スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8人制の弊害


今年からU-12も8人制サッカーになる。今までは3,4年生までは8人制、5,6年生からは11人制という決まりだったが、今後は日本サッカー協会のほうで8人制を推奨していくらしい。


8人制になると何が変わるのか?
以下にメリット・デメリットを書いてみることにする。


■メリット
・一人ひとりがボールに触る回数が増える
・一人ひとりの運動量が増える
・攻守の切り替えが早くなる
・ゴール前の攻防が多くなる
・シュートの数が多くなる
・GKもフィールドに参加する必要がある


■デメリット
・8人制の戦術が良くわからない
・個人の能力が勝敗を決定する
・選手を集めているクラブチームなどには勝つのが難しくなる
・単純に3人出れない選手が出る



私自身は8人制でも11人制でもどちらでも良いと考えている。今まで11人制でやっていたため少し違和感があるが、もともと練習の最後のゲームでは8人制でやっていた。ただ公式戦が8人制になることによって一番問題なのは、単純に試合に出れる選手が3人減るということである。


もともと日本サッカー協会では8人制にするにあたって、選手の出場形式のガイドラインを決めていた気がする。確か前半後半という形式ではなく、○分×3本のような形式で全員が試合に出れるような形をモデルとしていた。しかしそれが現場に落ちてきているとは思えない。おそらくこのままでは今までと同じような試合形式で、単純に3人が出場できないことになるだろう。


これでは本末転倒である。8人制にして一人ひとりがボールを触る回数を増やすというのが目的なのに、出場できない3人はそもそもボールに触ることが出来ない。このままでは単純にグラウンドの外で見学する人数が増えるだけである。これでは8人制にする弊害のほうが多い気がする。


もしくは1チームがA、Bのような形で2チーム出すことを前提とするという方法もあるが、そのためには最低16人の選手がいなければならない。少子化において1学年16人集められるチームはなかなかないだろう。


とはいえ日本サッカー協会も今後の日本サッカーを強くするためにいろいろな工夫をしていることはわかる。しかしそれが本当に結果につながるのは10年後、20年後ぐらいだろう。そこまではいろいろな弊害が出てくると思うが、一つ一つ解決していってほしい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

読んでくれてありがとう!
8人制で常盤台とかだとどうなるんだろうね笑

No title

いえいえv-10

育成年代から、11人制のシステム、ポディショニングに慣れておいたほうが、
プラスになるとおもうんですが。。。。

Re: No title

なるほど。ただ教えているほうからすると、試合中に一人ひとりに指示は出しやすかったりするよ。11人全員を試合中に見ることは不可能だから。またU-18の国際試合でも8人制をやったりしているらしい。ゴール前の攻防が多くなったことによって、決定力不足の日本代表FWを鍛えるみたいだけど。どうだろうね。やっている選手の好みも有りそうだしね。

No title

やっぱりシステムへの順応よりも個人のスキルを
あげるほうが優先なんでしょうかねv-12

ありがとうございました
次の記事もたのしみにしてますv-10
Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。