スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「成功」の反対語は「失敗」ではない?


「アジアカップ初戦のヨルダン戦のキックオフ前、スタジアムに早く着きすぎたこともあって、ロッカールームで笑いながら話をする選手もいた。ザッケローニ監督は「ヨーロッパではありえない」と爆発しそうになったが、黙って耐え、そのまま選手をピッチに送り出した。結果は1対1の引き分け。最悪に近いスタートになってしまった。試合後、諭すように監督は言った。「オマエたち試合に臨む準備が本当に出来ていたか?」以降、試合前のロッカールームで笑い声が漏れることはなかった」(『Number』6/23)


これを読むだけでもザッケローニ監督がヨーロッパトップリーグを率いてきただけの実力があることがわかる。おそらく多くの監督はこのことが出来ない。試合前にロッカールームで談笑している選手がいたら、その時点で怒ってしまうからである。


しかもアジアカップ初戦の話である。アジアカップは日本代表にとっても大事な大会であり、ザッケローニの実力を日本中のサッカーファンが観察する機会である。もし負けでもしたらマスコミにたたかれ、ザッケローニへの信頼が下がっても仕方がない試合である。


それにも関わらずザッケローニはこのようなことが出来る。まさにACミランやユベントスといったビッククラブで戦ってきたメンタルの強さがにじみ出ている。セリエAのチームはファンの目が世界一厳しい。3連敗しただけで監督の首が飛ぶリーグである。そこで戦ってきた経験があるからこそ、負けるかもしれないというリスクを負いながらも、選手たちに大切なことを気づかせることが出来る。


サッカーの監督や企業のマネージャー職の人は特に覚えておかないといけないことが一つある。それは選手や部下を成長させるために一番必要なのは失敗させることであるということである。この場合がまさにそうであるように、選手たちには出来るだけ大きな失敗をさせなければならない。出来れば一生頭の片隅に残るような失敗をである。


なぜなら人間は失敗をして初めて本気になるからである。日本代表がロッカールームで笑わなくなったように、部下も失敗をして初めて意識が変わる。ヨーロッパでは優秀なディフェンダーになるためには、まず自分のミスで50失点以上しなければならないといわれている。それだけの失敗を頭に刻んでおきことによって、初めて経験豊かなディフェンダーになることが出来る。


多くの人は意識していないようだが、「成功」の反対語は「失敗」ではない。「成功」と「失敗」は同義語である。なぜなら「失敗」を何度も繰り返すことによって、最終的には「成功」するからである。後から考えたときに「あのときの失敗があったからこそ今成功できたんだ」と思えたら、その失敗は成功といってよい。


では「成功」の反対語は何かというと、「挑戦しないこと」である。挑戦をしなければ、「成功」も「失敗」も生まれない。よって監督やマネージャーは、選手や部下が失敗する機会を奪ってはいけない。場合によっては今回のザッケローニのように、あえて失敗させて選手に気づかせるという方法も必要である。もちろんリスクは自分自身でとる必要があるが、それが出来てこそ本当に優秀な監督・マネージャーになることが出来るのである。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

その失敗を大舞台アジアカップでさせるべきだったんですかね?
ほとんどの試合をぎりぎりで勝って、結果的に優勝したからよかったけど
リスクがた高すぎますよね・・・。

Re: No title

難しいところだね。初戦でザックが我慢したからこそ、その後選手が自主的に集中して、厳しい試合もモノにできたという考え方もあるからね。結局は結果論になってしまうんだな。

はじめまして

はじめまして、ぶぅと申します。

とても考えさせられました。

「成功」の反対語は何かというと、「挑戦しないこと」である。という部分が
特に印象的で、仰るとおりだと感じました。

失敗を恐れて、挑戦しないことがありますが、
やはり、それはとても勿体無いことですね。

よくよく自分に問いかけてみようと思います。
また、お邪魔させて頂きます^^

Re: はじめまして

コメントありがとうございます。
なかなかそれに気がつくまでには時間がかかりますよね。
実際に経験をしてからでないとわからないことかもしれません。
Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。