく書いてあることである。それに加えて面白かったのが、ポゼッション練習においてもポジションをしっかりと決めることである。選手に対して「君はDH、君はCF、君はSH」などといってポジションを決めさせ、常に試合をイメージさせながらポゼッション練習をさせる。


しかもこれは事細かにポジションを修正させる。例えば「CFは常に前線に張る」というコンセプトがあったとしたら、それをポゼッションの中でも行わせる。もしポジションを下げてボールをもらいに来た場合は、ストップさせポジションを修正させる。


またポゼッションのトレーニングなので、攻守の切り替えも含まれている。両方のチームにポジションが割り振られているため、攻守の切り替えをした後はもう一方のチームでもそれぞれのポジションでポゼッションを行う。


この考え方はかなり斬新的である。ただ小学生には結構難しいのではないかとも感じた。しかし中学生、高校生にチームのコンセプトを伝えるためにはかなり有効で、改めてチームの戦術を浸透させることの大切さを学んだ気がした。


もちろん彼の意見がすべて正しいわけではなく、自分のチームにどうやって落とし込むかが大事なので、その辺は今後自分で工夫してやっていきたい。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

4対4ラインゴール

あなたは子供たちにドリブルが上手くなって欲しいと思ったらどのようなトレーニングを行うだろうか?


多くのコーチはここでコーンをジグザグドリブルするトレーニングをする。しかし私はこのようなトレーニングは実践には向かないと思っている。もちろん足先の細かいタッチは上手くなると思うが、ドリブルはそれだけではない。それよりも、どこでドリブルするべきなのか、パスとドリブルの割合はどれぐらいにしたら良いのかなどを身につけるほうが大切である。またそれ以上に相手が動かない状況でドリブルをしても相手との駆け引きは身に付かない。


私がオススメするトレーニングは4対4のラインゴールである。ラインゴールとは普通のゴールの変わりにラインを通過したら1点とするスモールゲームである。これは有名なトレーニングだと思うので、あなたも知っていると思うが、しかし何のためにラインゴールをするのかをしっかりと考えている人は少ない。ラインゴールにすると普通のスモールゲームと何が違うのか?それを考える必要がある。


ラインゴールにすると、シュートを打つ機会は全くなくなる。その代わりに相手ゴール(ライン)前でドリブルする回数が多くなる。よって相手のディフェンスが一番集中する場(人数的にも精神的な意味でも)でドリブルをする必要が出てくる。


ドリブルのスキルが一番上がるのは相手が本気でディフェンスしてきたときである。コーンのように動かないものを抜いたからといってドリブルのスキルは上がらない。それよりも相手が本気でボールを取りに来ているのを(必ずしも綺麗な形じゃなくとも)抜くことでドリブルのスキルは上がる。


またゴール(ライン)前ではドリブルをするだけではなく、相手をひきつけてからのパスも効果的である。ラインゴールにおいてはゴールの範囲が横に広いので、ゴール(ライン)前で逆サイドにパスをすれば1点は確実である。これは実際のゲームでも同じである。ドリブルが得意な選手がゴール前でパスができるようになると、相手のディフェンスは何もすることができない。


Jリーグとプレミアリーグの選手の違いは、ゴール前でのドリブルの数ある。Jリーグの選手ではゴール前、ペナルティエリア内にも関わらず後ろを向いてパスを出してしまうことが多い。しかし世界のトップクラスのフォワード(ルーニー、ドログバなど)はゴール前では必ず勝負をしてくる。そもそもペナルティエリア内では相手はファールをできないのだからドリブルすべきなのである。


このようにゴール前でのドリブルスキルを身につけさせるためには、この4対4ラインゴールはとても効果的である。しかも4対4という人数の少ない設定で行えば、より多くの選手がドリブルする機会が増える。また事前に「ゴール(ライン)前は積極的にドリブルしよう!」ということをコーチングすれば、子供たちも意識してくれる。ぜひ試して欲しい。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

「6対6+フリーマンのボールキープ」

私のチームでは「6対6+フリーマンのボールキープ」のトレーニングを毎回行っている。このトレーニングは6人ずつのチームに分けて、2チームでボールキープの争いをするものである。そしてその中に一人フリーマンを入れて、ボールキープしているほうの味方になる。ゲーム形式にしたければ5本パスが回ったら1点という風にすればよい。


なぜ毎回この「6対6+フリーマンのボールキープ」のトレーニングを行っているかと言うと、私のチームでは以下のようなコンセプトがあるからである。


・オフェンス
→グラウンドを広く使う

・ディフェンス
→グラウンドを狭くする

・攻守の切り替えが一番重要


「6対6+フリーマンのボールキープ」のトレーニングの場合、オフェンスには常にスペースに広がってボールをキープしろとコーチングしている。つまり使っているグリッドをできるだけ広く使ってボールキープすることを目指しているのである。逆にディフェンス側には常にプレッシングをかけるようにコーチングしている。そして重要なのは、プレスをかけるときには6人全員がボールがあるほうに寄り、プレッシングするスペースを狭くするということである。この両方を図に描くと以下のようになる。





この場合○がオフェンスで、△がディフェンスである。○はグラウンドを広く使っている。それに対して△はグランドを狭くしてプレッシャーをかけている。おそらくオフェンスがグラウンドを広く使う理由はわかるだろう。グラウンドを広く使うことによってボールが回りやすくなる。そしてディフェンスを走らせることができる。バルセロナのボールキープを想像してもらえれば話は早い。


ではなぜディフェンスはグラウンドを狭くしてプレッシャーをかけるのだろうか?しかもこの場合逆サイドにボールが送られたらまずいのではないかと言う疑問もあると思う。しかしその心配は無用である。なぜなら小学生の場合、そこまで遠くにボールが飛ばないからである。そしてボールを持っている選手に激しいプレッシャーをかけることができれば、ロングキックをすることができない。そして仕方なく短いパスを送ったときに、周りのディフェンス全員でボールを取りに行く。これは試合中も同じである。ボールが逆サイドにある場合、ゴールと反対側のサイドバック、サイドハーフは真ん中あたりまで中に絞る。これも逆サイドまではボールが飛んでこないことを前提にしたディフェンスである。


そしてこのトレーニングで一番重要なのは、攻守の切り替えの早さである。例えばボールをキープしている方がボールをとられた場合、すぐに全員がグラウンドを狭くしてディフェンスをする必要がある。逆にボールを取ったほうがすぐに広がってグラウンドを広く使う必要がある。つまりポジションがすぐに逆になるのである。この速さが攻守の切り替えの早さにつながる。


ちなみにフリーマンを入れているのは数的同数だと小学生の場合ボールがなかなかつながらないからである。フリーマンはコーチでも良いし、子供たちでも良い。できるだけ真ん中でボールを受けるように意識することが必要である。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

1対1のボールキープ

日本の選手は1対1が弱いといわれている。確かに日本代表VSイングランド代表の試合ではそれが顕著であった。しかし1対1が弱いからといってチームが弱いというわけではない。1対1が弱ければチーム戦術や組織プレーで対抗すればよいからである。


とはいってもやはり1対1が強いに越したことはない。チーム戦術や組織プレーで何とかなるのは中盤までである。最後のゴール前でのプレーは1対1の強さがカギになる。それが今日本代表の抱えている課題だろう。


では小学生を指導する場合、どのようなトレーニングを行えばよいだろうか?1対1にもいろいろな場面があるが、ここでは1対1でのボールキープのトレーニングを紹介する。


まずマーカーで両側にゴールを2つ作る。そしてその間にオフェンス(OF)とディフェンス(DF)が1人ずつ入る。コーチは外からオフェンスに対してボールを出す。そこから1対1が始まるが、オフェンス(OF)はどちらのゴールでもよいのでドリブルで通過したら勝ちである。ディフェンス(DF)はボールを取ってコーチにパスを出したら勝ちである。よってオフェンス(OF)がボールを取られてもすぐにディフェンスに入らなければならない。以下の図を参考にしてほしい。





ここで重要なポイントは以下のようになっている。


・オフェンス(OF)

1.相手の死角でボールをもらう
2.ボールをもらうときのスピードの変化
3.ボールをキープするときには半身の体勢
4.ボールを取られたらすぐ攻守の切り替え


・ディフェンス(DF)

1.相手に裏を取られない
2.ボールを持った相手を前に向かせない
3.後ろから激しく当たる
4.ボールを取ってからのパス


この練習は1対1でのボールキープの練習だが、一番相手との駆け引きが要求される。オフェンス(OF)ではボールをもらうときにいかに頭を使って相手の裏を取れるかが重要である。そしてその駆け引きの感覚はコーンを使ったドリブル練習では身に付かない。ディフェンス(DF)という相手がいてこそ身につくものである。また攻守の切り替えも含まれているので、ボールを取られてからの素早い守備も身につく。


またこのトレーニングの一番良いところは子供たちが楽しんでやってくれることである。子供たちはこのような駆け引きがあるトレーニングを好む傾向にある。そういう面でも大人よりも子供たちに最適なトレーニングだと思う。



シュート練習

多くのチームではシュート練習を行っていると思う。特に小学生はシュートを打つことや、ゴールを決めることが好きなので、シュート練習はとても良い練習になる。


しかし多くのチームではシュート練習をフリーの状態で行っている。例えばボールをコーチにパスして、横や後ろに落としてもらってからのシュートや、コーチに裏へボールを出してもらってシュートなどである。これは確かにシュートの練習にはなる。しかしその状況が試合中に起こるかどうかはかなり怪しい。


なぜなら試合中には必ず敵(ディフェンス)がいるからである。特にシュートの場面では相手が強いプレッシャーをかけてくることになる。シュートを打つ人はその中で冷静かつ大胆にシュートを打たなければならない。では先ほどの練習がそれを満たしているだろうか?


私はシュート練習はすべて敵(ディフェンス)をつけて行っている。そうすることで試合中と同じような状況を作り出している。おもに行うのは以下の2つである。


1.GK、DF、FWの3人で行う。まずDFとFWがゴールの幅で立つ。DFがFWにパスをして始める。FWはすぐシュートを打つ。DFはFWにパスを出した瞬間にディフェンスに入る。最初のDFとFWの距離は、FWがトラップミスをしたらすぐ取れるような位置にしておく


2.GK、DF、FWの3人で行う。1.よりもゴールから遠い場所で行う。DFはFWに対して斜めにスルーパスを出す。FWはそのままスペースにトラップをしてシュートする。DFはFWにパスを出した瞬間にディフェンスをする。これもFWが少しでももたついたら追いつけるような距離にしておく。


まずFWの人はすぐに(ワントラップで)シュートを打つことを考える。しっかりとトラップができればすぐにシュートが打てる。しかし少しでもトラップをミスしたらディフェンスが追い付いてくることになる。その緊張感の中で練習をすることでトラップやシュートの技術を磨くことができる。


1.の場合は足元にトラップをしてすぐシュートを打てる体勢になることが重要である。しかし2.の場合はスペースにトラップすることが大切である。この微妙なトラップの違いもしっかりと説明する必要がある。


以下に図を書いておいたので参考にしてほしい。








4ゴールゲーム

サッカーで大事なスキルの一つに「遠いほうの足でトラップする」というものがある。


例えば自分の左からボールが来た場合、左足でトラップすると体が左を向くことになる。しかしこれでは逆サイドにボールを運ぶことができない。逆に右足でトラップすれば体が正面を向くことになるため、左右どちらにもパスを出せる。これが「遠いほうの足でトラップする」ことのメリットである。もちろん相手が右側からプレッシャーをかけてきた場合は左足でトラップすることもあるが、原則右足でトラップすることが多い。


これは特に中盤の選手には絶対必要なスキルである。プロの選手では必ずこの「遠いほうの足でトラップ」を行っている。日本代表では遠藤、中村憲、などが上手であり、海外ではセスク・ファブレガスが一番うまい。


ではこの「遠いほうの足でトラップする」ことを習慣づけるためには、どのようなトレーニングメニューが良いのだろうか?私は「戦術的ピリオダイゼーション理論」をもとにトレーニングを組み立てているため、これもゲーム形式の中で鍛えるようにしている。


それが4ゴールゲームである。4ゴールゲームとは、普通のスモールゲームにおいて、ゴールをそれぞれ2つずつ付けるゲームである。普通ゴールは真ん中にあるものだが、それを左右両方に設定する。よって合計2×2=4つのゴールが設定されることになる。ここで重要なのは縦長のコートではなく、横長のコートで行うことである。またゴールはシュートをするのではなく、ドリブルで通過したら1点とする。


なぜこの4ゴールゲームが「遠いほうの足でトラップする」ことを習慣づけることになるかというと、まずゴールが左右にあることでサイドチェンジが増えるからである。サイドチェンジをするためには、真ん中の選手が逆サイドにパスを出す必要がある。そしてその時に「遠いほうの足でトラップする」ことが多用される。なぜなら「遠いほうの足でトラップ」しなければサイドチェンジができないからである。また横長のコートにしてあるのは、サイドチェンジの回数を増やしてほしいからである。


ゴールをドリブルインにしているのは、サイドチェンジのスピードを速くするためである。ドリブルでゴールを通過するためには相手のマークを外す必要がある。ドリブルインでは普通に片方のゴールを目指すだけではマークを外すことができない。よってゴールを決めるためには逆サイドへサイドチェンジをしてマークを外す必要がある。だからサイドチェンジが多用される。


以上のような理由で私は4ゴールゲームを良くトレーニングで取り入れている。もちろん「遠いほうの足でトラップする」ことをまず説明してからトレーニングを行う。最初は子供たちも難しそうな顔をするが、慣れてくればどんどんサイドチェンジができるようになってくる。「遠いほうの足でトラップする」ことは12歳以下で身につけてほしいスキルである。ぜひこのメニューを参考にしてほしい。


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

10対10+フリーマンのポゼッション

モウリーニョのDVDを最近見た。中身は期待していたほどではなかったが、少し面白いトレーニングメニューを見つけたので紹介する。


・10対10+フリーマンのポゼッション練習

[ルール]
1チーム10人だが、その中で2色のビブスに分かれる。よって全体で4色のビブスが4つできることになる。例えば(赤+青)VS(緑+黄)のようにポゼッションをする。そしてフリーマンはフィールドの4辺に一人ずつ立つ。


これでは普通のポゼッション練習だが、重要なのはコーチが適当なタイミングでチームを入れ替えることである。例えば最初は(赤+青)VS(緑+黄)だったのをコーチが「赤+緑」と言ったら、(赤+緑)VS(青+黄)という戦いになる。


これにより子どもたちは自分が今どのチームに属しているのかを常に考えることになる。そしてその中で素早い判断が求められる。これにより単なるポゼッションの練習だけではなく、頭の中も鍛えることができる。


これはオシムがやっていたビブスが複数枚ある練習とちょっと近いのかもしれない。重要なのは単なるボール扱いやポゼッションの練習だけではなく、その中で頭も鍛えようとしていることである。この練習では集中していないと味方を間違えることになる。また頭の良さも求められる。つまり試合中と同じぐらいの集中力・判断力を求められるのである。


おそらく小学生年代では10対10だと人数が多いので、少し減らして6対6ぐらいにすると良いと思う。まだ私のチームでは試していないが、今度このトレーニングをやってみるつもりだ。




テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

「攻守の切り替え」を含んだ鳥かご

すべてのトレーニングには「攻守の切り替え」が含まれていないといけない。それは多くのチームでやっている鳥かご(4対1、3対1)などのパス回しでも同じである。


多くのチームは鳥かごのルールを、鬼がボールに触ったら交代としている。しかしこれでは鬼がボールを触った瞬間にいったんゲームが止まってしまう。特にボールを取られたほうは「あーあ・・・」という空気になり、「攻守の切り替え」など全く意識することはない。


しかし本当の試合ではこのようなことはおこらないはずである。試合中はボールを取られたらすぐにボールを取りに行くのが当たり前である。よってこのようなトレーニングをしていると、「攻守の切り替え」を意識することがない。これにより「攻守の切り替え」をしないことが習慣化されてしまい、試合中の「攻守の切り替え」が遅くなってしまう。


ではどうしたら良いのだろうか?「戦術的ピリオダイゼーション理論」を日本に普及させようとしている村松氏は次のようなトレーニングをお薦めしている。


1.鳥かごはボールに触った瞬間に交代ではない
2.ボールを取った鬼がドリブルで枠の外に出て、手でボールをキャッチしたら交代
3.ボールを取られたほうも、相手が枠の外でボールをキャッチするまでは取り返すことができる


このようにやれば、ボールを取ったほうはドリブルで守備から攻撃に転ずる癖が付く。逆にボールを取られた方は、すぐにボールを取り返す癖が付く。同じ鳥かごだが、このようにルールに工夫をすることで「攻守の切り替え」を意識させることができる。


このようなトレーニングはスペインでは一般的らしい。またオランダでも行われているという話をサッカークリニックで読んだ気がする。


私もこのトレーニングは採用しているが、「攻守の切り替え」を意識するには良いトレーニングだと思っている。ただし手でキャッチするというところで、子供たちがふざけてしまうときもある。また鬼がなかなか交代することができないというデメリットもある。


だから私は1人1人の時間制にしている。鬼が一定時間内に何回外でボールキャッチをすることができたかを競い、外側の人は鬼にキャッチされた回数によって軽い罰ゲームを与える。そうすれば1人が鬼をやる時間は公平になる。また外側の人は罰ゲームをやりたくないので、ボールを取られたらすぐにボールを取り返しに行くことになる。


私は村松氏の「攻守の切り替え」を含んだ鳥かごに自分なりの工夫を加えている。練習中は本に書かれているトレーニングをそのまま真似してもうまくいかないことがある。そのときにどれだけ工夫ができるかがその指導者の力量が試される場なのではないだろうか。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。