スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センターバックがポゼッションに参加できることの重要性


現在の日本代表はダイレクトでの細かいパス回しができる。特に香川、本田、長谷部、遠藤、今野である。んんん?今野?そう今野である。MFの4人の選手がダイレクトで細かいパス回しができるのはわかる。しかしそれに加えて今野がパス回しに加われるのが大きい。


今野は現在日本代表ではセンターバックをやっている。しかしご存知のとおり今野はもともとボランチの選手である。特にハードマークに定評があり、現在流行のアンカーをやらせたら日本で右に出るものはいない。


しかしザッケローニ監督は今野をセンターバックで起用している。おそらくセンターバックの人材が不足しているからかもしれないが、正直最初は危ないと思っていた。今野はそこまで背が高いわけではなく、しかももともとボランチの選手だからである。しかし私の見通しは甘かった。


今野をセンターバックで使ったことによる一番のメリットは、センターバックからボールを回せるようになったことである。一般的にセンターバックというとフィジカルは強いが技術がなく、ボール回しができない選手が多い。よって基本的にセンターバックがボールを持つととりあえずボランチにボールを預ける。


しかし現代のサッカーではボランチの位置に対しても激しいプレッシャーが来る。遠藤や長谷部はそれでもボールをつなぐことはできるが、相手がワールドクラスになったらそうはいかないだろう。そのときに重要になってくるのはセンターバックである。


センターバックがボール回しに参加することができれば、ボランチへのプレッシャーがきつくなってきたときにかなり助かる。ボランチできついと思えば、センターバックにボールを下げればよいからである。そしてセンターバックがサイドチェンジをしたり、効果的に縦パスを入れることができれば、ボランチの代わりにボールを展開できる。


またもし相手がそれに気がついてセンターバックにプレッシャーをかけてくれば、逆にボランチが空いてくる。そのリスクがあるため、多くの場合相手フォワードはセンターバックにはプレッシャーをかけない。つまりセンターバックは比較的フリーでボールを展開できるのである。そのときにボールをつなぐことが出来るかどうかで、ポゼッション率が大きく変わってくる。


海外の指導者はこれに気がついている。現在ボールを回すキーになるポジションはセンターバックとGKである。マンチェスターユナイテッドでは、ポゼッション練習のときにフリーマンをセンターバックとGKに指名している。ファーガソン監督は明らかにセンターバックとGKからポゼッションを始めることを意識しているのだろう。


現在の日本代表は今野と吉田というボールをつなげる選手がセンターバックにいる。これはトゥーリオ中沢というコンビの時には考えられなかったことである。この2人がアジアカップ優勝の影の功労者であることは間違いない。
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

サッカークリニック2月号


『サッカークリニック2月号』を読んだ。今回のテーマは「未来のストライカーを探せ」とのことらしい。確かに日本は決定力不足と言われていて、その原因はストライカーがいないからだといわれている。


しかしサッカージャーナリストの杉山氏が主張しているように、必ずしも日本代表は決定力不足のわけではない。そもそもチャンスの数自体が少ないチャンス不足である。それはフォワードの選手だけの責任ではなく、チーム全体の責任、もしくは監督の責任である。それを全てフォワードのせいにしてしまう日本の風土はあまり良くない気がする。


と、こんなことを書いていても未来のストライカーは育たない。以下に今回の内容を書くことにする。



・シーズン終了後に移籍市場で見られるシートに残るのはゴール数です。何試合出場、何ゴール― by指宿洋史

・インザーギはほとんどポストプレーをしない。しかし常にゴールに対して半身、あるいは正面を向いていて、いつでもシュートを打てる体制にある

・ストライカーは守備をおそろかにするという人がいるが、本当に優れた選手は違う。真のストライカーは愚かではないので、守備に貢献したほうが得点の機会が多くなることを知っている

・性格面では目立ちたがり屋で点を取りたいという欲求の強い子は、得点を取るポジションにおいてあげることで成長を促すことができる

・コーンのゴールでは、ゴールにうちこむよりもボールを奪われずに回す感覚が強くなってしまう

・ディフェンダーにとって一番いやなフォワードは良く消える(動き回る)ストライカーではないか

・普段からガチガチに当たっていて、コンタクトプレーで負けまいと切磋琢磨する中で、自然とゼロポジションが身につく

・アルゼンチンでは足裏を使ったドリブルやボールコントロールを徹底的に行っている

・子供のタイプ
1.責任転嫁タイプ
2.失敗活用タイプ
3.責任抱えタイプ



日本にはいわゆるセンターフォワードやウイングの選手がいない。これはおそらく今まで多くの指導者が2トップで指導してきたからだろう。2トップになると必然的に動き回るようなフォワードが育ちやすい。現在は2トップを使ったり3トップを使ったりする指導者がそれぞれ出てきているので、今後はセンターフォワードやウイングのスペシャリストが出てくるかもしれない。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

縦パスの入るタイミング(日本代表アジアカップ)

年明けてからは日本代表のアジアカップで盛り上がっているようである。私もレバノン戦は全て見て、シリア戦もハイライトで見た。


結論から言うと、日本代表はかなり良い試合をしていると思う。特に私が懸念していたオフェンス面も以前の日本代表とは比べ物にならないくらい良くなっている。これはオフェンスにタレントがそろっているというのもあるかもしれないが、チーム全体としてのコンセプトが見える気がする。


前にこのブログで書いたように、ザッケローニ新体制でのディフェンス面はものすごく良くなっている。4-4-1-1の4-4の間のスペースをものすごく小さくすることによって、全体が間延びしないコンパクトな陣形を作っている。それによりアルゼンチン代表も韓国代表もかなり苦戦していた。この辺はさすがイタリア人監督という感じだった。


今回はアジアカップなので、引いた相手に対してどのような崩しをするのかをポイントととして見ていた。以前の日本代表と比べて一番改善したところは縦パスが入るタイミングである。縦パスが入るタイミングが以前より早くなり、また意外性があるようになった。


以前の日本代表はなかなか縦パスが入らなかった。横パス横パスが多く、相手の陣形が整ってから初めて縦パスを入れるという感じだった。特に多かったのは横パス横パスでサイドバックにボールが渡り、そこから縦パスが入るパターンであり、それはあまり効果的ではなかった。


しかし今回の日本代表は以前の日本代表よりも1テンポぐらい前に縦パスが入る。例えばボランチの遠藤から長谷部に横パスが出るとする。以前の日本代表であれば、長谷部からもう一度横パスでサイドバックの内田にボールが渡り、そこから縦パスが入るというイメージだった。


しかし今回は長谷部が内田にボールを出すような体の向きから、本田や松井などに縦パスが入るという意外性のあるボールが多かった。これはセンターバックも同じで、サイドバックに出すふりをしてボランチやトップ下に縦パスが入ることが多かった(特に吉田は正確なフィードが出来ていて個人的にはかなり評価が高い)。これにより相手の陣形が整う前に本田や香川、松井などが前を向いてボールを持つことが出来るようになる。


この縦パスが入るタイミングが少し早くなっただけで、日本代表の攻撃はかなりスピードが上がった。もちろん攻め急ぎすぎるのも良くないが、これに加えて遠藤がガンバでやっているような緩急をつけたボールさばきを出せるようになればもっと良くなるだろう。後は本当のセンターフォワードがいつ出てくるかという話だけである。前田も頑張っているが、もう少しボールをキープできるフォワードが欲しい。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

第五水準のリーダーシップ

最近『ビジョナリー・カンパニー2』を読んだ。この本はビジネス本としてはすごく有名な本で、優秀な経営者は必須の本と言われている。内容は、アメリカで常に偉大な企業として認知されている企業を調査してその共通点を見つけるというものである。


その中に「第五水準のリーダーシップ」という項目がある。おそらく多くの人は偉大な企業の社長とかだと強烈なリーダーシップを持っていて、カリスマ経営者などと呼ばれているに違いないと思っていると思う。しかし実態は違う。


「これらの指導者についての記事や周囲の人たちの話には、物静か、控えめ、謙虚、無口、内気、丁寧、穏やか、目立たない、飾らない、マスコミにどう書かれても信じないなどの言葉が頻繁に出てくる」(p43)


「第五水準の指導者は自尊心の対象を自分自身にではなく、偉大な企業を作るという大きな目標に向けている。我や欲がないのではない。それどころか、信じがたいほど大きな野心を持っているのだが、その野心はなによりも組織に向けられていて、自分自身には向けられていない」(p32)


私はこれはおそらくサッカーでも同じだと思う。もちろん強烈なカリスマ性を持った監督(モウリーニョなど)もいるが、そうでない監督もたくさんいる。最近天皇杯で鹿島アントラーズが優勝したが、監督のアレックス・オリべイラはチーム内で「プロフェッサ」と呼ばれている。またアーセナルのアーセン・ベンゲルも同様である。


おそらくコーチをやっていると「自分にはなかなかリーダーシップがないな・・・」と思う瞬間もあると思う。しかし実際はそこまで強烈なリーダシップは必要ない。必要なのは試合に勝ちたいという気持ち、そして試合に勝つためにあらゆる努力をするというメンタルの強さである。


そして子供たちはそのような指導者を求めている。サッカーにおいてはあくまでも子供たちが主役であり、監督やコーチは目立たなくてもよい。そう考えれば指導する際に気持ち的にも余裕が出てくるのではないだろうか。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

アーセナル内定の宮市亮のプレー


アーセナル内定の宮市亮が出るというので、高校サッカーを見に行った。中京大中京高校のキャプテンが宮市亮で、相手は久御山高校だった。結果は2-4で久御山高校の勝ち。しかも誰が見ても久御山高校のほうが良いサッカーをしていた。


さて、注目の宮市亮だが1得点1アシストだったため最低限の結果を残したことは間違いない。1対1での突破のスピードはものすごく速く、おそらく岡野レベルだと思う(古いか?)。しかしアーセナルで通用するかというとかなり怪しい。


なぜなら宮市亮のプレーにはサッカーインテリジェンスというものをあまり感じなかったからである。サッカーインテリジェンスとはサッカーにおける頭の良さのことで、イニエスタやシャビ、日本であれば遠藤や中村憲などのプレーに見られる玄人受けするプレーのことである。


宮市亮のプレーは左サイドでボールを持って抜群のスピードで縦に突破し、中へセンタリングするというものがほとんどだった。またそれをおとりにして中へドリブルしたり、サポートに入ってきた味方とワンツーをしたりというプレーも多少あった。


しかしそれだけであった。もし右サイドバックが優秀でスピードがある選手だったら何もできなかっただろう。実際のところ久御山高校が後半途中から宮市亮にマンツーマンディフェンスをくっつけてからは全くボールにも触れなかった。


足元の技術がそこまで高いわけでもなく、視野が広いわけでもない。アーセナルは何でこの選手を取ったのか?と思わざるを得なかった。むしろ久御山高校の14番のほうが上手いと思ったのは私だけではないだろう。


しかし可能性としてあるのは宮市がまだ18歳のプレーヤーだということである。つまりサッカーインテリジェンスは今からでも身につけることができる。アヤックスの育成スカウトは基本的なスピードとプレーのアイディアを重視するということを聞いたことがある。後は全て自分たちで教えることができるからである。


いずれにせよスピードは世界でもトップクラスだろう。そのスピードをどのように生かすのか、あのアーセナルでどれだけ成長するのかが楽しみな選手ではある。ただウォルコットのようにスピードとテクニックだけがあって、アーセナルのパス回しについていけないような選手にはなってほしくない(最近はだいぶ良くなったが)。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。