スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルセロナVSマンチェスターU【チャンピオンズリーグ】


チャンピオンズリーグ決勝バルセロナVSマンチェスターUを見た。結果は皆さんご存知のようにバルセロナが3-1で勝利した。見た人はわかると思うが、内容はバルセロナの完勝で、マンチェスターUの勝てる要素はほとんどなかった(TVでは盛り上げるために、マンチェスターUが互角に戦っているということを強調していたが・・・)


まずマンチェスターUに関してだが、今回はかなり対策を練ってきたようである。ファーガソンも選手も2年前の雪辱を果たそうとかなりの気合が入っていた。しかしそれにもかかわらずほとんど歯が立たなかったのは、かなりショックが大きいだろう。表彰式の際のファーガソンの表情がそれを物語っていた。


今回私が気になったのはベルバトフが出場しなかったことである。怪我でもあったのかわからないが、ベンチにも入っていなかった。その代わりにスタメンはルーニーとエルナンデス、そしてベンチにはオーウェンが入っていた。


おそらくファーガソンは相手のセンターバックにプレッシャーをかけるために動けるフォワードを選んだのだろう。ベルバトフはそこまで守備をしないし、動きの良いエルナンデスを選んだほうが守備のときのメリットが大きい。これには私も納得するところがある。


しかしその代わりに攻撃の部分では全く歯が立たなかった。エルナンデスは最近売り出し中といってもまだワールドクラスの選手ではない。マークが全てルーニーに集中してしまい、ルーニーが前を向いてプレーできる時間が少なかった。またボールポゼッションではバルセロナが多くなったため、必然的にマンチェスターUはロングボールが多くなった。しかしエルナンデスはロングボールの処理が得意ではない。


この問題を解決するためにはベルバトフを前線に置くしかない。ベルバトフのロングボール、特に浮きだまの処理は超一流である。しかもその後のボールキープも出来る。ベルバトフを1トップにおいてその下にルーニーをおいたほうが、カウンターやロングボールが効果的に機能したのではないかと思う。


では前線からの守備はどうするのか。正直言ってそこはあきらめるしかない。というよりも、今回ルーニー、エルナンデスで守備をしたところで、前線でボールを取れる回数は少なかった。なぜならセンターバックにはピケとマスケラーノが入っていたからである。


今回バルセロナが勝てた要因としてマスケラーノの存在は大きい。マスケラーノがセンターバックにいることで、バルセロナはディフェンスラインからボールを回すことができるようになった。プジョルがいたときにはそこがボール回しの穴だった。プジョルは周りの選手と比べて足元の技術がないので、すぐにシャビやイニエスタにボールを預けるしかないからである。しかし今回マスケラーノがそこに入ったことによって、ディフェンスラインからのボールの展開がさらにスムーズになった。よってルーニーやエルナンデスがボールを追っても取れなかったのである。


もともとマスケラーノはボランチの選手である。バルセロナがマスケラーノを獲得したときには「何のために?」と思ったが、まさかセンターバックで使うとは思っていなかった。これはザッケローニが今野をセンターバックで使い、ビルドアップに使っているのと同じである。


おそらくファーガソンはセンターバックはピケとプジョルで来ると思っていたのだろう。プジョルの足元の技術の低さを狙ってエルナンデスをそこにぶつけ、またプジョルはスピードもないので、エルナンデスのスピードで打開しようとした。しかしマスケラーノがスタメンだったことでそのプランが崩れた。しかもベンチにはベルバトフではなくオーウェンが入っている。エルナンデスに変えてオーウェンを入れたところで何も変わることはない。万事休すである。


かといってベルバトフを入れていたところでバルセロナに勝てていたかどうかはわからない。メッシをどうやって止めるのかという肝心な問題が解決されていないからである。これは私自身も答えがない。マンツーマンで密着マークをするという方法もあるが、それをかわしてしまうのがメッシである。どのチームがバルセロナを止めるのか、誰がメッシを止めるのか、その答えは誰が見つけるのだろう。今回ファーガソンでは駄目だということがわかった。後はモウリーニョただ一人しかいない。


スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

サッカースカウティングレポート

『サッカースカウティングレポート』という本を読んだ。著者は小野剛で、内容はフランスワールドカップやアトランタオリンピックのときにどのようなスカウティングをしたかが書いてある。


最近ではジョゼ・モウリーニョのスカウティング能力が非常に高いということで、スカウティングが注目されている。しかし小学生年代を教えているコーチにはあまり縁がないだろう。なぜなら小学生年代の試合では相手チームのスカウティングをする時間的、物理的な余裕がないからである。県大会ともなれば、見たことも聞いたこともない相手チームと戦うことになるので、事前に相手チームのスカウティングをすることは不可能である。


しかし試合当日に少しだけスカウティングをすることは出来る。私の場合、試合前のアップは他のコーチに任せ、その時間に相手チームのアップを見ることが多い。どの子が上手なのか、どのようなチームなのか、背が大きい子はいるのかなど見るべきところはたくさんある。


また前の試合の前のハーフタイムでは相手チームのシュート練習を見ることが出来る。それを見ておけばどの子がエースストライカーでシュートが上手なのか、またGKのレベルはどれくらいなのかがなんとなくわかる。


私の場合それをもとに試合前のMTGの内容を決定する。もし相手チームにものすごくレベルが高い子がいれば、その子の情報は事前にMTGで伝えておく。もしそこまでレベルが高くないの出れば、それをそのまま伝え、自分たちのチームの方が強いということを伝える。


一般的に小学生年代ではスカウティングは必要ないという人もいる。相手チームのスカウティングをするよりも、自分たちのチームの子供たちを見ることが先決だという理由である。しかし私自身はそうは思わない。スカウティングもサッカーの一部であり、大人になればなるほどスカウティングの能力は必要になる。これはサッカーだけではない。ビジネスにおいても事前にお客様や市場の情報を得ておくことは非常に重要である。


もちろん自分たちのチームの子供たちを全く見ずに相手チームのスカウティングをすることは本末転倒である。私もコーチの人数が足りない場合には自分たちのチームのアップを優先する。しかし理想は子供たちが自分たちでアップをし、その間にコーチが相手チームのアップをスカウティングすることである。そうすれば子供たちの自主性も育てることが出来、相手の分析も出来る。


またたまには子供たち自身にスカウティングをさせるのも良い。相手チームのアップを見てもらい、MTGのときにどの子が上手だったのかを発表してもらう。そうすればコーチがスカウティング内容を発表するよりも、子供たちの頭に入るだろう。


プロレベルのスカウティングはもっと細かいところまで徹底して行っている。この本を読めばわかるが、相手DFがどちらから来るボールに弱いのかまで分析する。現代サッカーはそこまでしなければ勝てない時代に入ってきている。それを小さいころから学ばせる意味でも、小学生年代でも多少のスカウティングは必要だと思う。



サッカースカウティングレポート 超一流の分析サッカースカウティングレポート 超一流の分析
(2010/02/01)
小野 剛

商品詳細を見る

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

「リフティングが1000回出来たからって、サッカーが上手だとは限らない」は本当か?


サッカーをやっている人、教えている人なら次の意見は必ず聞いたことがあるだろう。


「リフティングが1000回出来たからって、サッカーが上手だとは限らない」


あなたはこの意見についてどう思うだろうか?本当にリフティングが上手な人でもサッカーが下手な人はいるだろうか?それともこれはリフティングが下手な人の嫉妬が、迷信になって世の中に広まっただけだろうか?


私自身、この意見は半分正解で半分不正解だと考えている。確かにリフティングが1000回出来たとしても必ずしもサッカーが上手なわけではない。なぜならサッカーというスポーツはボール扱いだけのスポーツではないからである。サッカーが上手になるためには、技術、戦術、体力、精神力など様々なものが総合的に上手くなければならない。


例えばサッカーの試合中に一人の選手がボールを触っている時間は、90分間中たったの3分程度だといわれている。それ以外の時間は走って、考えて、声を出してというプレーが主である。もちろんその3分間で決定的な仕事をする選手もいるが、走れなくて、考えられなくて、声を出せない選手がサッカーが上手だとは思えない。その意味ではリフティングが上手だからといって、必ずしもサッカーが上手なわけではないという意見は正解だろう。


しかし私の経験上、リフティングが上手な子はやっぱりサッカーも上手であると感じることが多い。というのも、やはりリフティングが上手な子はその分自主的に練習しているからである。リフティングは練習すればするほど回数が増える。逆にいえば練習をしなければ全く回数は増えない。


リフティングが上手な子はその分リフティングの練習をしている。つまり他の子よりも多くボールに触っている。他の子よりも多くボールに触っていると、必然的にボール扱いのテクニックが上手くなる。テクニックが上手くなると、サッカーの練習にいくのが楽しくなり、だんだんと試合で活躍できるようになる。試合で活躍きるようになると、今まで以上に自主練習を頑張って、リフティングの回数が増える。というような好循環が生まれることが多い。


小学生チームの場合、練習できる日程は週に1,2回だろう。それ以外は子供たちの自主練習に任せることになる。もし子供たちがサッカーが好きでなかったら、子供たちがボールに触る時間は週に1,2回である。しかしサッカーが好きな子であれば毎日ボールに触るだろう。これはリフティングも同じで、リフティングが好きな子は毎日ボールに触る。そしてだんだんとリフティングの回数が増えていく。


ちなみに私のチームでは年に3回リフティング大会を行っている。これは5分間のうちに落とさないで何回リフティングが出来るかを競うものである。5分間を超えても落とさなければそのまま続けることが出来る。過去の記録では1000回を超えた子もいる。


リフティング大会をやると、子供たちは勝手に自主練習をしてくれる。私のチームでは自主練習をしたおかげで急激にリフティングの回数が増える子が毎年何人かいる。そしてその子たちは最終的には上手になっていくことが多い。リフティングは回数で自分の実力がわかるので、子供たちにとっても自分が上手くなっていくのがわかりやすいのだろう。また教えるほうにとっても目標設定が作りやすいと思う。


子供たちが自主練習をしてくれないと悩んでいる指導者の方は、まずリフティング大会を定期的にやってみると良い。また子供たちと話し合って、子供一人ひとりにリフティング回数の目標を設定すると良い。そうすれば子供たちは自主的にリフティングの練習をしてくれる。そしてリフティングの練習をしているうちに、ボールに触る回数が多くなり、必然とサッカーのテクニックが上手くなっていくのである。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

サッカークリニック6月号


『サッカークリニック6月号』を読んだ。今回のテーマはオフ・ザ・ボールである。指導者にとっては子供たちにオフ・ザ・ボールの動き方を教えるのは一苦労だろう。ただでさえボールを持っている子を見なくてはならないのに、それに加えてボールを持っていない子の動きを見るというのはなかなか難しい。


しかしサッカーで重要なのはオフ・ザ・ボールの動きであることは間違いない。アーセナルが綺麗なパスサッカーが出来るのは、パスを出した選手が必ず次の場所へ動くからである。またその選手が空けたスペースに次の選手が入り込み、その選手が空けたスペースにまた次の選手が・・・といったような好循環を起こすことがパスを回すための施策である。


ただこの動き方を指導者が教えるのはものすごく難しい。特に小学生年代を教えている指導者にとっては、教え方を工夫しなければだめだろう。おそらく口で言うだけでは理解してくれない。ホワイトボードで説明してもダメだろう。口で説明して、ホワイトボードで説明して、なおかつゲームフリーズで説明しなければならないと思う。



以下、引用である。


・22人の少年をピッチに入れ、宙にボールを一つ投げ込め。そうすれば自然とゾーンか、マンツーマンかという問題は片がつくだろう

・自分独自の哲学を持たなければならないが、「それが絶対正しい」と思い込むことは避けなければならない

・ゴールに直結するパスや、目を見張るナイスパスばかり出そうとするな

・チームメートのコンビネーションを生かしたサッカーをしたいなら、ライン間を狭くして、コンパクトに保たなければならない。そのうえで15メートルのパスを1本通すより、2メートルのパスを3本通すほうが良いと考えるべき

・ボールを持っていない選手がしなければならないのは、「スペースを作ること」です。そして「作ったスペースを埋める動きをすること」

・ボールをとられた時こそ1歩前に出てプレスをかけに行く。2,3本繋がれてプレスを回避されたらリトリートする

・テクニックがなければ、子供がボールをもらうことを避け、リスクを回避するプレーをしてしまう

・フリーランニングすべきタイミングで走らなかった子に対して
→「なぜ今走らなかったのか?」「フリーランニングしていたらこういう状況になっていたのではないか?」問いかける
→DFに対して「今あそこに走られていたら苦しい状況になっていたよな?」問いかける
→効果的なフリーランニングをした選手には「ナイスプレー!」と褒める

・サッカー選手を育てる上では、足よりも頭(戦術理解力や向上心)の指導をするほうが大切であり、大変でもある

・GKは基本的に見方がボールに寄せることができる場合はゴールを離れず見方に任せる


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

セットプレーのトレーニング


あなたのチームでは日常的にセットプレーのトレーニングを行っているだろうか?


アルゼンチンのチームでは日常的に(どれくらいの頻度かわからないが)セットプレーのトレーニングを行っていると、先日の『サッカークリニック』に書いてあった。確かにセットプレーからの得点は全得点の約3割と言われているため、勝ちにこだわるチームはやった方が良いのかもしれない。


ちなみに私のチームでは日常的にセットプレーのトレーニングを行っているわけではない。行うのは試合前日に練習があるときだけである。後は最後のゲームの時間にゲームフリーズさせて、セットプレーの確認をするときもある。


なぜ私がセットプレーのトレーニングを日常的に行わないかというと、それには大きく分けて2つの理由がある。


1.子供たちの集中力が持たない
2.セットプレーの戦術はチームによって異なる


まずセットプレーのトレーニング(特にFKやCKである)はなかなか子供たちの集中力が持たない。というのも、トレーニングの合間にだらける時間が多くなってしまうからである。


例えばCKの場合、まず1本蹴るまでに時間がかかる。マークを見つけるときにふざける子が出て来て、いつの間にか2人でじゃれ合っている子もいる。また1本蹴った後もそれと同じことが続いてしまう。


セットプレーのトレーニングはゲームとは違って、子供たちにとっては面白みに欠ける。基本的にボールに多く触ることが出来ないし、本当に運のよい子だけがゴールを決めることが出来る。ディフェンスやGKもなかなかボールが来ない。これでは子供たちにとってもなかなかモチベーションが続かないだろう。


またセットプレーの戦術はそのチームによってかなり異なる。私自身、小学生年代においては多くのチームで汎用的に行われている戦術を取り入れたいと考えている。しかしセットプレーに関してはあまりにも戦術が違いすぎる。よって子供たちにとっては今のチームでセットプレーの戦術を完璧にしたからといって、違うチームに行ったときにはまた1からやり直さなくてはならない。


もちろんある程度セットプレーのパターンを覚えてもらうことは大切なので、多少パターンを教えたりはする。しかしそのセットプレーの戦術を完璧に覚えてもらう時間があったら、もっと個人の技術を上げるトレーニングをした方が良いと考えている。


セットプレーの戦術に関しては前出の通りチームによって様々なので割愛するが、ディフェンスの際は基本的にマンツーマンにしている。なぜならマンツーマンにして1対1の責任を持たせることで、ミスした子をハッキリさせることが出来るからである。逆にゾーンディフェンスにすると、誰のミスでゴールを決められたのかがわかりにくい。それではコーチがミスを指摘することが出来ない。


とはいえ、他のチームで面白いセットプレーをやっている所は、子供たちがそれを楽しんでいるようにも見える。本当は子供たちが自分でセットプレーの戦術を考えてくれればそれが一番良いのだが、なかなかそうはいかないのが難しいところである。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。