スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカークリニック7月号

サッカークリニック7月号を読んだ。今回のテーマは「スペースを作り、スペースを狙う」である。これも指導者にとってはとても教えにくいテーマだろう。「スペースを狙え!」とは良く言うが、それを意図的に作って狙うというところまで落とし込んで考えている指導者は多くない。以下引用する。


・スペースを見つけるときに大切なのは「人がいないからスペース」ではなく、「前を向いてボールをもらえるスペース」を意識して探すこと。クサビを入れるにしても、真後ろからではなく、斜めからそうすることで、ゴールを視野に入れられます

・ボールを持ったサイドバックがプレッシャーをかけられたとします。このとき、サイドハーフもフォワードもボールを受けに降りてくると、むしろスペースが狭くなって、ボールを失ってしまいます。
⇒間に合わなくても裏を狙えば、そのアクションによって相手も下がるし、スペースも生まれる

・選手が常に状況に適応し、時間的前後関係や、現象の背景で起こっていることに常に対処し続ける形式のトレーニング

・バルセロナでは12歳からかなり系統立った形でスペース感覚を教えている。ただし、彼等がすでにしっかりとした技術を持っていることを忘れてはならない

・フランスの育成年代において、かつてはドリルトレーニングのような相手選手のいない練習が多い時期もあったが、現在は対人形式のものをメインとしている

・ボールをもらう意識を高めるために有効だと考えているのが、フリーキックのリスタートを早くすることです。フェナティコスでは、フリーキックの際に助走をつけてキックせず、ファウルを受けた直後に再開するようにしています

・パサーはレシーバーの名前を呼んでパスを出し、レシーバーはパサーの名前を言ってパスを受けます。こうすることによって、徐々にタイミングがわかってきます

・日本の育成現場、特にジュニア世代の指導者の方は幅についてのアドバイスが多いようですが、奥行きについてはそれほどアドバイスをしていないように感じる

・「ディフェンスラインを上げよう」とアドバイスしたときに、なぜラインを押し上げるのかを理解できない選手が非常に多い

・育成年代では「チャレンジ&カバー」を徹底して味方のサポートを待つ、あるいは数的優位な状況を作ることにこだわりすぎず、「チャレンジ&エラー」を繰り返して1対1の強さやこの能力を伸ばしていく考え方も大切にすべき

・うちは去年から筋力トレーニングをやめました。バーベルなどを用いて体に負荷をかけることが、今の状況ではふさわしくないと感じたからです。そうしたらこれまでたくさん出ていたケガ人が一気に減りました

・TFCでは対人形式の練習を基本とし、そのうえでいろいろな状況設定を加えていきます。その中でボールコントロールやドリブルといった技術を磨くのです

・チームディフェンスの基本的な考え方
1.数的優位を作ること
2.ボールサイドの選手がプレッシャーをかけ、逆サイドは絞ってカバーリングすること
3.相手に有効なスペースを与えないこと
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。