スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルセロ・ビエルサのマンツーマン戦術と育成年代


アスレチック・ビルバオが快進撃を続けていることは、多くのサッカーファンが驚いているだろう。特にヨーロッパリーグでマンチェスターUを倒したと聞いた時には、耳を疑った人も多かったのではないだろうか。


アスレチック・ビルバオといえば、スペインリーグの中でも特殊なチームの一つであり、なんとバスク地方出身者しか採らないというルールを設けている。また、スペインリーグの中では珍しく、ロングボールと空中戦を多用する戦術をチームコンセプトとして掲げている。


しかし今シーズンから就任したマルセロ・ビエルサはビルバオの戦術をガラッと変えた。ビエルサといえば「変人」と呼ばれるほどのサッカーバカで、あのグアルディオラが世界最高と称している監督である。ビエルサは超攻撃的サッカーをベースとして、ショートパスとパス&ムーブを繰り返して攻撃をするスタイルを好んでいる。そして注目すべきは守備戦術である。守備は現代サッカーの流れに反して、オールマンマーク戦術をしいている。最終ラインの1人を残し、全てがマンマークなのである。


現代サッカーはゾーンディフェンスが主流である。ゾーンディフェンスにおいては自分の担当するゾーンに入ってきた選手をマークする。相手がポジションチェンジをしてきた時も、声を出してマークの受け渡しをし、相手選手にそのままついていくことはない。ディフェンスの原則も①ボール②味方の位置③相手の位置になる。


しかしマンマークディフェンスにおいては、原則自分が担当する相手にずっと付いていく。ポジションチェンジをしたとしても、マークの受け渡しないのである。相手のサイドバックがサイドハーフを追い越して上がってきたときにも、サイドバック担当の選手がそのままマークについていく。ディフェンスの原則は①ボール②相手の位置③味方の位置になる。


もちろんフィールド10人全てをマンマークすることはなく、最終ラインにリベロを1人残すことが多い。ビエルサのチームも相手が1トップや3トップのときには4バック、相手が2トップのときには3バックを敷く。そして1人がかわされたときに初めてマークの受け渡しをする。つまり余った選手にリベロがつくことでリスクヘッジをするのである。


ただしビエルサのチームにおいてはフォーメーションがあまり意味を持たない。なぜなら相手の動きによってフォーメーションが変化するからである。例えば相手のCBが前線まで上がってきたときには、FWがディフェンスラインまで戻る。そこでマークを受け渡すことはないからである。


もちろんこれにはリスクもある。例えば相手選手に常についていくということは、ディフェンスが苦手な選手がディフェンスラインに入り、オフェンスが苦手な選手が前線に残ることもあり得るからである(もちろんその時には空いても同様のシチュエーションになるが)。これは本当の意味での全員守備・全員攻撃である。ゾーンディフェンスではこのようなことは基本あり得ない。


私は実は小学生の公式戦で一度マンマーク戦術を試したことがある。相手はJ下部組織のU-12だったのだが普通にやっては絶対に勝てない相手である。そこで私がオールマンマーク戦術を用い、1人1人に責任を持たせる守備を課した。実際のところこれは勝ちを目指していたのではなく、J下部組織の相手に自分1人1人の力を試してみてほしいという意味だったのだが、実はこの戦術が見事にはまった。普段ゾーンディフェンスに慣れている相手は、マンマーク戦術にかなりてこずっていた。結果は1-3での敗戦だったが、普通の街クラブがJ下部組織相手にかなり良い試合をしたと思っている。


個人的にマンマーク戦術は特に育成年代に有効だと考えている。まずマンマークをするということは目の前の相手との個人勝負になる。誰かがサボって失点すればその選手の責任であることが明白になり、責任感が身につきやすい。また目の前の相手に負けたくないという気持ちもすごく出てくるだろう。ゾーンディフェンスになるとどうしても責任の所在が不明確になりやすいからである。


また上記のように相手にずっとついていくということは、自動的にいろいろなポジションをやることになる。相手が上がってくればディフェンスになり、下がっていけばオフェンスになる。育成年代においてはいろいろなポジションをやることが有効だといわれているので、マンマーク戦術はぴったりである。


ビエルサはもともと育成年代の監督経験もあるので、このあたりももしかしたら考えているのかもしれない。まだ元日本代表監督のオシム氏もマンツーマンディフェンスを好んでいたが、ジェフの選手がこれによって急激な成長を遂げたことも関係しているのかもしれない。


とはいえ、私も今まではゾーンディフェンスを基本とした戦術を子供たちに教えていた。マンマーク戦術をとったのはJ下部組織相手の試合のみである。これから少し試してみて効果のほどを観察してみたいと思う。
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

ビルドアップ時にフォーメーションを変える?

浦和レッズVS柏レイソルの試合をTVで観戦した。今年のレッズはペトロビッチ監督になり、ポゼッションサッカーを志向したチームに生まれ変わろうとしている。柏レイソルもご存じの通りネルシーニョ監督が率いる昨年優勝チームである。結果はレッズが1-0で勝利したが、内容的にも大変見ごたえのある試合になった。


ペトロビッチ監督といえばサンフレッチェ広島で攻撃的なサッカーを展開し、すごく面白いチームを作った名将である。残念ながらタイトルには縁がなかったが、個人能力がそこまで高くない広島であれだけのサッカーを作り上げたことが評価されている。また、3-6-1というあまり現在では流行しないシステムを使う監督でもある。


レッズにおいても3-6-1をスタートのフォーメーションとしていた。メンバーは以下のとおりである。


GK:加藤
DF:坪井、永田、槇野
MF:平川、阿部、鈴木、梅崎、柏木、原口
FW:デスポトビッチ


とはいえ、ペトロビッチ監督のサッカーにおいてはこのシステムというものが固定されていない。ペトロビッチ監督のサッカーはディフェンスラインから細かいパスをつないでビルドアップしていくのだが、その際にフォーメーションは変化するからである。


まずポゼッションを開始するときには3バックの左右(坪井、槇野)がタッチラインいっぱいまで広がる。そして真ん中のDF(永田)とボランチの一人(阿部もしくは鈴木)がセンターバックのポジションをとり、結果的に4バックのような形になる。


そしてサイドハーフの平川と梅崎は前線まで駆け上がり、FW(デスポトビッチ)と一緒に3トップのような形を作る。結果的には以下のような4-3-3のシステムに早変わりするのである。


GK:加藤
DF:坪井、永田、阿部、槇野
MF:鈴木、柏木、原口
FW:平川、デスポトビッチ、梅崎


しかもここでは終わらない。ビルドアップが成功して相手のゴール前まで近づいてくると、左右のサイドバックのどちらか(坪井もしくは槇野)も攻め上がり、厚みのある攻撃を繰り広げる。結果的に3-4-3のようなシステムになるのである。


GK:加藤
DF:坪井(もしくは槇野)、永田、阿部
MF:鈴木、柏木、原口、槇野(もしくは坪井)
FW:平川、デスポトビッチ、梅崎


このようにビルドアップ時にフォーメーションを変えるというのが現代サッカーでは主流になりつつある。たとえばバルセロナの場合は4-3-3のシステムから始めるが、ビルドアップ時には両サイドバックが攻め上げリ、センターバックの間にボランチが引いてきて、3バックのような形を作る。


このようにビルドアップ時にフォーメーションを変えることが流行しているのは、そうすることでマークを外すことを目的としているからだろう。通常3バックの左右は上がってくることがないので、相手はマークを決めてないことが多い。しかしフォーメーションを変えて3バックの左右が上がってくることで、相手はマークを受け渡さざるを得なくなる。この受け渡しのタイミングを狙って縦パスを入れるのである。


いずれにせよこの試合の浦和レッズはとても良い試合をしていたのは間違いない。タレントもそろっているので、それをどのようにまとめられるのかがペトロビッチ監督の手腕が問われるところだろう。今シーズン注目のチームであることは間違いない。


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

『サッカークリニック2012年4月号』


『サッカークリニック2012年4月号』を読んだ。今回のテーマは「ボールを回すだけでは意味がない!」である。つまり効果的なビルドアップというものはどういうものなのかということある。近年バルセロナのようなボールをつなぐサッカーを志向するチームが多いが、どうしてもボールを回すだけになってしまう傾向がある。まずはバルセロナのビルドアップはなぜ効果的なのかをしっかりと考える必要がある。以下内容を引用する。


・全員を集めて「ああしろ」「こうしろ」と私が言うのではなく、1人の選手に「さっきのプレー、俺はこう思うんだよね?そうじゃない?」と伝える。そうすると同じシチュエーションになったときにその選手の口から「こうしようよ」ということが自然と口をついて出るのです。

・自力で解決することが理想ではありますが、選手同士のコーチングも効果があるのは事実です。ただし、すべてのプレーに対して指導者が「右」「左」「シュート」などとコーチングをするのはナンセンスです。

・ビルドアップの基本陣形
センターバックの選手が左右へ広がり、サイドバックは高いポジションへと移動する。逆台形のような陣形にする。さらにセンターハーフが逆台形の中へポジションを下げ、パスを受けられるようにする。

・私は指導者には3種類あると思っています。1つは「技術練習ばかりし、「ああしろ」「こうしろ」とプレーを押し付ける指導者」。2つ目は「技術練習ばかりで、試合では選手任せ」。私が真の指導者だと思うのは、「技術を教えつつ、その使いどころも教えていく」指導が出来る人です。

・指導者の最大の失敗は、選手から成長の可能性を奪うことだと思います。

・若い指導者が犯す失敗の多くは、準備不足によると私は思います。それと勢いだけで結果を得ようとする考え方でしょうか。

・4対4を重視しているのはオランダサッカーの特徴と言っていいでしょう。オランダほど、あるいはそれ以上に4対4を重視している国があるという話は聞いたことがありません。

・数日、日本の練習を見学し、オランダと日本の大きな違いを1つ感じました。それは、練習自体の量が多く、しかもフィジカル向上に割く時間が多いことです。

・人間とは忘れる生き物。ですから繰り返し練習する必要があるのです。そして成長することにより自動的に、意識しなくてもできるようになってきます。逆に言えばそこまで練習しないとダメなのです。


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。