スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカークリニック10月号


サッカークリニック10月を読んだ。今回の特集は「充実トレーニング」である。トレーニングは量よりも質であり、いかに集中したトレーニングを行うかが重要である。


・指導者は試合の結果によって選手を評価するのではなく、日々の練習によって評価すべき

・われわれはよく「世界標準」と言いますが、ブラジルには「世界標準」という言葉はないと思います。なぜなら日常が”世界”だからです。

・8歳という年齢はサッカーの戦術理解を深めるためのスタートポイントに適している

・「私語厳禁」とは言いませんが、可能な限り無駄話がない状態が良いトレーニングには欠かせない環境です。選手が声を出すときには、的確なコーチングを行うためというのが理想です。

・練習と練習の合間も短縮し、最長でも2分程度にしたい。それ以上に時間を費やすと、選手の集中力は低下する

・トレーニングで求めるべきは量ではなく質です

・ピッチサイズの決定は、指導者の仕事であり義務です。厳しい表現かもしれませんが、そのサイズを他人に決めてもらおうとするのは、自分が指導している選手のレベルを正確に把握していないことを露呈しているようなものです

・「勝敗は関係ない」と指導者が考えていると、子供たちはそれを敏感に感じとります。ですから私も、指導者が勝利を目指す姿勢は大事だと思いますし、、子供たち自身が「勝ちたい」と思うように導くべきだと思います

・久御山高校のトレーニング
1.ウォームアップ
2.4対2、5対2
3.3対3+フリーマン
4.7対7
5.11対11

・素走りはほとんどしません。ボールを使ったトレーニングでも、十分に走力や持久力が養えると思います。もちろん怪我が多くては選手として大成しませんから、外部のトレーナーに方に体幹を鍛えるトレーニングは指導してもらっています

・理想は実戦形式の中で「今のはこっちに出すべきじゃない?」「今はドリブルじゃなくてパスだろう?」と選手同士で指摘し合えるようになること

・僕はウォーミングアップをやらずにいきなり激しい1対1、4対4などをやらせます。もしそこで怪我をしたらそれは選手の意識の問題。最初から戦う姿勢を持って練習に入らせるための工夫です

・引き出し自体を子供たちが持っていないと何も引き出せません。つまり、ただ待っているだけでは何も出てこないことがあり得るのです

・多くの子供は小さいころまずはテクニックを学ぶことから始めます。でも実際はテクニックと状況判断、決定、実行はきっても切り離せないものです。そういう意味でもサッカーを始めた段階からテクニックと状況判断、決定、実行を同時にトレーニングする必要があると思います

・日本のチームや選手を見ていると、監督やコーチの話をよく聞いています。個人的には、選手同士が話し合うべきだと思うのですが、円陣を組んで指導者の話を聞いているほうが多い印象です。特にハーフタイムは選手同士で話したほうがよいのではありませんか。

・1つの練習セッションは1つのテーマで行うべきです。テーマの異なる練習をいくつも入れたメニュー構成では、ある練習が、試合の中でどのように生きるのかを想像するのが簡単ではありません

・エクアドルのプロリーグでは18歳以下の選手を必ず1人起用し、しかも45分間出場させないといけないことです
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。