スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きこそものの上手なれ


「好きこそものの上手なれ」


このような言葉を知っている人は多いだろう。そしてこの言葉こそが真実だと思っている人も多いと思う。私もこの言葉は真実だと思っている。実際小学生でもサッカーが好きで好きでたまらない子はどんどん上手くなるし、単に習いごととしてやっている人はなかなか上手くならない。


これはトレーニングにおいてもそうである。毎日のトレーニングが楽しければサッカーはどんどん上手くなる。しかしトレーニングが苦痛になってくると、なかなか上手くならない。そのように考えると、コーチの役割は子供たちが楽しんで出来るトレーニングを作成することが一番大事なのかもしれない。


『モウリーニョ どうしてこんなに勝てるのか?』には次のように書かれている。


記者:「選手たちから慕われているというのは本当ですか?」
モウリーニョ:「みんな私と練習するのが好きなだけだよ。トレーニングの内容が良いから、気持ちよくピッチに立てるんだ。選手たちは私を慕っているというより、私の下で練習するのが好きなんだ」


これはモウリーニョのトレーニングの内容の質が高いことを示している。ちなみにモウリーニョはフィジカルトレーニングを一切やらない。またトレーニング時間も90分ぴったりである。これらのこともモウリーニョのトレーニングが好まれ、選手たちが楽しくトレーニングできる要因となっている。


サッカーをやっていた人ならわかると思うが、トレーニングの最後に走り込みなどのフィジカルトレーニングがあると、どうしてもモチベーションが下がる。それがないだけでも毎日のトレーニングに対するモチベーションが上がる。私もフィジカルトレーニングを一切やらせないため、子供たちは安心してトレーニングすることができる。このようにトレーニングメニューを組むときには、子供たちのモチベーションも考える必要があるのである。

スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

4対4ラインゴール

あなたは子供たちにドリブルが上手くなって欲しいと思ったらどのようなトレーニングを行うだろうか?


多くのコーチはここでコーンをジグザグドリブルするトレーニングをする。しかし私はこのようなトレーニングは実践には向かないと思っている。もちろん足先の細かいタッチは上手くなると思うが、ドリブルはそれだけではない。それよりも、どこでドリブルするべきなのか、パスとドリブルの割合はどれぐらいにしたら良いのかなどを身につけるほうが大切である。またそれ以上に相手が動かない状況でドリブルをしても相手との駆け引きは身に付かない。


私がオススメするトレーニングは4対4のラインゴールである。ラインゴールとは普通のゴールの変わりにラインを通過したら1点とするスモールゲームである。これは有名なトレーニングだと思うので、あなたも知っていると思うが、しかし何のためにラインゴールをするのかをしっかりと考えている人は少ない。ラインゴールにすると普通のスモールゲームと何が違うのか?それを考える必要がある。


ラインゴールにすると、シュートを打つ機会は全くなくなる。その代わりに相手ゴール(ライン)前でドリブルする回数が多くなる。よって相手のディフェンスが一番集中する場(人数的にも精神的な意味でも)でドリブルをする必要が出てくる。


ドリブルのスキルが一番上がるのは相手が本気でディフェンスしてきたときである。コーンのように動かないものを抜いたからといってドリブルのスキルは上がらない。それよりも相手が本気でボールを取りに来ているのを(必ずしも綺麗な形じゃなくとも)抜くことでドリブルのスキルは上がる。


またゴール(ライン)前ではドリブルをするだけではなく、相手をひきつけてからのパスも効果的である。ラインゴールにおいてはゴールの範囲が横に広いので、ゴール(ライン)前で逆サイドにパスをすれば1点は確実である。これは実際のゲームでも同じである。ドリブルが得意な選手がゴール前でパスができるようになると、相手のディフェンスは何もすることができない。


Jリーグとプレミアリーグの選手の違いは、ゴール前でのドリブルの数ある。Jリーグの選手ではゴール前、ペナルティエリア内にも関わらず後ろを向いてパスを出してしまうことが多い。しかし世界のトップクラスのフォワード(ルーニー、ドログバなど)はゴール前では必ず勝負をしてくる。そもそもペナルティエリア内では相手はファールをできないのだからドリブルすべきなのである。


このようにゴール前でのドリブルスキルを身につけさせるためには、この4対4ラインゴールはとても効果的である。しかも4対4という人数の少ない設定で行えば、より多くの選手がドリブルする機会が増える。また事前に「ゴール(ライン)前は積極的にドリブルしよう!」ということをコーチングすれば、子供たちも意識してくれる。ぜひ試して欲しい。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

「バルサ学校の教え」

先日の日経新聞夕刊に「バルサ学校の教え」という記事が載っていた。以下引用する。


「リーガ・エスパニョーラ(スペインリーグ)のバルセロナでプレーしたことのあるMFフレブ(バーミンガム)が昨季、身を寄せたシュツットガルトでチームメートにこんな話を聞かせた。「バルサが欧州チャンピオンズリーグで優勝したとき、ドイツ車が選手にふるまわれることになったんだ。モデルを自由に選べると聞き、僕は最高級のタイプをお願いした。そしたら同僚のシャビがとがめるんだよ。もっと小さな車でいいじゃないか、タダでもらえるのだから欲張ってはいけないよって」ぜいたくに慣れたフレブも、やがて悟った。バルサ生え抜きの選手は「謙虚」なのだ、と。この言葉がこれほど当てはまるクラブは、ほかにはあるまい。バルサとは、なにより選手の考え方を鍛えるクラブなのである」


私はバルセロナについてはかなり多くの文献を読んでいると思うが、まさにこれはバルセロナの下部組織(カンテラ)の考え方が反映されている。バルセロナはほかのチームと異なり、カンテラ上がりの選手が多くいる。しかもチームの中心を担うのはそのカンテラ上がりの選手たちなのである。シャビ、イニエスタ、バルデス、プジョル、メッシ、ペドロ、ブスケツ、ピケなどは全てカンテラ上がりである。そしてなんといっても監督のグアルディオラがカンテラ上がりである。


ちなみに今年のバルセロナは選手登録の人数が他チームよりも少ない。なぜならケガをして選手が足りなくなればカンテラから引き上げればよいと思っているからである。これはコストパフォーマンス的にもかなり効果がある。


カンテラ上がりの選手たちはバルセロナのためにプレーをする。なぜならそのような教育をカンテラ時代に受けているからである。この記事に書かれているように「謙虚さ」、「サッカーに対する真面目さ」、「バルセロナに対する愛」、「美しいプレーを目指すこと」などが全てインストールされている。また子供のころからTVのインタビューなどを受けているので、メディア対応なども非凡なものを持っている。


実はこのやり方は企業も同じだったりする。キーエンスやサイバーエージェントなどは新卒の人しか採用しないらしい。なぜならその方が企業のカルチャーに染めやすいからである。若い20代のころから会社に対する愛をインストールしておけば、会社に対する忠誠心を持った社員が育つ。中途採用ではほかの企業の教育がすでにインストールされているので、そこから上書きするのは難しい。また新卒の方が払う給料が少ないというのも一つの理由である(これはバルセロナがカンテラから選手を引き上げる理論と同じ)


しかしバルセロナにも問題はある。それは他チームから移籍してきた選手がなかなか活躍してくれないことである。ロナウジーニョ、デコなどは多少活躍したが、イブラヒモビッチ、アンリなどは実力を出せずに他チームに移籍した。今年はビジャが入ったが、これも少し怪しい。やはりカンテラ育ちの選手の中に入っていくのは、文化的な意味で難しいのかもしれない。


とはいえ現在バルセロナが一番面白いサッカーをしているのは変わりがない。おそらくこの体制はグアルディオラが監督をしている間は安泰だと思う。今年はレアル・マドリードという最大のライバルに、モウリーニョという世界最高の監督が入ってきたのでこの直接対決が注目である。サッカーが好きな人にはたまらない一戦になるだろう。

サッカークリニック11月号

サッカークリニック11月号を読んだ。テーマは「良い練習には理由がある!」ということで、練習の質についての話である。私もサッカーのトレーニングは量よりも質のほうが大事だと思っているので、かなり興味深かった。以下にその内容をまとめることにする。


・バルセロナにおいては常に攻守は一体として考える
→攻撃しているときにボールを奪われたときのことを考える
→守備をしているときにボールを取ったらどう攻めるかを考える
→一つの練習の中に攻撃と守備にの両方の要素が含まれているようなグローバルなトレーニングを行う


・同じ練習メニューを繰り返し行うことは基本的にはありえない。
→毎日違うメニューを行い、同じようなメニューであっても設定を多少変える


・戦術のトレーニングをするためには技術が必要
→技術が上がればより高度な戦術のトレーニングを行うことができる


・戦術練習を行うと子供はサッカーをより理解して、「もっと上手くなりたい」「具体的に~がしたい」と思い技術に磨きをかける


・良い練習とは指導者が練習後に「今日は何の練習だった?」と選手に聞いたとき、テーマが明確に答えられるもの
→ウォームアップからゲームまで同じテーマを持ちながら難易度を上げていく


・練習でも勝負をつけるべき
→ゴールの有無ではなくポイント制でも良い


・少し元気がないと思ったらレクリエーションの要素の高いトレーニングを入れて、声をたくさん出させるようにする


・理解に時間がかかる子供たちがメニューを理解できるまでの時間を与えたいから、新しいメニューを次々とは提供しない


・練習の狙いがどこにあるかを子供たちには説明しない
→指導者が理解していれば良い
→子供たちが勝手に考えてくれる


・飽きさせないようにと指導者が気を使う前に子供たち自身が飽きないような工夫をするもの


・日本とヨーロッパのサッカーにおけるもっとも大きな違いは「球際の激しさ」
→練習から激しいプレスをかけることで攻撃力も上がる



今回で気になった部分は、同じトレーニングを繰り返してよいのか駄目なのかという点である。同じトレーニングを繰り返すと飽きるという意見もあれば、同じトレーニングを繰りかえさなければ子供たちの理解が追いつかないという意見もある。オシムは一度も同じトレーニングをしたことがないという噂があるし、ベンゲルのトレーニングは同じようなトレーニングを繰り返しているという噂がある。私の場合はテーマを分けてローテーションでまわしているため、2ヶ月に1回ぐらいは同じようなトレーニングが回ってくるようにしている。さて、これについてあなたはどう思うだろうか?

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

なぜディフェンスラインを上げるのか?

多くの人はディフェンスラインを上げる理由をオフサイドを取るためだと思っている。しかしこれは必ずしも正解とは言えない。もちろんオフサイドを取るという目的もあるが、本当の目的はそうではないからである。ディフェンスラインを上げる本当の目的は、中盤をコンパクトにするためである。


おそらく日本人はトルシエがフラット3を使ってオフサイドトラップを仕掛けていたのが記憶に残っているため、ディフェンスラインを上げることはオフサイドを取るためだと誤解している。しかしオフサイドを取ったからと言って点数が入るわけはないし、サッカーはオフサイドを取るゲームではない。あくまでも相手よりも多く点を取って勝つゲームである。


例えばアーセナルというチームはプレミアリーグの中でもかなりディフェンスラインが高いチームである。またオフサイドを取った数もプレミアリーグの中で一番多いらしい。しかしアーセナル監督のアーセン・ベンゲルは必ずしも「オフサイドを取れ!」とは指示していない。『ベンゲルノート』には次のように書かれている。


「トレースとコンビを組んだ大岩は、ベンゲルから「オフサイドトラップを使え」と言われたことはない。監督の指示通りにディフェンスをすることで、結果的にそうなったのだと考えている。〔中略〕「相手チームがオフサイドになる場面は増えたかもしれないけど、ベンゲルからはラインを上げろとか、オフサイドトラップをかけろとは一度も言われていない。いつも言われていたのは、周りとの関係を考えてどうやって動けばいいのかだった」」(p55)


ベンゲルが名古屋グランパスを指揮していた時、グランパスのディフェンスラインはとても高いことで有名だった。当時のマスコミはそれを「オフサイドトラップを有効に活用している」と分析していたが、実際は全く異なるる。あくまでもプレッシングをかけて周りのスペースを埋めていくうちに勝手にラインが上がっていたのである。


あくまでも一番大事なのは中盤をコンパクトにすることである。そのときに前線からプレッシングをかける場合は必然的にディフェンスラインも高くなる。その結果としてディフェンスラインが上がり、オフサイドが取れるのである。この順番を間違えてはいけない。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

日本代表VSアルゼンチン代表

日本代表VSアルゼンチン代表をテレビで見た。
まさか勝つとは思っていなかったが、実際に勝利に値するすばらしい試合だった。特にディフェンス面では統制が取れていて、久しぶりに日本代表が戦術的に勝った試合だったと思った。


ザッケローニが採用したシステムは4-2-3-1だったが、実際守備の時には4-4-1-1のようになっていた。そしてディフェンスラインが高く、ハーフエーラインあたりからのプレッシングがかなり良かった。というのもディフェンスラインの4人とハーフの4人の間がとても狭く、コンパクトな陣形になっていたからである。


以前までの日本代表はこの4人と4人の間が広かった。つまりディフェンスラインとハーフの間のスペースをうまく使われていたのである。これには2つの理由がある。まずディフェンスラインが低かったこと。これは中沢とトゥーリオがスピードがないため、なかなかディフェンスラインを上げるのを怖がっていたためだろう。そして2つ目はハーフが前線までプレッシングをかけていたことである。ハーフがあまりにも前までプレッシングをかけにいくと、逆にディフェンスラインの前のスペースが開いてしまう。前線からプレッシングをかける場合にはその点を気をつけなければならないのである。


よってワールドカップで岡田監督は4人と4人の間に阿部をアンカーとして使った。また前線からプレッシングをかけるのをやめて、ハーフエーラインあたりからのプレッシングに切り替えたのである。そうすることでディフェンスラインとハーフの間のスペースを使われることはなくなった。


ザッケローニはこの戦術を4ー4の合計8人で行った(とはいえこれがワールドスタンダードなのだが)。アンカーの部分はトップ下に持ってきて、ワールドカップのときよりも攻撃的にしたのである。もちろんトップ下におかれた選手は相手のボランチにプレッシングをかけるため、守備の合計人数は変わらないが、それが阿部なのかそれとも本田なのかによって攻撃力は変わってくる。


おそらくザッケローニの戦術はこの4-4のディフェンスが基本となるだろう。プレミアリーグではこの4-4というディフェンスはだんだん消えてきているが(アーセナルもマンUも4-3-3に切り替えた)、日本代表の勤勉さ、運動量の多さなら一番あっているシステムかもしれない。次の韓国戦が楽しみである。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

練習が戦争みたいになった。

先日のNumberに以下のような記事が載っていた。


「レアル・マドリード2年目のクリスティアーノ・ロナウドは、開幕前にチーム内にある変化を感じたそうだ。「モウリーニョが来てから練習が劇的に変わった。それはもう、かなり激しい内容になって、以前とは比べ物にならないほどだ。とにかく密度が濃い。選手もやりがいがあるし、皆満足していると思うよ」。マルセロは「練習が戦争みたいになった」と苦笑いし、カシージャスも「いい兆候だ」と続ける。新監督の到来で、何もかもが激しく厳しくなったのだ」


この文章を読んで何がわかるだろうか?マルセロの「練習が戦争みたいになった」というコメントはどのような意味を持っているのだろうか?いろいろ予測はつくと思う。


私がこの記事を読んで感じたのは、やはりモウリーニョのトレーニングは全てゲーム形式なんだなということである。なぜならゲーム形式のトレーニングでなければ、練習が戦争みたいになることはないからである。例えばディフェンスをつけないでセンタリングからのシュートをやっているときに、チーム内同士で争いが起こることはまずない。ゲーム形式で勝ち負けをしっかりとつけているからこそ、練習が戦争みたいになるのである。


私のチームでも練習は常にゲーム形式である。そして時々子供たちの中でも争いがおこる。とはいえその争いも可愛いものだが、子供たちの競争本能を呼び起こすためにはやはりゲーム形式のトレーニングが最適なのだと思う。そしてそれは大人も同じであるということがこの記事を読めばわかるのではないだろうか。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

全員の子供を試合に出すべきなのか?

例えばあなたが教えているチームのメンバーが全員で15人だとする。サッカーは11人スポーツなので必然的に4人がベンチに座ることになる。しかもその子達はレギュラーの子達に比べてだいぶレベルが劣る。交代をするとむしろチームレベルが下がってしまう。さああなただったらどのような選手交代をするだろうか?


日本サッカー協会では、必ず全員の子供たちが試合に出られるようにすることを推奨している。しかしサッカーのコーチをしていれば理解できると思うが、なかなか交代しづらいタイミングもある。1点差の試合や、優勝がかかっている試合などはどうしても交代を渋ってしまうこともあると思う。


しかし私はそれでも一人最低10分間ぐらいは試合に出すようにすべきだと思っている。なぜならせっかく試合をしに来たにも関わらず1試合も出ないで帰るのでは、その子たちのモチベーションに相当影響するからである。多少でも試合に出ることができればその子達も試合に来た意味があるだろう。


またレギュラー以外の子供たちが試合に出ることができないと、レギュラーのことサブのこのレベルが広がってしまう。そうなると練習の効率も悪くなる。そしていつの間にかレギュラーで出ている子達も、試合に出ることが当たり前になってしまう。プレーが悪ければ交代させられるというプレッシャーが多少あった方がよい。


私は全員を試合に出したほうが長期的に見ればチームが強くなると考えている。しかしこれにはいろいろな意見があるだろう。あなたのチームではどのようにしているのだろうか?

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

ハーフタイムに何をするか?

あなたのチームではハーフタイムの時にどのようなことをしているだろうか?


小学生のチームであればハーフタイムは5分というのが基本である。この5分間をどのように使うかで、後半の入り方が変わってくることは言うまでもない。周りのチームを見ているといろいろな傾向が見える。ミーティングを開いてコーチが子供たち全員に話をしいているチーム、コーチが子供たち一人一人に話をしているチーム、はたまた何もしていないチームなどいろいろある。


私のチームでは以下のことを原則としている。それは5分間のうち4分間は子供たちだけでミーティングをするということである。そして残りの1分でコーチが話をする。


なぜこのような形式を取っているかというと、子供たちが自分たちで考えてサッカーをすることを求めているからである。自分たちで相手チームを分析し、また自分のチームを分析することで、サッカーに対する理解が深まる。またそれらについてチームメンバーと意見を交換することで、試合中の指示の声も増えることになる。


また5分間ずっとコーチが話をしていても、子供たちの集中力が続かないということもある。ただでさえ疲れている子供たちに5分間ずっと話を聞いてもらうのは酷である。またコーチがわからしてみても5分間ずっと話すだけのネタはない。


しかしこの方法は最初は上手くいかない可能性が高い。なぜなら子供たちが自分たちで意見を交換するという習慣がないため、無言になってしまうことが多いからである。しかしそれをだんだんと続けていくと、何人かの子たちが意見を言うようになる。そうすれば後は子供たちに任せるだけである。


私がこの方式を取ってから一番驚いたのは、私がハーフタイムに言おうとしたことを子供たちが話していることが多いということである。意外とサッカーというものを理解しているのかな?ということを感じられる瞬間であった。もしくはコーチと選手が同じ方向を向いている良い例かもしれない。ぜひ試してほしい。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。