スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サッカークリニック2013年6月号』‐シュートセンスを磨こう!


『サッカークリニック2013年5月号』を読んだ。今回のテーマは「シュートセンスを磨こう!」である。以前の日本代表、日本人選手は決定力不足と嘆かれていたが、現在はどうだろうか?2013年5月25日時点でJリーグの得点ランキング上位はほぼ日本人が占めている。かつては外国人選手が得点王ランキングを独占していた時代もあったが、徐々に時代は変わりつつあるのかもしれない。下記内容を引用する。


・サッカーは瞬発的なパワーを必要とするスポーツなので、その源となる速筋繊維が選手には求められます。にもかかわらず、罰走として緩慢なランニングを科すことで速筋繊維よりも遅筋繊維が優勢になってしまうかもしれません。

・仮に、「右サイドバックにオーバーラップを頻繁にしてほしい」とします。そこで「右サイドバックの選手だけを集めて30から50mのスプリントを課す」というアイディアは最悪だと思います。指導者がすべきなのは、ゲーム形式のトレーニングの中で、右サイドバックの選手に対して頻繁にオーバーラップするように要求することです。

・「選手は知らない」というところから始まっていた指導が「選手は知っているからそれを引き出してあげる」となったのです。

・イヴィチャ・オシム(元日本代表監督)が以前、小さいうちから相手がいるトレーニングをして、ゲームをたくさんやっていくと、いろいろなものが磨かれていく、と話していました。

・子供のころの思い出を忘れてはいけません。誰もがゴールを決めたくてフィールドに向かったはずです。「いつか決めたゴール、そのボールの軌道」が記憶に残り、そういう映像や記憶こそがモチベーションになるのです。

・私たちは練習に参加している人数よりも3,4割増しのボールを用意します。20人の選手がいればボールは30個くらいとなります。練習のオーガナイズ以外にも、目の前にボールがあれば子供はそれを蹴るものです。そういう本能を引き出してあげたいと思ってボールを多く用意しています。

・守備をしなければならない場面で2人のアウトサイドが下がり、その結果、陣形が「5-3-2」になったとして、それのどこがいけないというのだ。

・スペインでは選手の練習態度を改善させる際に、態度に対する直接的な指導を行うよりも、「規律が乱れない練習」を行うことが優先されます。逆に言えば、規律を乱す選手がいた場合、その選手ではなく、選手を規律ある状態に置けないコーチが批判されるのです。

・チームの規律を支える3大要素
①コーチと選手の人間関係
②練習法の質と魅力
③試合結果と選手の出場時間

・規律ある練習を構成する要素
①プレーモデルの反映
②練習のテンポ
③試合と共通する状況
④感情のコントロール
⑤チーム内の競争


私自身、選手時代はMFでプレーすることが多かったため、ゴールを決めたこともたくさんあった。印象的なゴールは今でも覚えているし、そのイメージこそが「次もゴールを決めたい!もっと上手くなりたい!」というモチベーションにつながっていた。やはりボールがゴールのネットを揺らした瞬間、そのイメージは子供たちに多大な影響を与える。そういう意味でもシュート練習は定期的に練習メニューに入れたほうが良いのかもしれない。


スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

『サッカークリニック2013年5月号』‐価値あるパスを出そう!


『サッカークリニック2013年5月号』を読んだ。今回のテーマは「価値あるパスを出そう!である。先日のバイエルン・ミュンヘンの試合を見ていたが、やはりJリーグと違うのはパススピードである。インサイドキックのパススピードがが早いため、サイドチェンジや縦パスを数本入れるだけでもディフェンスのバランスを崩すことができる。センターバックのパスでさえも、パススピードが早く、また2タッチで次の選手ににパスを出している。これは意識で変えられる問題なので、普段の練習から取り組む必要があるだろう。以下内容を引用する。


・私は選手を前にしたとき、相手がアマチュアだろうが、プロだろうが、監督にありがちな仮面を取り払ってありのままに自分をさらけ出して接するように努めている。思ったこともはっきり言う。

・テクニック偏重になるのは、サッカーを必要以上に細分化して分析し、そこからトレーニングを組み立てているからだと思います。ただし、こういった現状が生み出す現象はテクニック偏重だけではありません。コンディショニングも細分化され、個別に行われる傾向にあります。

・多くの人が、「サッカーは流動的だ」と理解しているはずですが、どうして細分化するのでしょうか?
→まず、それが最も簡単な方法だからでしょう。そして「細分化しないとトレーニングできない」と考え、それが習慣化、常識化しているからだと思います。

・3つの指導メソッド
①ノルマ(条件)を設定する
指導者にとっては、選手に学習させたいコンセプトがトレーニングに現れるようにノルマ(条件)を設定することが大切です。選手たちは与えられたノルマのもと、トレーニングの中で正しい解決策(判断)を探す必要性に迫られます。

②選手に質問する
指導者は、選手に学習させたいプレー、コンセプトに選手がたどりつけるよう、いくつかの質問をします。

③プレーを理解させる
指導者にとっては、選手たちがプレーを通して発見した解決策に対して、「なぜ正しいのか」、その理由を証明することが大切です。選手たちは「なぜ」を理解することで、サッカーの基本を知ることとなります。

・基礎技術は子供が自身で説明できるくらいに、一つ一つ細かく砕いて教えて、その上でゲームにおいて自由にやらせてみて、また話をしてみる、という繰り返しのアプローチが必要だと思います。子供の時は、自由にやらせたほうがいいという意見もありますが、放っておくと軸がぶれて姿勢が悪くなり、周りが見えなくなることもあるでしょう。

・最近では空走りだけではなくミニゲームを行うことによってフィットネス効果を得るというトレーニングも一般的です。8体8から10対10では低強度、7対7から5対5は中強度、4対4から1対1は高強度になる傾向が有り、これはオランダを中心にシステム化され広まっていきました。

・チームのコンセプトや目標、試合に向けての狙いをシンプルな言葉で紙に書き出し、ロッカールームや着替えているスペースの選手の目に入りやすいところに掲示します。

・ゲーム中の情報伝達は、インプレー中にはプレーに集中させるために控え、ゲームが途切れたとき(セットプレー、スローイン、得失点後など)に、シンプルに(最大でも3フレーズ以内)行うように心がけています。


小学生年代だとなかなか試合中にパスが繋がらない傾向が強いと思う。指導者はそれが単なる技術の問題なのか、それともそれ以外に原因があるのかしっかりと分析する必要がある。意外とポジショニングを修正するだけでパスがつながるようになることもある。

例えば小学生低学年のように団子サッカーになっている状態で、いくらパスをつなげといったとしてもなかなか難しいだろう。それよりもまずは団子サッカーにならないようにポジショニングを修正してあげたほうが、パスがつながるようになるかもしれない。もちろんポジショニングの型にはめすぎるのは良くないかもしれないが、ある程度のルールを決めておくことで、子供たちもどこに味方がいるのかがわかりやすいと思う。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

『サッカークリニック2013年4月号』‐「記録」を育成に活かそう!

『サッカークリニック2013年4月号』を読んだ。今回のテーマは「記録」を育成に活かそう!である。おそらくサッカーの指導者をしている人の中にはサッカーノートを書いている人が多いだろう。驚くべきことに、現在は紙のノートだけではなく、iPadなどのタブレットを用いている人もいる。形式は変われど、指導の内容を記録に残しておくことは大事なことである。以下内容を引用する。


・トレーニングを効果的に行うための3つの要素
1.選手が実践に近い意識を持ってトレーニングに臨むこと
2.選手間の競争意識
3.時間の管理

・同じ大きさのグリッド、同じ設定で練習していると選手はその練習に慣れてしまう。「慣れ」に比例してその練習の効果は低くなる。それを避けるためには、グリッドのサイズ、人数、ゴール数、タッチ数などに変化を加え、選手が考えるように導くことが必要なのだ。

・ルーティーンの練習は気が緩んだり、「ただやる」という感じになってもおかしくありません。それを避けるためにもノートを活用し、選手の変化を見逃さないようにしています。同じメニューを繰り返しつつ、しかもマンネリにならないことが大事だと思います。

・基本は子供とのコミュニケーションのツールとしての活用なので、子供たちにはサッカーのことだけではなく、普段の自分の生活から学校でのこと、楽しかったこと、困ったことなど、特に4年生までは、自分の思ったことを何でも書いていいと言っています。

・試合に出ていなければ、MTMについてサッカーノートを書く事ができません。そこで、すべての選手を試合に出場させるようにしています。

・私は試合結果でトレーニング内容は変えない。シーズンを通じてチームが行うべき練習は私の頭の中にある。試合で結果が出ないこともある。しかしそれが、計画を変える理由にはならない。また、ミスにフォーますした練習を加えたりしない。行うと決めていた練習を維持し、チーム状態によって練習の比重を調整するだけだ。キャリアの初めからこの方針は変わっていない。

・少年サッカーの指導では、指導者は子供に好かれなければ駄目。でも子供に好かれるのは、難しい面もあります。ただ優しいというだけでは子供には好かれません。人間的な尊敬、子供に対する愛情などいろいろな要素が必要で、指導者はトータルの印象で見られます。そこには厳しさも必要なのです。

・行動を習慣化すると、うまくいったとき、うまくかなかったときの原因が探りやすくなるのです。物事が偶然に起きたのではなく、「そうなった理由」があることを理解し、気づきを得るためにも、行動を習慣化しています。

・4クオーター制では3クオーターまでは選手が負傷をしない限り、途中交代できない決まりになっています。ただし、それだけでは20分ハーフのゲームとはそれほど際は生まれないでしょう。4クオーター制の特徴は、・最終クオーターで初めて自由に選手交代ができる・第3クオーターまでにすべての選手を出場させなければいけないというルールにあります。

・イングランドのリバプール大学大学院に「MBA football Industrys」というサッカービジネスに特化したコースがあります。

・分析した情報を伝えて活用する3つのポイント
1.自分たちの言葉=指導者と選手がイメージを共有できる言葉で伝える
2.伝えるべき優先順位=確実に伝えたいことを取捨選択し、3項目以内にする
3.情報の具体化=全員が「どうすればいいか」わかるように表現する


4クオーター性については小学生サッカーには検討の余地があるだろう。現在小学生のサッカーは11人性から8人制になりつつあるが、その分出場できる子供たちの人数が減ってしまうという状況に陥っている。もともと8人制は一人一人のボールタッチ数を多くするということが目的だが、出場できる選手にとってはたしかにそうだが、出場できない子にとっては全く意味がない。むしろ8人制にとって出られなくなってしまった子にとっては弊害となっている。

この状態を脱却するためにはルールとしてこの4クオーター制のようなものを作るしかない。このようなルールがないと指導者は勝ちを目指し、特定の子供達しか試合に出さなくなる。指導者含め誰もが試合に勝ちたいと思うのは当たり前なので、指導者の立場からすればこの状態はある程度仕方がないだろう。しかしもし必ず全員を出さなければならないというルールがあれば、その中で勝ちを目指すことを指導者が目指すようになる。

もちろんこのようなルールを作ると、特定の子供達しか試合に連れてこないチームが出てくるなど、別の問題も発生するかもしれない。しかし現在のままだとわざわざ試合に来たのにもかかわらず、全く試合に出ずに帰る子供たちがたくさん出てしまう。そんな状態では出られない子供たちのモチベーションが下がってしまうのは当たり前である。

試合に出られない子供たちは中学生に上がった時にサッカーをやめてしまう可能性が高い。これは日本サッカーにとっても大きなマイナスだろう。小学生年代においては4クオーター制のようなルールを作ることをぜひ検討してもらいたい。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

『サッカークリニック2013年3月号』-特集春に鍛える!


『サッカークリニック2013年3月号』を読んだ。今回のテーマは「特集春に鍛える!」である。内容としては春合宿に何をするのか、どんなことを意識してトレーニングを行うのかということである。なかなか小学生年代では春合宿を行うチームは多くないと思うが、4月からの新体制スタートに向けてどのような準備をするのかという点については参考になる。以下内容を引用する。

--------------------
・近年のスペインにおいては、戦術的ピリオダイゼーションの流行もあり、フィジカル・トレーニングを「ボールを使って行うべきかどうか?」という議論が続いています。

・最近はメンタルの弱い子供が多く、きついことを大人があえてやらせないとダメな部分があります。また、つらいことをやり遂げたときの達成感を味わってほしいとも思うのです。

・私は指導をする上で、「子供たちにサッカーを楽しんでもらいたい」ということを大切にしています。ただし「楽しむ」とは、気ままに自由にボールを追いかけるということではありません。規律をしっかり守るということなども含め、本気で取り組んで初めて実感できるのが「楽しさ」だと思うのです。

・昔のように基礎体力があれば体力強化も必要ないのですが、現状では放っておくこともできず、ある程度やらなければならない面があるのです。

・重要なのはたくさんの種類の練習メニューを抱えることではありません。一つひとつのメニューを深く理解し、そのオーガナイズ(練習構成)で目的や選手のレベルに応じて変化が出せることなのです。プレーのバリエーションとは、豊富な練習メニューの数を指すのではなく、1つのオーガナイズにおける理解と習得度の深さを表すと言えるでしょう。イメージとしては「広く浅く」ではなく、「狭く深く」に近いのですが、それがどのような効果をもたらすのでしょうか。

・私はこれまで、1シーズンを戦い抜くのに練習メニューの数が多すぎることも問題だと考えていました。練習メニューの数ではなく、重要なのはバリエーションの豊富さです。よって、4つから6つの練習オーガナイズを持ち、それぞれ豊富なバリエーションを持てるようにしていく能力が必要です。同じオーガナイズでも違うテーマ、異なる練習になるように仕向けて行くのです。

・同じ練習でも、何を言うかで別の練習になります。バルセロナやレアル・マドリードの練習を見て、それをまねして子供たちにそのまま伝えても何の意味もありません。練習メニュー自体の重要度はゼロとも言えます。大事なことは、何をやっているかではなく、そこで何を言っているか、何を伝えているかです。コーチが練習時にどんな声かけをしているのかを知らなければ、その練習の本質は分かりません。
--------------------

フィジカル・トレーニングについては国内外で認識の差があるように思える。日本においては、子供たちの基礎体力低下を嘆く指導者が多く、あえて小学生年代から走り込みなどのフィジカル・トレーニングを行うチームもある。また、それはメンタル強化の一環でもある。近年メンタルも弱くなったと言われている子供たちのメンタル強化のために、あえて限界まで追い込ませるために走り込みを行っているチームもある。

逆にヨーロッパなどではフィジカル・トレーニングをいかにボールを使って行うか、実践に近づけて行うかということに議論が集中している。ヨーロッパの子供たちの基礎体力が上がっているのか下がっているのか分からないが、パソコンやゲームなどが普及しているのは日本と同じだろう。その中でフィジカル強化のトレーニングメニューが全く日本とは異なるというのは注目すべき点かもしれない。

個人的には走り込みをする時間を取るよりも技術やテクニックを強化するほうが将来的に役に立つと思っている部分があるので、走り込みをあえてやらせることは少ない。あくまでも4対4などのスモールゲームの中で、いかにフィジカル的な要素を加えるかということに意識を向けている。最近意識しているのは、4対4のスモールゲームでキックインを廃止したことである。以前まではボールがラインを出た際には子供たちにキックインをさせていたが、それだとそのたびにゲームが中断することになる。そうではなく、現在はボールがラインを割った瞬間にコーチから新しいボールを入れて、ゲームをすばやく進行することにしている。そうすることで運動量の多いゲームを続けることができる。

ただし南米のコーチはフィジカル・トレーニングはボールトレーニングとわけて考えたほうが良いと言っているという記述が今回のサッカークリニックの中にもあるため、この議論はまだまだ続いていくだろう。

またもう1つ今回の内容で多かったのは、練習メニューの数についてである。練習メニューの数が多いことがどれだけ有効なのかについては以前「トレーニングメニューは豊富なほうが良いのか!? (04/22)」で書いたことがあるが、重要なのはトレーニングメニューの数ではなくバリエーションだというのが今回の内容である。

確かにトレーニングメニューが多いほうが子供たちは飽きずに練習に取り組んでくれるかもしれない。しかし毎回トレーニングメニューが変わって、そのたびに説明から入ると、それだけで時間がたってしまう。そうではなく、同じようなオーガナイズの中で、ルールや意識ポイントを変えることで、子供たちに異なるポイントの成長を促すことができる。言われてみればそうかもしれないと思う部分もあるが、同じオーガナイズで違うメニューを作るというのは結構難しいことである。指導者自身がしっかりと考え、そのトレーニングで何を伝えたいのかを明確にしておく必要があるだろう。

ただし私の場合はウォーミングアップや試合前の練習は全く同じにしている。イチローが毎回同じフォームでバッティングの準備に入るように、また羽生善治が対局前は毎回同じ道を取るように、同じメニューをやらせることで集中力を高めることが出来ると考えるからである。このあたりは指導者によって考え方が違うと思うので、是非いろいろな人と議論してみたいところである。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

『サッカークリニック2013年2月号』


『サッカークリニック2013年2月号』を読んだ。今回のテーマは「コンビネーションプレーを極める」である。サッカーの醍醐味はコンビネーションプレーといっても過言ではない。流れの良いパスワークからの得点、連動したプレスなど個人競技では得られない体験が出来るのがサッカーである。ではそのコンビネーションプレーをするためにはどうしたらよいのか。以下内容を引用する。


・同じ指導者が同じプレーヤーをずっと指導するよりも、担当指導者が変わり、違う視点からチェックするほうが良いとエバートンでは考えられています

・相手がいないトレーニングばかり繰り返していると、実際の試合で相手と対峙した際に何も出来ない選手になってしまいます。確かに、相手の人数を減らして数的優位な状況のトレーニングをすることはありますが、相手がいるトレーニングが基本です

・現在のドイツサッカー界では「ウォーミングアップでも実際の試合に近づけるべきだ」という考えが主流です

・考えることは大事です。しかし考えてもアイディアが出てこないならば、指導者が導いてあげることが大切だと思います。それもあり、ジュニア世代では、シンプルなパターン、トレーニングを取り入れることもあります

・2学年上でプレーできそうな子供と、2学年下でも苦しいかもという子供がジュニア年代なのです。そういう子供が一緒に練習したほうが効果的と言えるのでしょうか

・試合も優劣を表現するためではありませんが、AチームとBチームを分けて臨みます。一緒にしても成長の遅い子供にすれば、求められるものが高すぎて面白くないと思います

・基本的な技術はサッカーの楽しさを知るために必要なもので、それを教えた後は何も言わず自由にさせるようにしています。子供たちはずっとゲームをしていて、我々はそれを見てポイントをアドバイスする程度です

・子供の指導は”トレーニング”ではなく”遊び”であるべきなのです。子供自身が何の制約も受けずに自らの発想で行うのが遊び。練習はゲームが基本でなるべく教えないようにするのが方針です

・ヨーロッパでよく言われるのが、「一生にプレーするサッカーの量は決まっている」ということです

・現在のドイツでは子供たちの練習時間は短く、ハードトレーニングを課すことは決してありません

・フットサルはサッカーと比べて競技人数が少なく、スペースも狭いことから「一人一人の選手が請け負う責任のパーセンテージがサッカーに比べて倍である」

・バルセロナのU-12では基本テクニックに関しては利き足だけではなく、逆足でできて当たり前です。最低限の基本については左右の足ですべてできなければなりません

・メキシコでは幼いころから、体の動かし方、使い方などのコーディネーショントレーニングを地道に実施している


コンビネーションプレーをするためには相手がいる練習をする必要がある。もちろんパターン練習というのも多少は必要かもしれないが、相手がいない中でのトレーニングでは実際の試合では通用しない。試合と同じ状態で練習をすることでコンビネーションプレーは生まれる。

しかしある程度の個人技術、個人戦術は必要になる。サッカーを全くやったことのない陸上選手が何人かいてもコンビネーションプレーにはならない。ある程度技術があることが前提で、そのためにはゲームをやるだけではなく基本的なパス、トラップ、キックなどの練習も必要だろう。

バルセロナがあれだけのコンビネーションプレーが出来るのは個人技術、戦術が高いからである。いくら監督がコンビネーション戦術を教えたとしても、選手にそれを実行する技術がなければ全く意味がない。逆に個人技術、戦術が高ければ、普段一緒に練習していなくてもコンビネーションプレーを生み出すことは可能である。オールスター戦で素晴らしいコンビネーションプレーを見せることが出来るのは、個人のレベルが高いからである。個人のレベルが高ければ、試合前のちょっとした練習時間だけでも息の合ったプレーをすることができる。

もちろんポジションによって技術が求められる割合は違うかもしれないが、そういう意味でも育成年代においてはフィジカルではなく個人技術、戦術を優先するべきだろう。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

『サッカークリニック2013年1月号』


『サッカークリニック2013年1月号』を読んだ。今回のテーマは「「ギャップ」を説明できますか?」である。正直言って我々のように小学生を対象に指導をしている人にとっては、なかなか「ギャップ」を子供たちに説明することは少ないと思う。ただイメージとして、ディフェンスとボランチの間のスペース、ボランチとサイドハーフの間のスペースなどといったことを子供たちに伝えるのは可能だろう。ただし本格的に「ギャップ」を狙うとなると、そもそもポゼッションが出来て、一人ひとりがボールをキープできるようになってからでないと難しいかもしれない。以下内容を引用する。


・われわれスタッフが選んだ23人はみんないい選手で、彼らの力を信じています。その中で毎試合ベストメンバーを選んでいったら、全員出場したということです

・システムは4-3-3とよく言われていますが、私が今選手に伝えているのは「4-6システム」。システムと言うとまた一人歩きしてしまうのですが、4人のラインマンと6人のフリーマンというふうに言っています

・毎日のように「君たちはできるんだ。世界のトップになれるんだ」という話をしました

・若い年齢でのフィジカル練習は倒れないという自信を与えるため

・守備から考える利点は2つあります。1つは守備システムを理解することで、攻撃時の「攻め所」が明確になること。もう1つはチーム全員がギャップに対する優秀な守備者になれば、攻撃側の選手は最良のスパークリングパートナーを得られ、より効果的な練習が可能になります

・技術習得レベルを表すものの1つとしてリフティングがあります。うちの6年生はみなリフティングは1000回以上出来るし、5年生でも何人かは1000回以上出来ているんです

・指導者の中でも自分たちのゲームについてはまだ1度もビデオで観たことがないという方もいると思います。「ジュニア世代だから、下位リーグだから、そんなことは必要ない」という声を聞くことがありますが、私はビデオ分析をするのに、カテゴリーや競技レベルはまったく関係ないと思っています


私が今回注目したのはビデオ分析である。確かに私が高校生の時にはビデオ分析をしていて、毎試合ビデオに撮った内容を昼休みにお弁当を食べながら皆で観ていた。しかし小学生を教えてからは特にそのようなことはやっていない。ビデオ分析をするのは良いが、それを観る時間がなかなか取れないのと、誰にビデオを取ってもらうかという問題もある。

しかしビデオ分析をするのはかなり効果があると思っている。やはり試合中は気持ちが入ってしまってなかなか冷静に試合を観察することができない。また、ボールのほうを追ってしまう傾向も強くなるので、ボール以外の部分を観ることができるのもビデオ分析のメリットの一つだろう。

本来であれば日本サッカー協会が主張するようにM-T-Mのサイクルを回すためにもビデオ分析は重要である。前回の試合(Match)で何が出来ていてないが出来ていないかをビデオで分析し、それを次回の練習(Training)に生かす。そして次の試合(Match)で練習でやったことが出来ているかを確認。そのようなサイクルを回すことで、子供たちにとっても分かりやすい指導ができるだろう。

もし小学生年代のコーチでビデオ分析をしている方がいれば、どのようにやっているのかご教授願いたい。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

『サッカークリニック2012年12月号』


『サッカークリニック2012年12月号』を読んだ。今回のテーマは「スペインの育成メソッドを解読せよ!」である。近年バルセロナやスペインサッカーの台頭もあり、スペインの育成というものが注目され始めている。特に日本人と体格が似ていて、それでも世界の頂点に立てるということで、育成年代の指導者が目を付けるのは当たり前なのかもしれない。しかしスペインの育成をそのまま真似してしまうのではなく、それをいかに日本人に合わせるか、自分のチームに合わせるかということが大事である。以下内容を引用する。


・子供たちがゴールの歓喜を見せることがないので、私がクリニックやキャンプを行うときには、「とにかくゴールを入れたら必ず喜ぼう」と設定する必要があります

・例えばFCバルセロナのU-12であれば、テクニック練習などはほとんど行いません。それがすべてできて当たり前の子供たちが集まってきているので、そこでテクニックなどをやる必要はないのです

・スペインでは「毎週しっかりと練習をしていれば試合でも勝てるようになる。負けるのは練習に問題があるからだ」と周囲の人は考える

・選手にインパクトを与えて、一瞬で変えることができるのが、いい指導者なのだ

・私はいつも3つのキーワード(「What」「Why」「How」)に沿って、メモを取りながらゲームを観るようにしています。〔中略〕かつての私はメモを取らず、記憶に頼っていました。「あれもこれも」と気になり、選手に言いたいこと、言わなくてはいけないことの整理ができていない状態で、ハーフタイムを迎えることがありました。〔中略〕そうした反省を踏まえ、今は、常に自分の記したメモを見ながら、誰に対して、どのように情報を伝えれば効果的か、できるだけ冷静に考えてから話をするようにしています


近年のサッカークリニックを読んでいても、「育成年代から戦術指導を行う」「テクニックは戦術指導と同時に鍛える」「ドリル練習はやらない」というような海外指導者の指導者が多い気がする。しかしここに書かれているように、その子供たちがバルセロナのU-12なのであればそれでよいのかもしれない。

しかし我々町クラブの育成指導者が子供たちに指導する際には、テクニック練習は必須になってくる。というのも、よくフロンターレ監督の風間氏が主張するように、ボールを自由自在に操れなければサッカーは面白くないからである。自分がボールを取られないという自信があるからこそ、子供たちはボールをもらいに動き、その動きによってスペースが生まれる。決してその逆ではない。

子供たちを見ていると、なかなかボールをもらうための動きをしないことがよくある。我々指導者からしてみると、「なんでボールもらいに動かないんだ?」「ボールをもらう気持ちがあるのか?」と思ってしまうが、その原因を正しく把握する必要がある。簡単に言うと、その子供はボールをもらいたいのではなく、ボールをもらうと相手にとられてしまうので本当はボールをもらいたくないのではないか、という可能性も考える必要があるのである。

そういう意味も含めて、近年の指導方針に逆らう部分もあるのかもしれないが、ある程度の時期まではテクニック練習は必須になってくる。目安としては子供たちが「ボールをもらっても相手に簡単には取られない」と自信がつくぐらいまでだろう。このような意味でも、スペインの育成をそのまま真似するのではなく、自分のチームに合った練習メニューを作成する必要がある。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

『サッカークリニック2012年11月号』


『サッカークリニック2012年11月号』を読んだ。今回のテーマは「ポジショニングの原則を知る」である。ポジショニングについてしっかりと教えられるかどうかは、指導者の実力が問われるところである。小学生などの試合を見ていると、明らかに「それは違うだろ・・・」と言いたくなるようなポジショニングの指示を出している指導者や、ポジショニングの問題なのに「気合いが足りない!」と怒鳴っている指導者をよく見かける。しっかりとしたポジショニングの指示を出すためには、まず指導者自身が多くの試合を見て、勉強をしなければならない。以下内容を引用する。


・ユナイテッドには勝利に対するシンプルな哲学があります。それは、すべての試合に勝つというものではなく、10試合のうち7,8試合で勝つことを目指すというものです

・指導者が送ったアドバイスが彼の哲学に基づいたものであり、彼が指揮を執るチームでのセオリーとなるのです。そのチームに属する選手は、それぞれの指導者の哲学に沿った判断によって、正解と言えるポジションを取ればよいのです

・僕は、ポジショニングの前に技術力や球際の強さをアップしなければならないと思います。練習ではボール扱いに関することばかり言います。ボールを受ける自信のない子供に「良いポジションを取れ」と言っても無理がありますし、情報ばかり与えると変な方向に行ってしまう気がするからです

・私は指導する選手によく言います。「キーパーの練習をするのは1日2,3時間。それ以外の時間をできるだけサッカーとリンクさせてほしい。それがいいキーパーになるための方法だよ」と

・指導者の言った通りになって成功すると、この人の言っていることは間違いないと子供達は指導者を信頼し、それがカリスマ性につながっていくと思います

・「私はジョルディ・アルバにこのヨーロッパ選手権でおまえは世界最高のサイドバックになると伝えたんだ。その時、彼は私を非常に変な目で見ていたがね」

・最も大切なことは、子供たちが「楽しんだかどうか」です。2番目が「何を学んだか」であり、そして3番目が「勝ち負け」になります

・10歳~12歳ころの年代は「技術獲得のゴールデンエイジ」であるとよく言われますが、私はそれに続くジュニアユース年代の13~15歳ころは「頭のゴールデンエイジ」であると考えています

・現在私が指導しているチームでは、全てのゲームごとにまずは「やるべきリスト」と「やりたいことリスト」を事前に書かせています。そのゲームでチームや個人としてやるべきこととやりたいことをしっかりと意識させ、ゲーム後にはそれについて各自で振り返るようにしています。そしてやろうとしたことの達成度やその理由を書かせるようにしています


ポジショニングはそのチームの戦術によっても異なる。サイドバックにボールが入った際に、サイドハーフが開くべきなのか、それとも中へ絞るべきなのか、そのポジショニングの正解はそのチームの戦術によることが多い(もちろんとっさの判断も大事である)。しかしサッカーにはある程度の原則としてのポジショニングは存在する。育成年代、特に小学生年代においてはまずその原則のポジショニングを教えてあげることが大事なのではないだろうか。


また上記に書いてあるように、ポジショニングを教えるだけではなく同時に技術や球際の技術を教えることが大事である。子供たちによっては自分にボールが来ないように動く子もいる。なぜなら自分に技術がないため、ボールが来ると取られてしまう可能性が高いということを、自分なりに理解しているからである。そのような子供に対して正しいポジショニングを教えたとしても、そもそもの根本原因を解決しなければポジショニングは修正されない。技術の問題なのか、メンタルの問題なのか、それともポジショニングの問題なのかを指導者が見極めることが大事である。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

『ファーガソンの薫陶』


サー・アレックス・ファーガソン。サッカーに関わる人でこの名前を知らない人はいないだろう。名声、実力ともに世界No.1の監督といっても過言ではないファーガソンは、あのマンチェスターUで26年目のシーズンを迎えている。しかも今年は香川が加入したことで日本国内からの注目も集まっている。


私はこのブログ内で何度かファーガソンについて言及してきたが、本格的にファーガソンについて記述した本が発売された。『ファーガソンの薫陶』という何とも味のあるタイトルをつけた本である。さっそく読んでみたので内容について記述しようと思う。


ファーガソンは現在70歳である。70歳というと一般的にはとっくに定年退職をしている年齢だが、ファーガソンは全くその気配がない。一度60歳で辞めるという噂が立ったことがあるが、そこからもう10年近くもあのマンチェスターUで監督を続けている。その精神力、体力、勝利へのこだわりは年齢とともに高まっているような気もしてくる。


なぜそこまでできるのか。その理由の一つにファーガソンがマンチェスターUの一番のファンだということがあげられる。ファーガソンはマンチェスターUの監督に誘われたときに、給与は度外視してまで立候補をしている。それだけマンチェスターUが好きだからこそ26年間も監督を続けられるのである。


「ファーガソンがマンUを神格化しているというのは、あながち誇大妄想ではない。彼をよく知る人は必ずこう口を揃えるからだ。「ファーギーはユナイテッドの一番のファン、世界で最も熱狂的な信者なんだ」と。」(p110)


これはサッカーだけではなく別の仕事をしている人にとっても同じことだろう。例えば自社の製品、サービスが大好きな人は、その会社で長期間働こうとする。もちろん消費者としての立場と社員としての立場は違うかもしれないが、自社製品、サービスが好きではない人がその会社に長期的にいられるとは思えない。ファーガソンはマンチェスターUがの一番のファンであり、子供のころからマンチェスターUの監督になることが一番の夢だったのである。だからこそ26年間も監督を続けられるのである。


またファーガソンといえば「ヘアドライヤー」というキーワードが出てくることが多いだろう。なぜ「ヘアドライヤー」かというと、ファーガソンがブチ切れたときに選手の目の前でどなり散らすため、先週はあたかも髪が逆立つぐらいの恐怖を味わうからである。せっかくサー・の称号を与えてもらっているのだが、ブチ切れたときのファーガソンは全く紳士的ではない。ファーガソンは「ヘアドライヤー」について次のように語っている。


「監督たるもの、絶対に議論に負けてはならない。控室で誰かが私に挑んできたときには、相手を叩かなければならない。それが私のやり方なんだ。(選手と)ぶつかるのは避けられないと思う」

「性格的にキレやすいところがあるのなら、それをそのまま出せばよい。心のなかにとどめておいてはだめなんだ。そんなことをすれば一人で不満を言いながらドアを蹴ったりするハメになるし、本当の感情を相手に伝えられなくなる。自分に関する限り、怒りを覚えるのは問題じゃない。キレるのはオッケーなんだ・・・正しい理由でそうするならば」(p92)


と全くブチ切れることについて悪いとは思っていない。しかしそれぐらいの覚悟がなければスーパースターをまとめることは不可能なのである。ファーガソンは性格的に短気で悪そうなスーパースターをまとめるのが上手い。例えばエリック・カントナ、ポール・スコールズ、ウェイン・ルーニー、クリスティアーノ・ロナウド、ネマニャ・ビディッチなどなど。これだけの選手をまとめるのどれだけ大変かは想像しただけでもわかるだろう。これも「ヘアドライヤー」があるからこそなのである。


また、基本ファーガソンのマネジメントは規律重視、マイクロマネジメントである。まずファーガソンがマンチェスターUに来て行ったことは飲酒の禁止である。マンチェスター市内の酒場に関してはファーガソンのスパイがいて、選手が飲酒をしないように見張っているという噂もある。またマンチェスターUの練習開始時刻は一般的なプロサッカーチームよりも早い。これは夜遅くまで飲酒をしないようにという意味があると言われている。


「毎年アカデミーやジュニアチームに入ってくる金の卵。ファーガソンが彼らにまず教えるのは、ディシプリン(規律)の重要性だ。子供の視点に立ってフランクな態度で接しつつも、マンUの一員として守るべきルールを説くのである。言葉遣いや話し方はもちろん、髪や爪はきちんと切っているか、移動のときなどにはきちんと定められたジャケットを着て、ネクタイを身につけているか。ロッカールームや宿舎はきれいにしているか。ジャンクフードばかり食べていないか・・・。目配りの細かさは、生活指導の先生のノリに近い」(p64)


しかしこれだけの規律を設定し、マイクロマネジメントをしていても選手から慕われるのはなぜなのだろうか。それは結果である。ファーガソンは誰にもまねできないような実績、結果を出し続けている。だからこそ彼らはファーガソンの言うことに従うのである。規律が先か、結果が先かという問題もあるが、これは育成年代の指導においても参考になる部分が多いだろう。


ファーガソンはこれといって特殊な戦術、戦略を用いているわけではない。4-4-2をベースにした典型的なイングランドスタイルを基本とし、相手の強さ、ホーム/アウェーによって4-2-3-1を使い分けたりする。ただファーガソンが誰よりも勉強熱心で、読書家であるということはあまり知られてない部分である。常に最先端のサッカーを分析し、自分たちのチームに取り込めようとしている。最近ではバルセロナの影響か、スペインのコーチ陣を加えたことでも話題になった。ちなみにマンチェスターUのトレーニングは下記を参考にするとよい。


http://www.youtube.com/watch?v=BqZvqQNQWh8


ではファーガソンの次の監督は誰になるのか。ファーガソンといえども不死身なわけではない。70歳となれば次の後継者を探すことも視野に入れているだろう。現在候補として挙げられているのはジョゼ・モウリーニョとジョゼップ・グアルディオラの二人である。それぞれ求めるサッカースタイルは異なるが、ファーガソンの後を継げるのは彼らしかいないというのが正直なところだろう。ただ私はまだまだファーガソンが現役でマンチェスターUの監督を続けてくれることを願っている。


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

『サッカークリニック2012年10月号』


『サッカークリニック2012年10月号』を読んだ。今回のテーマは「練習メニュー決定方法」である。指導者にとって練習メニューは自分の財産であるといっても過言ではない。選手にとっての本番は試合だが、指導者にとっての本番はトレーニングである。そのために最も効果の高いトレーニングを常に追及する必要がある。下記内容を引用する。


・メンバーは毎年変わる→メンバーや特徴を考慮→理想像は変化する→目指すサッカーを決定→選手に提示する→理想像をイメージさせる→練習は理想像に近づくため→練習メニューに落とし込む

・サッカーの醍醐味であるシュートを最初に行うことで、「シュートに達するためにはその前が重要になるでしょう?その重要さを感じながら練習しよう」と伝えることが出来ます

・日本では、選手たちが主体となって毎回同じウォーミングアップメニューをこなす場合があるようですが、ドイツではコーチがメインメニューから逆算して練習を組み立てるので、ウォーミングアップメニューも毎回異なります

・ドイツでは試合直後に長いミーティングを行うことはありません。直後に多くのことを言っても選手の耳には入らないので、多くの場合、ミーティングは次の練習時に行います

・あまりにも厳しい約束事があるようにも感じます。例えば、試合に負けたために罰としてランニングを課すことがあると聞きます。しかし試合に負けた責任は、練習をオーガナイズし、試合の指揮を執った指導者にあるはずです。ですから走るべきは指導者だと思います(笑)

・勝負へのこだわりを練習から持たせなければなりません。ブラジルでは「1対1では絶対に負けるな。負けたらもうお前はこのクラブにはいられないよ。試合には出られないよ」と言います

・子供が伸びるのは、子供が飢餓状態にあり、しかもそれが開放されたときです。そうであれば子供は短期間で成長します

・試合に勝つためにシュートは欠かせませんが、私たちはシュート練習を全く行わないので、シュートが決まりません。すると選手はストレスを感じるようになります。その結果、子ども自身が「シュートが上手くなりたい」「キックが上手くなりたい」と思うようになり、その時期のシュート練習は非常に効率が良いものとなります

・サッカーの楽しさとは、緊張感を持って厳しい練習を積んだあとに目標を達成でき、満足感を得られる、そういった楽しさであることを知ってほしいんです

・指導者の言うことがコロコロ変わり、目指すサッカーがはっきりしないようでは、試合に負けた際に、子供たちも何がダメだったかがわからず、次に向かうことが出来ないでしょう

・僕がボルシアMGにいたときには「半年間は同じメニューを使わないように」といわれました

・指導者が「3メートル動け」と指示するのは簡単ですが、われわれの仕事は答えを与えることではありません。選手自身が考えるように仕向けることです

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

『欧州サッカー名将への挑戦状』


小宮良之氏+ヘスス・スアレス氏の共著『欧州サッカー名将への挑戦状』第2弾を読んだ。前作でもスアレス氏の毒舌振りが炸裂していたが、本作も同様である。彼独自の視点で欧州サッカーの名将を分析している。今回は下記監督がターゲットとなっている。


・ジョゼ・モウリーニョ
・マヌエル・ペジェグリーニ
・チェザーレ・ブランデッリ
・ヨーゼフ・ユップ・ハインケス
・ローラン・ブラン
・ディエゴ・シメオネ
・ヨアヒム・レーヴ
・アンドレ・ビラス・ボアス
・マルセロ・ビエルサ
・ジョゼップ・グアルディオラ


読めばわかると思うが著者はボールポゼッションサッカーが大好きである。よって必然的に上記監督の中でも、ボールポゼッションを中心とした戦術を取る監督のことを賞賛している。その中でも著者の友人であるジョゼップ・グアルディオラに心酔しており、必然的にその対抗馬として語られることの多いジョゼ・モウリーニョを痛烈に批判している。


ただしグアルディオラに対しても戦術上、采配上の批判をしっかりとしている部分は良い。あくまでも著者はサッカーライターであり、バルサ信者でもグアルディオラ信者でもない。ただ文章が強烈なので、普通に読んでしまうとそのように感じることもあるだろう。


モウリーニョに対しても、ポルト以前のモウリーニョに対しては賞賛をしている。なぜならポルト以前のモウリーニョはポゼッション重視の攻撃サッカーを基調としていたからである。しかしチェルシー、インテル、レアル・マドリードと勝利を求められるクラブに渡っていくにつれて、サッカースタイルがディフェンシブかつカウンター中心になったと批判している。


著者はアレックス・ファーガソンについては、「殿堂入り」として前作に続き記述をしていない。しかし個人的に思うのは、アレックス・ファーガソンについて記述をするのが難しいと感じているのではないだろうか。


アレックス・ファーガソンはマンチェスター・ユナイテッドで20年以上指揮を執っており、毎年少しずつ目指すサッカーを変化させている。例えば今年においては日本代表の香川を獲得したことにより、より細かいスペースでのボール運びを攻撃戦術に組み入れようとしている。これは「低いブロックを作って守備をする相手をどう崩すのか?」という近年の戦術の流れを上手く反映している。


アレックス・ファーガソンのサッカーはボールポゼッションを中心としているわけでも、ディフェンスを固めてブロックを作ってカウンターを中心とするサッカーでもない。アレックス・ファーガソンの関心ごとは試合に勝つこと、そして意外と語られないのが選手を育成することにある。よって攻撃のスタイルはポゼッションもあればショートカウンターもあり、またセットプレーもある。ディフェンスもオールコートのハイプレスもあれば、ブロックを作ってのプレッシングもある。その時々に応じて変化させられるのがアレックス・ファーガソン率いるマンチェスター・ユナイテッドなのである。


おそらく著者が第3作目を出すのであればアレックス・ファーガソン抜きにしては成り立たないだろう。ある程度この2作で著者が言いたいことはわかってしまった。アレックス・ファーガソン率いるマンチェスター・ユナイテッドのサッカーを著者がどう料理するのか、私の期待はそこにしかない。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

『サッカークリニック2012年9月号』


『サッカークリニック9月号』を読んだ。今回のテーマは「適切な練習時間を考える」である。昔はトレーニング時間は多ければ多いほど良いとされていた。しかし現在プロチームでは、トレーニング時間は試合と同じ90分で設定することが多い。では育成年代ではどうなるのだろうか。以前のような長時間練習は本当に意味はないのだろうか?以下内容を引用する。



・基礎技術を身につけさせるためのシンプルなメニューも当然必要だとは思いますが、「子供だから」という理由で複雑な、あるいは技術、戦術面で高いレベルが必要になるメニューを実施することに指導者が躊躇する必要はないと思います

・子供たちが「楽しい、面白いと感じる練習というものは、これまでやったことがないという意味での新鮮味があるもの、あるいは、最初は難しかったけれども、徐々にできるようになる喜びがあるもの、つまり「自分は上手くなっている」と実感できるようなレベルや内容のものだと思います

・反復練習を必要とするような基礎技術、基礎戦術が含まれているメニューであっても、ルールを含めたオーガナイズを少し帰るだけで、新鮮なメニューとなり、選手が前向きに取り組んだ上で、基礎を反復してじぶんのものにすることができる

・チームを勝たせること以上に難しいことがある。それはチームに所属する全選手のモチベーションを高め、維持することだ

・ビエルサが考えるサッカーにおける3原則
1.コンパクトにして高い位置からプレスをかける
2.ワイドに攻めて相手の守備網を緩める
3.相手を混乱させるためにボールを速く動かす

・監督はマニアックであるべきだ。一瞬も立ち止まらず、怒鳴り、良くない部分を修正する。まるで選手の肩の上で息をするように監視して、いいプレッシャーを与え、気を抜かせないことだ。「些細なこと」「それほど重要でないこと」などフィールド上には存在しない

・「辛抱強さ」「強靭な忍耐力」そして「謙虚さと学ぶ姿勢」だ。指導者はあらゆることから学び、目上の人からも、年下の人からも吸収しなければならない。個人的には、フィールド上で最も学んでいるのは選手ではなく監督のほうだと考えている
 


練習時間については指導者によって意見が異なるため何ともいえない。ただ小学生年代においてはそもそも練習時間が少ないため、可能な限り多くやりたいというのが指導者の本音ではないだろうか。


練習時間については子供たちが集中できているのであれば何時間でも良いと思っている。逆にいれば集中できていないのであればその時点で練習をやめても良い。一番重要なのは子供たちが楽しく、集中して練習に臨んでくれることであり、練習時間ではない。そのためには指導者がどのようなトレーニングメニューを組むか、どのような時間配分にするのかがものすごく重要である。


ただ1つポイントなのは、練習を終える時間として子供たちが「もっとやりたい」と思うぐらいでやめておくとよい。そうすれば次回の練習時にも高いモチベーションを持って練習に取り組んでくれる。そして練習の最後は必ずゲームにするべきだろう。子供たちはあくまでもサッカーをゲームだと思っているのであり、それが一番楽しいからである。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

『サッカークリニック2012年8月号』


『サッカークリニック8月号』を読んだ。今回のテーマは「おすすめ練習メニュー」である。様々な練習メニューが紹介されていたが、それをそのまま自分のチームでやっても意味がない。自分たちのチームにあった練習をすることが最高の練習メニューであり、それは自分の頭で考えなくてはならない。以下内容を引用する。


・私自身は攻撃的なサッカーを好んでいますが、オーガナイズという観点では、チームは守備のオーガナイズから入ることが重要だと考えています。そうしたほうが結果的に攻撃を組み立てることがスムーズになると考えているからです。

・ボールを奪った選手は最初に目に入ったフリーな味方選手に確実にボールを渡さなければなりません。なぜならば多くの場合ボール奪取に成功した選手はボールを奪うために体力を消耗して疲れています。また、ボールを奪うことに注力していたので、奪った瞬間は状況を把握できていないことも多いのです。

・チームにいるコーチには「子供に同じメニューを飽きさせずにやらせること」が指導の大きなポイントだと話します。

・2人組のパス練習
ツータッチ限定の場合に「右、右」「右、左」「左、右」「左、左」と使う足を限定しただけでも感覚はずいぶん変わります。

・狭いグリッドばかりで練習していてもスペースやカバーリングの感覚は身につきません。

・選手の才能を開花させるためには、選手を土壇場まで追い込みながら限界への挑戦を繰り返し行わせ、夢の実現に向けて「あきらめない才能」を伸ばさなければなりません。その際に選手の自信が大きな助けとなります。助けというよりも不可欠な要素です。そして自信を芽生えさせる一つの要素が「苦しいことを乗り切った」という充実感です。


先日C級ライセンス更新のリフレッシュ講習会に参加した。日本サッカー協会としてはトレーニングは単純なドリル練習だけではなく、「判断力」「駆け引き」を伴ったトレーニングも必要だということを強調している。Warm-upはドリル練習でも良いが、Training1、Training2では敵をつけて実践に近いトレーニングをする必要がある。


しかしこれは子供たちのレベルによる。子供たちのレベルが低くて根本的な技術が足りなければドリル練習の割合を増やすべきだろう。このあたりもコーチが自分で考えなければ子供たちの才能を伸ばすことはできない。子供たちにクレバーなプレーを求めるのであれば、コーチ自身がクレバーにならなければならないのである。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

『サッカークリニック2012年7月号』


『サッカークリニック7月号』を読んだ。今回のテーマは「「1対1」は「1対1」ではない?」である。最近は風間八尋の影響もあって、1対1でいかに相手に勝つかということが注目され始めている。しかしその1対1はあくまでも11対11の中の1対1であって、完全に1オン1になるわけではないことを頭に入れておく必要がある。以下内容を引用する。


・アルゼンチンにはストリートサッカーの土壌があるので、1対1は教えるまでもありません。なぜなら子供が2人いてボールが1個あれば、必ずと言っていいほど1対1を始めるからです。〔中略〕ところが日本の子供たちを見ていると、同じ状況でパス交換を始めますよね。そして人数が多ければ、パス交換が「鳥かご」になります

・日本では勝負をつけることよりも、技術向上が重視されているからかもしれません→それでは子供たちの精神的成長を無視するようなものです

・バルセロナのあるカタルーニャ州での話になりますが、局面を切り取った純粋は1対1の練習は、どの年代においても頻度はそれほど高くないように思えます

・日本における1対1の練習メニューでは、自分と相手の関係だけになることが多いと思います。しかしスペインに来てからは、たとえ1対1であっても味方、スペース、マーク、そしてフィニッシュまでを想定するならゴールの位置など、いろいろな要素がからんでいるのが1対1であるという風にとらえています

・1試合の中にオン・ザ・ボールだけではなく、オフ・ザ・ボールやフィフティフィフティーの状況も含め、1対1の場面は約500回あって、そのうち7割に勝てなければ、その試合の勝率は下がるといわれているそうです

・サッカー以前に、1対1の対話(ハートの部分の強化)に慣れさせるのです。そうすると不思議なもので、私と対等に話せるようになったことには、サッカーの1対1でも積極的に仕掛けるようになっています

・ボールを見ようとして左右どちらかに偏った位置に立つと、キッカーはGKから遠いほうのコースを狙いやすくなります。また、キッカーは「壁を超えさえすればシュートが決まる」という気持ちになるになるので、その時点で心理的にキッカーが有利です

・グアルディオラは僕らにサッカーを理解させてくれる監督だ。規律をもたらすだけではなく、なぜそのような指示をするのか説明してくれる。それによってより良い選手に近づける。なぜなら指示や指摘の内容にはきちんとした理由や裏付けがあるとわかるわけだから

・保護者の態度、指導者の態度、子供たちの行動、全てが日本と違っていました。例えば試合を見守る保護者は敵味方に関係なく、良甥プレーに拍手を送っていました。また、グラウンドレベルや控室に保護者が一切入らず、子供たちは自分で試合の準備をし、水分補給をしていました

・ドイツのコーチはしつこい。選手のちょっとしたミスでも指摘し続ける。けれども日本人は「選手が分かっているだろう」とあえてミスを見逃すことがある。ドイツ人は問題点をしつこく言いつづけるが、日本人にはそれができない


個人的には1対1のトレーニングはウォーミングアップ時に行うことにしている。それ以外のトレーニングに関しては、2対2~4対4を基本にして、ドリブルなのか、パスなのか、それともキープなのかを判断させたうえで1対1の状況を作り出すようにしている。仮に1対1のトレーニングを抜き出してしまうと、1対1の状況が10秒以上続いたりしてリアリティにかける。そういう意味でも複数人数がいるなかでの1対1を抜き出すのが良いだろう。


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

『サッカークリニック2012年6月号』


『サッカークリニック2012年6月号』を読んだ。今回のテーマは「「技術だけ」では「上手い選手」になれない?」である。良く議論になるのは、日本人選手は技術はあるがサッカーは下手という話である。これが本当にそうなのかは良くわからないが、サッカーがうまいというのが何を差すのかによっても違ってくるだろう。以下内容を引用する。


・子供たちにはバリエーションに富んだトレーニングを与えるべきです。ピッチ上で答えを見つけなければいけない選手は多くの引き出しを持たなければいけません。単純な練習や試合を繰り返し、「選手個々に考えさせている」という姿勢は不誠実に思えます。トレーニングを通じてたくさんの引き出しを持たせ、その選択は選手自身がすればいいと思います。

・「どうしたらいい?」と聞くことです。細かくは「どうしたらいい?」の前に現象を付け加えることです。例を挙げましょう。「今ディフェンスラインの選手がボールをクリアしたよね?そのときディフェンスラインにいるほかの選手はどうしたらいい?」と聞きます。

・ここで注意してほしいのは「なぜ(そうしたの)?」という聞き方をしないことです。そういう聞かれ方をすると、子供たちはきっと「自分が選択した答えは間違いだったんだ」とまず感じるからです。

・サッカーでは無意識でできるレベルになってこそ技術と言えるのです。つまり2対2までは無意識にできるようにならなければいけません。そして「技術レベルまで昇華した2対2」を行える選手が集まった11人でこそチームは構成されるべきで、初めて戦術が生まれると考えています。

・実際、久我山高校の練習は2対2とゲームの繰り返しです。もちろん基本的な反復練習も取り入れますが、2対2は理論的に解析して取り入れています。

・囲碁にも定石があるように、サッカーにも定石があり、それが2対2にあると思います。

・目的やテーマを1つに絞ると、要求度としては物足りなくなってしまうでしょう。とは言え、年代によっても変わりますし、若年層であればなおさら2つ以上の目的も同時に求めることは勧められません。

・ウォーミングアップではコーンがランダムに並べられたところをドリブルでかいくぐり、ストレッチ代わりにリフティングする

・練習の最初に課題を指摘することで選手はピリッとします。この状態は集中力が高まる状態です。練習の終盤で褒めるのは、残りの練習時間の集中力をさらに高める狙いと、翌日以降の練習での集中力を持続させる狙いがあります。

・同じオーガナイズデモ少しの変化を与えるだけで、十分な刺激は与えられるものです。たとえば同じ4対4でも、ボールを出す位置、タッチ数、ゴールのあり無し、グルーピングなどの要素を変えるだけで、まったく違った刺激を与えるメニューとなるのです。

・日本では場面を小さく切り取った練習を良く行います。しかしフルコートのゲームに戻したとくに、そのトレーニングがはたして本当に生きているのかどうかは疑問です。練習としてはきれいに構築できているが、実際のゲームとの関連性が薄いことになりがちのようです。


ここでポイントとなるのは、やはり「サッカーでは無意識でできるレベルになってこそ技術と言えるのです」という言葉だろう。試合中は考えることがたくさんある。戦術的な部分、相手との関係、スペースの意識などを一瞬で判断しなければならない。よって試合中に技術のことを考える時間は与えられていない。キック、ボールコントロール、ドリブルなどが無意識のレベルに達していなければ、他のことを考える余裕がないのである。

メッシから創造的なアイディアがたくさん出てくるのは、何も考えなくてもボールを自由に扱える技術がついているからである。そういう意味では、まずキック、ボールコントロール、ドリブルなどの技術を身に付けさせるというのは間違っていない。それに加えて状況判断が入ってくるようなトレーニングを徐々に入れていくべきだと思う。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

『サッカークリニック2012年5月号』


『サッカークリニック2012年5月号』を読んだ。今回のテーマは「選手の良い失敗と悪い失敗を考える」というものである。指導者は選手が失敗したときの対処で実力が問われる。選手が失敗したときにただ単純に叱るのか、それとも励ますのか、そのときの言葉はどうするのか、直接伝えるのか間接的に伝えるのか、など様々な方法の中から選ばなくてはならない。下記内容を引用する。


・「脚本がなければ、あるのはアドリブだけ。それは安易な方法だ」 ベルトルト・ブレヒト

・「優れた騎手であるために、馬だった必要があるだろうか?」 アリゴ・サッキ

・「もっと激しく」「もっと厳しく」「もっと速く」と言うだけでは、効果がありません。コントロールの場所、パスの質、タイミング、ポジショニングなど、細部に目を向けていきましょう

・技術的なミスに関しては?
→ほとんど言いません。ただ、ボールを奪われたあとの切り替えが遅い時はかなりいますが・・・。技術ミスを指摘しているとキリがありません。

・技術面のミスで言うと、私はトラップのコントロールミスについてはあまり指摘しませんが、どちらの足でトラップするかについては言います。

・あとは、パスの強弱についてもうるさいです。常に強いボールではなく、パスに強弱、緩急をつけます

・個人的には小学校、中学校まではレベルで分けず、最も高いレベルではないにしても、中間より上のレベルで練習したほうが良いと思います。こうするとできない子供にできる子供が教えるというシーンが見られるのです

・ある練習をフルコートと小さめのグリッドで一定時間行って、子供のプレー頻度を比較した。するとフルコートでは5回だったボールタッチ数が、小さなグリッドでは20回となった

・トレーニングのメニューとは、たった一人の選手を加えただけで、まったく違うものになってしまう危険性があるのです。その点は指導者が注意しなければなりません。「今日は選手を一人増やして少し違う練習にしてみよう」という安易な発想ではなく、指導者は目的を明確にして練習に臨むべきです


子供たちの失敗について一般的に良く言われるのは、技術的なミスは叱らず、戦術的ミス、練習態度などについては厳しく指摘するということである。これは柏レイソル監督のネルシーニョも同様のことを言っている(技術的なミスは叱らない)


また常にミスに対して怒ってばかりいると、だんだんと子供たちは指導者の話を聞かなくなってくる。しかも怒られている内容について聞かなくなるだけではなく、普段の話の内容も聞かなくなってくる。これは一種の防衛本能だといわれているらしい。ミスを指摘することも大事だが、それ以上に良いプレーに対して褒めてあげることのほうが大事だろう。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

『サッカークリニック2012年4月号』


『サッカークリニック2012年4月号』を読んだ。今回のテーマは「ボールを回すだけでは意味がない!」である。つまり効果的なビルドアップというものはどういうものなのかということある。近年バルセロナのようなボールをつなぐサッカーを志向するチームが多いが、どうしてもボールを回すだけになってしまう傾向がある。まずはバルセロナのビルドアップはなぜ効果的なのかをしっかりと考える必要がある。以下内容を引用する。


・全員を集めて「ああしろ」「こうしろ」と私が言うのではなく、1人の選手に「さっきのプレー、俺はこう思うんだよね?そうじゃない?」と伝える。そうすると同じシチュエーションになったときにその選手の口から「こうしようよ」ということが自然と口をついて出るのです。

・自力で解決することが理想ではありますが、選手同士のコーチングも効果があるのは事実です。ただし、すべてのプレーに対して指導者が「右」「左」「シュート」などとコーチングをするのはナンセンスです。

・ビルドアップの基本陣形
センターバックの選手が左右へ広がり、サイドバックは高いポジションへと移動する。逆台形のような陣形にする。さらにセンターハーフが逆台形の中へポジションを下げ、パスを受けられるようにする。

・私は指導者には3種類あると思っています。1つは「技術練習ばかりし、「ああしろ」「こうしろ」とプレーを押し付ける指導者」。2つ目は「技術練習ばかりで、試合では選手任せ」。私が真の指導者だと思うのは、「技術を教えつつ、その使いどころも教えていく」指導が出来る人です。

・指導者の最大の失敗は、選手から成長の可能性を奪うことだと思います。

・若い指導者が犯す失敗の多くは、準備不足によると私は思います。それと勢いだけで結果を得ようとする考え方でしょうか。

・4対4を重視しているのはオランダサッカーの特徴と言っていいでしょう。オランダほど、あるいはそれ以上に4対4を重視している国があるという話は聞いたことがありません。

・数日、日本の練習を見学し、オランダと日本の大きな違いを1つ感じました。それは、練習自体の量が多く、しかもフィジカル向上に割く時間が多いことです。

・人間とは忘れる生き物。ですから繰り返し練習する必要があるのです。そして成長することにより自動的に、意識しなくてもできるようになってきます。逆に言えばそこまで練習しないとダメなのです。


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

『サッカークリニック2012年3月号』


『サッカークリニック2012年3月号』を読んだ。今回のテーマは「シンキング・フットボール」である。オシムが前日本代表監督だったときから、「考えてプレー」させることが流行した。しかしその効果のほどはいかほどだろうか。コーチが「考えろ!」といっても子供たちがそれに対応できないことが多かったのではないだろうか。「考えてプレー」させることとはどういうことなのか、もう一度しっかりと考える必要がある。以下内容を引用する。



・「複数のスポーツをやったほうが、さまざまな刺激や動きによって運動能力が高まるのではないか」という私の仮説とは裏腹に、両者に有意な差は出ませんでした

・たくさん走るとか重いものを挙げるとか、達成感や疲労感でその成果を判断しがちですが、必ずしもそこは比例関係でないことが生理学的にも分かってきました

・育成の指導者にとって最も大切な資質は忍耐だ

・トップチームのシステムに合わせて育成するなどインテルではナンセンスだ。なぜなら、トップチームの監督はすぐに変わる。いつまでその監督が指揮をとるのか分からない以上、合わせても意味がない

・まず、自己表現のチャンスを与えなければ、選手の成長は見込めない

・「シュートはポストに当たってしまったけれども、その前に相手2人を抜いたドリブルの技術と、そのアイディア、勇気は、監督としても実に気持ちが良かったよ」と、選手自らが判断したプレーの良かった点を具体的に示してあげる

・解決策を教えずに「考えろ」というのは、指導者が解決策を知らない証拠です。選手自らに考えさせて解決策を見つけさせるのは間違っています。指導者は自分が持っている知識を全て伝えないといけません。「自分で考えろ」というのは、指導者が何をしたらいいかわからない、あるいは教えるだけの手段を持っていないから選手に託すしかないのです

・選手自身にプレーの判断基準を持たせるために、1つ1つのプレーに対して評価してあげることが重要だと思います。となれば、止めるまではしなくとも、良かった、悪かったがその場でわかるように声をかけるべきでしょう。指導者が静観しているだけですと、選手はプレーの評価がわかりません

・横並びの教育が行われている現実もありますが、サッカーというスポーツを通しての人間作りを目指す私は、格差を生むグルーピングは人間作りにおいて決してマイナスにはならないと思うのです

・バルセロナでも、攻撃側がディフェンダーよりも1人多い状況にして練習しています。シャビやアンドレス・イニエスタ、セスク・ファブレガスなど、ボールポゼッションをさせたら世界一の選手がいても、攻撃側が1人有利な状況にします

・監督に求められるのは、魔法ではなく、努力の継続



「考えてプレー」させることを意識すると、コーチとしてはなかなか指示を出しずらい状況に陥る。子供たちは基本素直なので、コーチの言われたことを実直に遂行しようとするからである。しかしこれが本当に考えてプレーしていることなのか疑問に感じているコーチも多いだろう。


しかし子供たちにはある程度最初は詰め込みで教える必要がある。子供たちの脳はタ・ブラ・ラサである。何も知識がないうちから「考えろ!」といっても何も出てこない。ある程度基本的なサッカーの動き、戦術を教えたうえで、そこから自分たちで考えさせる部分を要求するべきである。


しかしこのバランスが難しい。コーチが指示を出しすぎてしまうと考えなくなるし、指示を出さないと何も生まれない。この見極めこそがコーチの一番重要なところではないだろうか。


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

『サッカークリニック2012年2月号』


『サッカークリニック2012年2月号』を読んだ。今回のテーマは「フットボール失敗学」である。指導者といえども多くの失敗をすることは多くの人が感じているだろう。今回のテーマは失敗からどのように次の指導に生かすのかが多くの指導者の目線で書かれている。下記内容を引用する。



・右足でコントロールしたら左足で出す。左足でコントロールしたら右足で出す。これにより0.3秒はプレーを早められるでしょう。0.3秒というのは相手選手が2、3メートルの距離をつめることが出来る距離に相当しますから、プレーのしやすさが全く異なるはずです。


・「攻撃的な哲学を持ってチームを構築するほうが難しい。なぜならばそのためにはクリエーティビティーやタレント性を選手に発揮させなければならないからだ」
ルイス・ファンファール


・選手の失敗は指導者である自分の失敗。そういうふうに受け入れられるかどうかが大切だと考えています。なぜならその選手を育てたのも、試合で起用したのもほかならぬ私自身、つまり監督だからです。


・ミスが2回、3回続けば失点につながります。大事なのは、ミスが起きた後に、次に関わる選手がミスをしないこと。1つのミスで終わり、ゲームを落ち着かせることが出来ればいいわけです。


・いいメニューをやればいいのではない。子供たちと向きあわないといけない。


・目的意識のない子供から欲を引き出してあげるのが大切です。お箸の使い方だって「使えるようになりたい」からではなく、「食べたい」から覚えるのだと思います。ですから、練習の先にある何かをイメージさせてあげることが大事なのです。


・日常的に声を発するように導けば、日本の子供も声を出すようになりますし、選手同士がコーチングするようにしなければいけないと思います。そもそもサッカーではコーチングが非常に重要なのです。


・試合中、スペインではトップでも育成部門でもベンチの監督は、本当にガミガミ行っています。チームの方向性を誰よりも知っている監督がそれをすることは当たり前だと思われています。


・勝てたのは子供の頑張りのおかげ、負けたのは指導が悪かったから。


・指導者には、長い経験が必要です。「うまくいかない」と指導者を辞めてしまう人もいますが、辞めたらそこで終わりです。私自身、指導者として成功しているとはとてもいえませんが、失敗してもあきらめずに続けていくことが最も大事で、その中にこそ成功はあるのだと思います。


・基本技術を習得するためのドリルの必要性は感じます。しかし、通り一辺倒のドリル練習では子供は飽きてしまいます。指導者は身に着けるべき基本技術の柱の部分は変えずに、かつ子供を飽きさせないように工夫しながらメニューを組んでいく必要があるでしょう。


・群馬県のジュニア世代で言えば、基礎が出来ていない要因の一つとして、年間の試合数が多すぎる点が挙げられるでしょう。ジュニアのうちから勝負にこだわった指導をするため、基本的な技術の習得がややおそろかになっているのではないかと感じています。



やはり指導者として大事なのは、子供の失敗をいかに指導者の失敗と捕らえられるかどうかである。いつも子供の責任にしてしまっては指導者の成長はない。もちろん全ての責任を自分のせいだと考えてしまう人はうつ病になってしまうかもしれないが。


現レアル・マドリード監督のジョゼ・モウリーニョは次のようなことを言っている。「負けた責任は全員にあるが、原因は監督にある」。育成年代の指導者もこのようなモチベーションで指導に取り組めるかどうかが大事である。


あと個人的に気になったのは最後の年間の試合数についてである。群馬県では年間の試合数が多いからこそ基礎技術の低下が気にされている。現在日本サッカー協会では年間の試合数の増加、リーグ戦の発足を急ピッチで進めているが、このような課題もあるらしい。ここでいう基礎技術が何を指しているのかにもよるが、なかなか興味深い内容だと思う。



テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

サッカークリニック1月号


『サッカークリニック1月号』を読んだ。今回のテーマは「フィニッシュ向上講座」である。日本代表やJリーグのチームは決定力不足なのか?という議論があるが、先日のトヨタクラブワールドカップを見ると確かにそうなのかもしれないと感じさせられる部分もある。以下内容を引用する。


・練習メニューの作成では技術、戦術、フィジカルを分けて考えることなく、全要素をミックスさせてのオーガナイズがとても重要になります。

・ゴール前でのフィニッシュの精度に関しては、やはりシュートを数多く打つしかないと思います。問題を何度も解くことで正解率があがっていく算数のドリルと一緒です。

・最終的にどこに落とし込むかというと、ダブルボックスの4対4もしくは5対5でプレッシャーをかけた上でいろいろな角度からシュートを打つトレーニングになるのではないかと思います。

・試合中にフリーでシュートを打てる場面はほとんどありません。1対1から相手をかわしたり、競り合いの中でシュートを打つ場面ばかりです。ですから練習のときも相手のいる状態で練習したほうがいいと思います。

・私は広島観音高校でも安芸南高校でも対戦する相手のスカウティング、試合の登録メンバー、ゲームプランも全て選手たち主導で決めさせています。

・イングランドのGKがクリアのあとに「PKマーク!」や「ペナ!(ペナルティエリア)」などどこまでラインを上げればいいのか具体的な場所を声に出し、指示しているのを見たことがあります。

・21日間同じことを続けると、それが習慣になりますが、本当にコツコツやる人は全体のわずか1%にすぎません。だから強い選手には習慣があるのです。

・最も重要なのは指導者の「期待している」気持ちを各選手に伝えることです。ですからバルセロナでは「期待」だけではなく「重要な戦力だ」と選手に感じさせられる指導者を求めています。

・指導者として頭の片隅に入れておいて欲しいのは「自分はサッカーの練習の仕方を知っている」とは思わないことです。自分の指導に自信を持つことは大切ですが、指導者は常に学び続ける必要があるからです。自分の教え方、指導法について常に考え研究していくべきだと思います。

・練習メニューを考える際、そのベースになければいけないのは「どのようにプレーしたいか」です。しかし、プレーするといっても何でも良いわけではなく、現在取り組んでいることやどんなプレーをして欲しいかが考慮されたプレーモデルをベースとしなければなりません。

・私の経験からすると、熱心な保護者の方がグラウンドの横からコーチングすればするほど、その方の子供のプレーから積極性が失われていくケースが多いからです。

・主審はプレーを再開する前ならば、その決定が正しくないことに気づいたとき、また主審の判断によって副審の助言を採用したとき、決定を変えることが出来る。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

サッカークリニック12月号


『サッカークリニック12月号』を読んだ。今回のテーマは「バルセロナの育成システム徹底分析」である。現在世界最高のサッカーチームはバルセロナであり、また世界で一番育成で成功しているチームはバルセロナである。『サッカークリニック』が特集するのも当然だろう。以下内容を引用する。


・「勝たなければいけないのか?」と聞かれれば「イエス」と答えますが、「何よりも勝利が必要か?」と聞かれれば答えは「ノー」です。

・家族と一緒に選手が寮にやってきた初日「普通に考えれば、君、そしてあなたのお子さんはトップチームまでたどり着けません」といいます。

・練習が休みの日、つまり月、水、金の朝に、その日に自分がやることを書いて提出してもらいます。そして私がその内容を確認してコメントを書き、夕方には返却します。

・サッカーノートには今おっしゃったように過去を振り返る、つまりその日の練習や試合を振り返るものです。そしてトレーニングノートは、先ほど説明したように休みの日の行動予定を書くものです。

・そもそもポゼッションサッカーを可能にするアプローチはシステム理論上、2種類あります。1つはバルセロナが採用する「1-4-3-3」システムのように、ピッチ上に選手を均等に配置し、ボールをスムーズに循環することが生命線となります。

・もう1つは「1-3-5-2」や「1-4-4-2」のように「合理的な人の配置になっていない」システムを採用することです。「1-4-4-2」システムでは前線の両サイドにスペースが残されており、そこにトップやサイドの選手が流れて攻撃を構築します。

・「パスは受けられなくても、サイドバックは高いエリアに移動する」ほうがポゼッションにおいて有効だと思います。

・サッカーの戦術において「トレンド」という表現が良く使われますが、監督は「流行しているから使う」のではなく、それがロジカルだから使うのです。

・監督にとって最も困難なミッションは戦術や練習メニューを考えることではなく、選手を育てることです。育成年代の指導を経験している監督ならば、トップチームの指揮を執るようになっても選手を育てることが出来ますし、選手はその能力を最も高く評価し感謝するのです。

・敗戦が予想される試合でもそこから選手が何かを得るような誘導を指導者が行うべき

・私は負けたときには「できたこと」に比重を置いて自分の頭を整理し、選手にも自覚させます。逆に勝ったときには「出来なかった」ことに比重をおきます。

・子供に戦術を教えるのは非常に難しい。前後左右、高低、さらに時間に関していくら言葉で説明し、繰り返し練習しても限度がある。最も効率的なのはモデルを見せること、つまりトップレベルのゲームを見せることだと思う。


現在はトップチームの監督にも育成の面が求められる。グアルディオラはバルセロナBチームの監督をやっていたし、モウリーニョはもともと体育教師である。資金的にも厳しい現代においてはあ、若い選手を育成して強いチームを作る傾向がこれからもっと増えてくるだろう。スペインなどでは若い選手を育成してビッグクラブに売ることで利益を出しているチームもある。日本にもこのようなチームが増えても良いと思う。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

サッカークリニック11月号


『サッカークリニック11月号』を読んだ。テーマは「ゲームを分析しよう!」である。一般的にゲームの分析には2種類がある。1つは相手チームを分析すること、そしてもう1つは自分のチームを分析することである。小学生年代では相手チームを分析することはほとんどないと思うので、まず自分のチームを分析することになる。以下内容を引用する。



・良い監督になるための条件は、自分自身向上に勤めることだ。ハードワークを積めない者がほかの者、つまり選手を向上させられないわけがない。ロビーニョを指導するにせよ、11,12歳の子供を教えるにせよ、結局必要な才能は同じだ。


・指導者が選手と率直に話し合わなければ何も解決できないだろう。


・ハーフタイムはまず選手同士で自由に話をさせています。そのとき私は席を外していますが、ちょっと聞き耳を立てて、どういう話をしているか聞いているわけです。そうすると、間違ったことを言う選手はほぼいないので、問題がなければ私からは「そうだよな」という程度で済ませます。


・サッカー選手に関しては「どうやったら速く止まれるか」ということを追求したほうが、実は動作自体は早くなるのではないかと思っています。


・6歳~14歳におけるサッカーの一番の目的は、サッカーを楽しむこと、2つ目はサッカーの正しいプレーを学ぶこと、そして3つ目が試合に勝つことです。


・能動的教育法
→選手に問いかけて考えさせる
→自力で答えを見つけさせる
→プレーの知性とビジョンを獲得


FCバルセロナの人材育成術


『FCバルセロナの人材育成術』を読んだ。サッカーの棚に置いてあるのではなく、ビジネス本のところに置いてあったので、探す場合はビジネスの棚も見てみると良い。内容はFCバルセロナの人材育成術について、数多くのスタッフ、監督にインタビューしたものをまとめたものである。


おそらく育成年代の指導者にとって「勝利か育成か」という問題は常に付きまとうだろう。勝利を求めすぎると下手な子が試合に出れなくなってしまうし、下手な子を試合に出すと勝てなくなってしまう。このようなジレンマを抱えているコーチは多いと思う。


しかしこのジレンマを解消しているチームがある。それがFCバルセロナである。バルセロナは世界でNo1のチームでありながら、その選手の多くはカンテラ、つまりバルセロナユースの出身である。世界で一番強くて育成も上手なチームがバルセロナなのである。


結論から言うと「勝利か育成か」という問いかけに対する答えはこの本には書いてない。なぜならインタビューアーによってもこの答えは違うからである。著者は育成がメインだと主張しているが、何人かのインタビューアーは勝利こそがメインだと言っている。またバルセロナの育成システムも、勝てなければコーチはクビになるし、選手も1年ごとに契約更新となっている。意外と短期的に結果を求める部分がある。


たださすがに世界No1のチームだけあって、育成スタッフがしっかりとしていると感じられる部分が多い。1人1人の育成スタッフの意見はそれぞれ異なるが、それぞれにしっかりとした理論があり、経験が感じられる。この中から自分の模範とすべきローモデルを探すこともできるだろう。


以下内容を引用する。


・指導者にとって第一の使命は少年たちの総合的な教育であり、良いサッカー選手になるよう指導することは2番目だ。

・監督と選手の対話は必要ないと考える監督は多い。ヒエラルキーを示す必要があると思っているのだ。「俺が命令するから、お前は従え」というわけだ。だが、これは違うと私は思う。日々の言動によって尊敬を勝ち取ることこそが、重要なのだ。必要とあれば、きちんと選手と面と向かって対話の場を持ち、率直にうそをつかずに向き合うべきだ。

・また、チームの一員のようになるべきだと考える監督もいる。これも間違っている。全選手の友達になることは不可能だ。監督は常識的な行動をとることを心がけ、各選手を一人の人として尊重し、そして、きっぱりとした態度で選手と向き合うべきだ。親は自分の子供を深く愛していても、叱るべき時は叱りつけるものだ。それは監督も変わらない。

・当然のことだが、選手は指導者から大きな心理的影響を受ける。だからこそ、選手の心のバランスを維持したり、選手に考える機会を与えたりするために、バランサー(バランスを維持する装置)の役割を担う指導が効果を発揮する。傲慢には謙遜を。不安には信頼を。3点ゴールを決めれば、ベンチに座らせる。PKを失敗したら、次のPKも蹴らせてみる。

・親がでしゃばらなくても、プロ選手になるべき選手はプロになるものだ。

・私たち親は、子供の幼少時代を最大限に延ばし、子供がずっと子供らしくいられるようにしてあげなければならない。

・競争心は選手の成長には絶対に欠かせない。しかし、「競争をするからといって常に勝たなければならないわけではない」というのがポイントである。競争することが大事なのであり、勝敗はまた別の話なのである。

・最も重要なのは、競争することを学ぶことにある。競争することを学ぶということは、勝利することを学ぶとことであり、そして何よりも、負けることを学ぶことを意味している。

・私はいつも選手たちに「試合に負けて悔しがるのはいいし、それは自然なことだが、それはシャワーを浴びるまでにしなさい」と教えている。

・アメリカでは教育の中にしっかりスポーツが組み込まれており、スポーツをする時間が十分確保されている。

・プロサッカー選手の道に進もうと思っている若者には、勉強をやめないよう忠告したい。将来役立つ知識は、学んでおくべきだからね。勉強すると仲間意識が強まり、人の話を聞くようになる。どんなスポーツ選手にとっても、勉強はとても大事なことだよ。


FCバルセロナの人材育成術FCバルセロナの人材育成術
(2011/10/04)
アルベルト・プッチ・オルトネーダ

商品詳細を見る

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

監督ザッケローニの本質

『監督ザッケローニの本質』という本を読んでみた。ザッケローニの生い立ちから今までのキャリア、そしてこれからの展望について詳しく書かれている。ザッケローニはプロサッカー選手のキャリアがないということは有名だが、それ以外にもいろいろ苦労している部分がある。


まずザッケローニのキャリアで驚くべきことは、サッカーの監督になる前はホテルの支配人をしていたということである。そして事業自体は安定していたにもかかわらず、その事業を捨てて監督業に専念したのである。この度胸には驚くべきものがあるが、それについていった奥さんもすごい。


そしてザッケローニというと3-4-3のイメージがあるが、ザッケローニ自身はこのシステムをベストなものだとは思っていない。あくまで大事なのはチームのメンバーに合わせてシステムを組むことであり、システムありきではない。実際数多くのチームで4-4-2、3-4-3、3-5-2、4-2-3-1を使用している。


トレーニングメニューに関しては選手を型にはめて戦術的なトレーニングをすることが多かったようである。ラファエル・ベニテスのように守備と攻撃のパターンをあらかじめ決めておき、それをトレーニングで何度も繰り返すことが多い。ただ戦術面での細かさは群を抜いており、選手からはつまらない場面もあったという意見の反面、ディティールまでこだわるプロフェッショナルな監督だという評価もある。


またザッケローニは攻撃的なサッカーを思考する監督というイメージがあるが、一番大事にしているのはバランスである。以下のインタビューを読んでみるとそれがよくわかるだろう。


「私が欲しいのはバランスだ。ボールを持っていないときにはしっかり守らなければならないが、同時にボールを奪った時に効果的な攻撃ができるよう準備していなければならない。攻撃と守備というのは、完全に2つに分かれているわけではない。それぞれの中にそれぞれが含まれている。ボールを奪うのは守備だが、ボールを奪った瞬間には攻撃の準備が整っている必要がある。攻撃していてボールを失った時には、すでに守備の体制が出来ていなければならない。常に攻撃と守備を両立させることが必要だ。バランスというのはそういうことだ」(p247)


これは戦術的ピリオダイゼーション理論と同じことを言っており、バルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督も同じことを言っている。現代のサッカーでは攻撃と守備というふうな2項対立は成立しない。よってトレーニングにおいても攻撃と守備がバラバラになったトレーニングは効果が薄いのである。


また日本サッカーについてもコメントをしている。


「日本にはファンタジア(創造性)がない?なぜそう思うのか私には理解できない。Jリーグには創造性を備えた選手がたくさんいるじゃないか。日本人はあらゆる分野で創造性を発揮しているのに、どうしてサッカーだけそうでないというのだろうか?日本人は非常に正確できちんとしているが、同時に創造性にもあふれている。国際的な建築家がたくさん生まれているのもその一例だろう」(p252)


ザッケローニの良いところはこのように褒めてくれることだろう。この文章を読んで嬉しいと思わない日本人はいない。実際選手たちもザッケローニは自分のことを褒めてくれて自信を持たせてくれるというコメントをすることが多い。これは少年サッカーにおいても大事なことではないだろうか。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

サッカークリニック10月号


サッカークリニック10月を読んだ。今回の特集は「充実トレーニング」である。トレーニングは量よりも質であり、いかに集中したトレーニングを行うかが重要である。


・指導者は試合の結果によって選手を評価するのではなく、日々の練習によって評価すべき

・われわれはよく「世界標準」と言いますが、ブラジルには「世界標準」という言葉はないと思います。なぜなら日常が”世界”だからです。

・8歳という年齢はサッカーの戦術理解を深めるためのスタートポイントに適している

・「私語厳禁」とは言いませんが、可能な限り無駄話がない状態が良いトレーニングには欠かせない環境です。選手が声を出すときには、的確なコーチングを行うためというのが理想です。

・練習と練習の合間も短縮し、最長でも2分程度にしたい。それ以上に時間を費やすと、選手の集中力は低下する

・トレーニングで求めるべきは量ではなく質です

・ピッチサイズの決定は、指導者の仕事であり義務です。厳しい表現かもしれませんが、そのサイズを他人に決めてもらおうとするのは、自分が指導している選手のレベルを正確に把握していないことを露呈しているようなものです

・「勝敗は関係ない」と指導者が考えていると、子供たちはそれを敏感に感じとります。ですから私も、指導者が勝利を目指す姿勢は大事だと思いますし、、子供たち自身が「勝ちたい」と思うように導くべきだと思います

・久御山高校のトレーニング
1.ウォームアップ
2.4対2、5対2
3.3対3+フリーマン
4.7対7
5.11対11

・素走りはほとんどしません。ボールを使ったトレーニングでも、十分に走力や持久力が養えると思います。もちろん怪我が多くては選手として大成しませんから、外部のトレーナーに方に体幹を鍛えるトレーニングは指導してもらっています

・理想は実戦形式の中で「今のはこっちに出すべきじゃない?」「今はドリブルじゃなくてパスだろう?」と選手同士で指摘し合えるようになること

・僕はウォーミングアップをやらずにいきなり激しい1対1、4対4などをやらせます。もしそこで怪我をしたらそれは選手の意識の問題。最初から戦う姿勢を持って練習に入らせるための工夫です

・引き出し自体を子供たちが持っていないと何も引き出せません。つまり、ただ待っているだけでは何も出てこないことがあり得るのです

・多くの子供は小さいころまずはテクニックを学ぶことから始めます。でも実際はテクニックと状況判断、決定、実行はきっても切り離せないものです。そういう意味でもサッカーを始めた段階からテクニックと状況判断、決定、実行を同時にトレーニングする必要があると思います

・日本のチームや選手を見ていると、監督やコーチの話をよく聞いています。個人的には、選手同士が話し合うべきだと思うのですが、円陣を組んで指導者の話を聞いているほうが多い印象です。特にハーフタイムは選手同士で話したほうがよいのではありませんか。

・1つの練習セッションは1つのテーマで行うべきです。テーマの異なる練習をいくつも入れたメニュー構成では、ある練習が、試合の中でどのように生きるのかを想像するのが簡単ではありません

・エクアドルのプロリーグでは18歳以下の選手を必ず1人起用し、しかも45分間出場させないといけないことです

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

名将への挑戦状


ジョゼップ・グアルディオラ
ファビオ・カペッロ
ウナイ・エメリ
ルイ・ファン・ハール
ホセ・アントニオ・カマーチョ
マルセロ・ビエルサ
ミカエル・ラウドルップ
ビセンテ・デルボスケ
ドゥンガ
ラファエル・ベニテス
ビクトール・フェルナンデス
アーセン・ベンゲル
ジョゼ・モウリーニョ


上記に上げた13人の監督のうち、あなたが好きな監督は誰だろうか?攻撃的なサッカーが好きな人は、グアルディオラ、ファン・ハール、ビエルサ、ベンゲルを挙げるかもしれない。逆に強固なディフェンスとすばやいカウンターサッカーが好きな人は、カペッロ、エメリ、モウリーニョなどを挙げるかもしれない。


『名将への挑戦状』は上記13人の監督を、あるスペイン人記者が「独断」と「偏見」で分析した1冊である。そのスペイン人記者の名はヘスス・スアレス。スペインでサッカーに詳しい人なら、その名を知らないものはいない(『サッカーダイジェスト』を読んでいる人は知っているかもしれない)。


「独断」と「偏見」でと書いたのは、このスアレスという記者はバルセロナ、アーセナルのような攻撃的で美しいサッカーが好きで、カペッロ、モウリーニョなどが作るカウンターサッカーが嫌いだからである。そのことを完全に認めたうえでこの本は書かれている(読めばわかる)。


私はそれが悪いといっているわけではない。むしろ「独断」と「偏見」で書いてある文章のほうが読んでいるほうは面白い。平均的で棘のない文章が書かれていても、それはありきたりの文章であり、すでに市場にあふれている。本当に頭に残るのは、「独断」と「偏見」に満ちた鋭い分析を含んだ文章である。だからこそこのスペイン人記者は人気があるのだろう。


簡単に言うと彼はサッカー記者界のモウリーニョ。全て計算されつくされた文章を、毒舌、批判、そして賞賛交えて書いている。それにも関わらずグアルディオラは彼に対して「君の言葉はいつだってとてもオリジナルだ」とコメントしている。


サッカーが好きな人には、それぞれ好きなサッカースタイルがある。私自身はしっかりとディフェンスラインを統率し、常にプレッシングがかかった状態で、攻守の切り替えが早いスタイルが好きである。まさにこの記者が嫌いなカペッロ、モウリーニョのチームのように。


あなたにも自分が好きなサッカースタイルがあるだろう。それはグアルディオラ率いるバルセロナのようなポゼッションを中心としたサッカースタイルかもしれない。もしくはベニテスのような機械的で規律が整ったサッカースタイルかもしれない。もしこの中に一人でも好きなサッカースタイルを持った監督がいるのであれば、この本を読んでみることをお勧めする。


個人的には現チェルシー監督ビラス・ボアスの記事があればさらに良かったと思っている。




テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

サッカークリニック9月号

『サッカークリニック9月号』を読んだ。今回のテーマはジュニア指導についてである。小学生を教えている私にとっては興味深いテーマだが、ジュニアユース、ユース年代を教えている指導者にとっても知識として知っておくべき内容が多かった。以下内容を抜粋する。


・解決策の一つとしては、さまざまなプレッシャーを与えていくことでしょう。挫折を乗り越えられるものほど強くなれます。

・フロントボランチ・・・吉武監督の造語。逆三角形の3センターで、前目に位置する2人のMF

・左サイドバックがボールを持ったときに、遠くにいる右のフロントボランチにどうやってボールを運ぶかを考える

・攻撃面では、3トップが相手陣内の深い位置でプレーし、深みを作ることが理想。ピッチを広く深く使うというと、ワイドな展開を考えがちですが、相手の懐深くに入り込んでいくことも広く使うことになります。

・ボールを失ったときにはすばやくプレスしなければなりません。「失ってから5秒以内」を目安に奪い返すようにトライする。もし5秒以内に奪い返せなければ守備をオーガナイズしてゾーンで対処するように切り替えます

・私の持論では「指導者はいい選手を育てようとしても育てることは出来ません」「まずいいサッカーを目指すうえで、そのサッカーの中でいい選手を育てる」

・「僕は君なしでは何者でもないが、君がいれば何でも出来る」

・「チームとしての成功なくしては個人の成功はない」

・今は、ジュニアの段階からグリッドを使ったポゼッション練習をすることが多い気がします。けれども実際の試合で練習の成果を発揮するためには、確実に止める、しっかり蹴る、ヘディングするといった基礎技術が必要です。ですからジュニア年代では、もっと徹底して基礎の反復練習や基礎を高める練習を行ってもらいたい

・ゲーム中に子供が真剣に戦う厳しさと、コーチが一方的に怒鳴って子供たちを押さえ込む厳しさは全く違います。サッカーの厳しさはゲームにおいて伝えられるべきだと思います。

・現在のルールには「キーパーチャージ」という反則がないので、相手選手と同じタイミングで接触してもファウルにはなりません

・必要性やテーマに応じて条件付けをしたり、ルール設定によって特定のプレーを誘発したりしたほうが、より選手の向上につながる

・昔はボールをネットにいれて蹴りながら歩いたりしていた


個人的には「指導者はいい選手を育てようとしても育てることは出来ません」「まずいいサッカーを目指すうえで、そのサッカーの中でいい選手を育てる」といった部分が気になった。私を含めて多くの指導者は自分の実力でいい選手、優秀な子供を育てたいと思ってしまう。しかしそれは大きな勘違いである。実際、子供は何もしなくても勝手に育つものであり、その邪魔をしないことが指導者の役割であると誰かが言っていた気がする。

またチームのコンセプトがしっかりしてしていれば、その中で子供たちは自動的に個人技術、個人戦術を身につけることが出来る。日本サッカー協会では、まず個人戦術、そのあとにグループ戦術、そしてチーム戦術という風に教えるべきとなっているが、そうではなくチーム戦術から教えていく方法もあるのではないかと思った。また、現代のサッカーに共通の戦術(ラインを上げる、守備の時には逆サイドは絞るなど)は教えてよいのではないかと思う。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

なでしこ力


なでしこジャパンが優勝してからこの本を読んだ。本当は北京オリンピックでベスト4に入ったときに読もうと思っていたのだが、完全に忘れていた。なでしこジャパンが優勝してくれたことによって重版になったのでよかった。



なでしこジャパンの試合は何度か見ていたが、戦術的な部分ではとても優れていると思った。4-4-2の3ラインをコンパクトに作って、全員が連動して守備をする。そして攻撃のときにはセンターハーフの沢が前線に飛び出し、もう一人のセンターハーフの阪口がバランスを取る。



決勝のアメリカ戦では沢が上がった後のスペースを上手く使われていて、ピンチも作られていたが、そのときにはディフェンスラインの4人がしっかりとラインを整えて対応していた。なでしこジャパンの試合を始めてみたときには、この監督はプレミアリーグの戦術を参考にしていると感じた。



以下興味深い部分を引用する。



1.勝つ可能性を高める戦略・戦術を立てる
2.適材適所で人の強みを活かす
3.フィードバック情報を与え実力を客観視する
4.継続学習によって完成度を高める


・ボールをサイドに追い出せば、サイドで1対1の状況が生まれる。だが我々としては、スピード勝負を強いられる1対1を出来る限り避けたい。もしサイドで突破を許し、余裕を持ってセンタリングを上げさせてしまったら、今度はゴール前中央で高さやパワーの勝負を挑まれる。体格で劣る日本人には、やはり不利なシチュエーションであるはずだ。


・そのため僕は発想を転換し、相手がサイドに侵入するコースを消して、中央にボールを運ばせて奪うコンセプトをチームに与えた。まず前線の選手には、相手の最終ラインからロングボールを自由に蹴らせないための守備を求めた。FWが相手の自由を奪うところから、チーム全体でボールを奪うという組織的な守備を開始する。次に、パスの受け手となる選手にはMFが縦のコースを切りながら寄せ、人数の多い中央のエリアへとボールを誘い込む。そして相手のボランチにパスを通させて、そこにボールが入った瞬間「はい待ってました」と奪い取る。


・指導者がやりがちなことといったら、レギュラーを確保できない選手のミスを指摘することだ。今のじゃダメだ。もっと頑張れ。その指導者は、選手に奮起を促しているつもりなのだろう。だが、そういう指導者が率いるチームでは、だいたいいつも同じ選手ばかりがしかられている。


・海外キャンプ時には「今日はジムまでジョギングして、そこで筋トレをやる」と選手たちに言っておきながら、ボウリング上へ向かったということもある。


・主人は自分の意見にこだわる人ではないんです。こだわるのは、あくまえも目標を達成すること。そのためだったら、自分のやり方を変えることも厭わないですね。



これら以外にも学ぶべきところが多い一冊である。会社で女子社員の部下を抱えている人にとっても役に立つ一冊だと思う。

サッカークリニック8月号


『サッカークリニック8月号』を読んだ。今回のテーマは「攻守の切り替えを加速せよ!」というものである。攻守の切り替えが試合のポイントだといわれ始めてからかなりのときが経っているが、攻守の切り替えの重要性はどんどん高まっている。特にバルセロナの攻撃から守備への切り替えの早さを参考にするチームはこれからどんどん増えるだろう。以下内容を引用する。


・バルサは、ボールを失ったエリアに関係なく、その直後の5秒間はボールを奪い返すために全力、そしてチーム全体でプレスをかける
→奪え返せない場合はリトリート

・どの試合でも6,7割ボールを支配するバルサの選手は、基本的に相手よりもフレッシュな状態にある
→5秒間全力でプレスをかけることはさほど大変ではない

・ゲームの最中にいったんプレーを止め、「今何考えていたの?」と子供に問いかけると効果的
→ボールに近い選手から一番遠い選手まで順番に聞いていく

・攻撃と守備を完全に分けたトレーニングを反復することが切り替えの能力を失わせる原因になっている
→例えば4対2のボール回しでは、守備側の2人のうちのいずれかがボールを奪った場合は、グリッド外にドリブルで持ち出して初めて攻撃側の選手と交代できるというルールにするなど

・土曜日:試合、日曜日:アクティブリカバリー、月曜日:オフ、火曜日:高強度のトレーニング

・日本では「体の向きが大事」と、良い状態でボールを受けることを重視している。ところがブラジルでは、育成年代で悪い体制でボールを受けている場合が散見される。選手に聞くと、「良い向きでボールを受けたら、相手は飛び込んでこないから、相手が飛び込んでくるようにわざと悪い体勢で受け誘っているんだ」と話していた。それが世界の現実です。


攻守の切り替えを選手に身につけさせるためには、練習中から意識させなければならない。試合中に「切り替えを早くしろ!」と言ってもコーチの声に反応してから動くだけである。練習中から攻守の切り替えを意識させておいて、試合中は無意識のうちに切り替えられないと意味がない。


バルセロナのようにボールを取られた後5秒間は全力でプレスという目安を決めても良いと思う。その目安を元にディフェンスのリーダーがプレスをかけるのかリトリートするのかを決定する。それが上手く出来ているのがバルセロナであり、レアル・マドリードである。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

サッカークリニック7月号

サッカークリニック7月号を読んだ。今回のテーマは「スペースを作り、スペースを狙う」である。これも指導者にとってはとても教えにくいテーマだろう。「スペースを狙え!」とは良く言うが、それを意図的に作って狙うというところまで落とし込んで考えている指導者は多くない。以下引用する。


・スペースを見つけるときに大切なのは「人がいないからスペース」ではなく、「前を向いてボールをもらえるスペース」を意識して探すこと。クサビを入れるにしても、真後ろからではなく、斜めからそうすることで、ゴールを視野に入れられます

・ボールを持ったサイドバックがプレッシャーをかけられたとします。このとき、サイドハーフもフォワードもボールを受けに降りてくると、むしろスペースが狭くなって、ボールを失ってしまいます。
⇒間に合わなくても裏を狙えば、そのアクションによって相手も下がるし、スペースも生まれる

・選手が常に状況に適応し、時間的前後関係や、現象の背景で起こっていることに常に対処し続ける形式のトレーニング

・バルセロナでは12歳からかなり系統立った形でスペース感覚を教えている。ただし、彼等がすでにしっかりとした技術を持っていることを忘れてはならない

・フランスの育成年代において、かつてはドリルトレーニングのような相手選手のいない練習が多い時期もあったが、現在は対人形式のものをメインとしている

・ボールをもらう意識を高めるために有効だと考えているのが、フリーキックのリスタートを早くすることです。フェナティコスでは、フリーキックの際に助走をつけてキックせず、ファウルを受けた直後に再開するようにしています

・パサーはレシーバーの名前を呼んでパスを出し、レシーバーはパサーの名前を言ってパスを受けます。こうすることによって、徐々にタイミングがわかってきます

・日本の育成現場、特にジュニア世代の指導者の方は幅についてのアドバイスが多いようですが、奥行きについてはそれほどアドバイスをしていないように感じる

・「ディフェンスラインを上げよう」とアドバイスしたときに、なぜラインを押し上げるのかを理解できない選手が非常に多い

・育成年代では「チャレンジ&カバー」を徹底して味方のサポートを待つ、あるいは数的優位な状況を作ることにこだわりすぎず、「チャレンジ&エラー」を繰り返して1対1の強さやこの能力を伸ばしていく考え方も大切にすべき

・うちは去年から筋力トレーニングをやめました。バーベルなどを用いて体に負荷をかけることが、今の状況ではふさわしくないと感じたからです。そうしたらこれまでたくさん出ていたケガ人が一気に減りました

・TFCでは対人形式の練習を基本とし、そのうえでいろいろな状況設定を加えていきます。その中でボールコントロールやドリブルといった技術を磨くのです

・チームディフェンスの基本的な考え方
1.数的優位を作ること
2.ボールサイドの選手がプレッシャーをかけ、逆サイドは絞ってカバーリングすること
3.相手に有効なスペースを与えないこと

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。