スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルセロナVSマンチェスターU【チャンピオンズリーグ】


チャンピオンズリーグ決勝バルセロナVSマンチェスターUを見た。結果は皆さんご存知のようにバルセロナが3-1で勝利した。見た人はわかると思うが、内容はバルセロナの完勝で、マンチェスターUの勝てる要素はほとんどなかった(TVでは盛り上げるために、マンチェスターUが互角に戦っているということを強調していたが・・・)


まずマンチェスターUに関してだが、今回はかなり対策を練ってきたようである。ファーガソンも選手も2年前の雪辱を果たそうとかなりの気合が入っていた。しかしそれにもかかわらずほとんど歯が立たなかったのは、かなりショックが大きいだろう。表彰式の際のファーガソンの表情がそれを物語っていた。


今回私が気になったのはベルバトフが出場しなかったことである。怪我でもあったのかわからないが、ベンチにも入っていなかった。その代わりにスタメンはルーニーとエルナンデス、そしてベンチにはオーウェンが入っていた。


おそらくファーガソンは相手のセンターバックにプレッシャーをかけるために動けるフォワードを選んだのだろう。ベルバトフはそこまで守備をしないし、動きの良いエルナンデスを選んだほうが守備のときのメリットが大きい。これには私も納得するところがある。


しかしその代わりに攻撃の部分では全く歯が立たなかった。エルナンデスは最近売り出し中といってもまだワールドクラスの選手ではない。マークが全てルーニーに集中してしまい、ルーニーが前を向いてプレーできる時間が少なかった。またボールポゼッションではバルセロナが多くなったため、必然的にマンチェスターUはロングボールが多くなった。しかしエルナンデスはロングボールの処理が得意ではない。


この問題を解決するためにはベルバトフを前線に置くしかない。ベルバトフのロングボール、特に浮きだまの処理は超一流である。しかもその後のボールキープも出来る。ベルバトフを1トップにおいてその下にルーニーをおいたほうが、カウンターやロングボールが効果的に機能したのではないかと思う。


では前線からの守備はどうするのか。正直言ってそこはあきらめるしかない。というよりも、今回ルーニー、エルナンデスで守備をしたところで、前線でボールを取れる回数は少なかった。なぜならセンターバックにはピケとマスケラーノが入っていたからである。


今回バルセロナが勝てた要因としてマスケラーノの存在は大きい。マスケラーノがセンターバックにいることで、バルセロナはディフェンスラインからボールを回すことができるようになった。プジョルがいたときにはそこがボール回しの穴だった。プジョルは周りの選手と比べて足元の技術がないので、すぐにシャビやイニエスタにボールを預けるしかないからである。しかし今回マスケラーノがそこに入ったことによって、ディフェンスラインからのボールの展開がさらにスムーズになった。よってルーニーやエルナンデスがボールを追っても取れなかったのである。


もともとマスケラーノはボランチの選手である。バルセロナがマスケラーノを獲得したときには「何のために?」と思ったが、まさかセンターバックで使うとは思っていなかった。これはザッケローニが今野をセンターバックで使い、ビルドアップに使っているのと同じである。


おそらくファーガソンはセンターバックはピケとプジョルで来ると思っていたのだろう。プジョルの足元の技術の低さを狙ってエルナンデスをそこにぶつけ、またプジョルはスピードもないので、エルナンデスのスピードで打開しようとした。しかしマスケラーノがスタメンだったことでそのプランが崩れた。しかもベンチにはベルバトフではなくオーウェンが入っている。エルナンデスに変えてオーウェンを入れたところで何も変わることはない。万事休すである。


かといってベルバトフを入れていたところでバルセロナに勝てていたかどうかはわからない。メッシをどうやって止めるのかという肝心な問題が解決されていないからである。これは私自身も答えがない。マンツーマンで密着マークをするという方法もあるが、それをかわしてしまうのがメッシである。どのチームがバルセロナを止めるのか、誰がメッシを止めるのか、その答えは誰が見つけるのだろう。今回ファーガソンでは駄目だということがわかった。後はモウリーニョただ一人しかいない。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

僕のなかのmvpは、 
マンUはパクチソン
バルサはやっぱメッシ!!

パクチソンは攻撃もそうだけど、やっぱ守備!
攻守の切り替えがめっちゃ速かった

メッシは2列目まで下りて組み立てに参加してゴール前でも活躍していたv-10

No title

パクチソンの良いところは変にスルーパスやキラーパスを出さないところだね。簡単に近くの選手にパスをして、自分が走る。自分の強み・弱みをしっかり理解している。

2年前のチャンピオンズリーグもそうだけど、メッシが2列目まで下がってきたときに、マンUのディフェンスラインはついてこなかったね。あえてついていかなかったと思うんだけど、そうなるとメッシ、シャビ、イニエスタVSギグス、キャリックの戦いになり、人数的に不利になる。これを防ぐためにはアンカーを一人置いて、3対3の人数日にするしかない。その分攻撃の枚数は減るけど。モウリーニョがエル・クラシコでペペをアンカーにおいていたのと同じように。まあ退場したけど。

No title

個人的には、センターバックの選手をアンカーやボランチに置くのはすきじゃないかも。
相手に主導権を握られることを前提にゲームにはいるってゆうか、、、
結果はついてくるんだろうケド、1位にはなれないと思う。

Re: No title

確かにね。
ただバルセロナ相手になると、ボールをもたれることを前提に考えるしかないんだろうね。
ボールを持っていなくても主導権を持つことが出来るという点はサッカーの面白いところではあるけどね。
Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。