スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FCバルセロナの人材育成術


『FCバルセロナの人材育成術』を読んだ。サッカーの棚に置いてあるのではなく、ビジネス本のところに置いてあったので、探す場合はビジネスの棚も見てみると良い。内容はFCバルセロナの人材育成術について、数多くのスタッフ、監督にインタビューしたものをまとめたものである。


おそらく育成年代の指導者にとって「勝利か育成か」という問題は常に付きまとうだろう。勝利を求めすぎると下手な子が試合に出れなくなってしまうし、下手な子を試合に出すと勝てなくなってしまう。このようなジレンマを抱えているコーチは多いと思う。


しかしこのジレンマを解消しているチームがある。それがFCバルセロナである。バルセロナは世界でNo1のチームでありながら、その選手の多くはカンテラ、つまりバルセロナユースの出身である。世界で一番強くて育成も上手なチームがバルセロナなのである。


結論から言うと「勝利か育成か」という問いかけに対する答えはこの本には書いてない。なぜならインタビューアーによってもこの答えは違うからである。著者は育成がメインだと主張しているが、何人かのインタビューアーは勝利こそがメインだと言っている。またバルセロナの育成システムも、勝てなければコーチはクビになるし、選手も1年ごとに契約更新となっている。意外と短期的に結果を求める部分がある。


たださすがに世界No1のチームだけあって、育成スタッフがしっかりとしていると感じられる部分が多い。1人1人の育成スタッフの意見はそれぞれ異なるが、それぞれにしっかりとした理論があり、経験が感じられる。この中から自分の模範とすべきローモデルを探すこともできるだろう。


以下内容を引用する。


・指導者にとって第一の使命は少年たちの総合的な教育であり、良いサッカー選手になるよう指導することは2番目だ。

・監督と選手の対話は必要ないと考える監督は多い。ヒエラルキーを示す必要があると思っているのだ。「俺が命令するから、お前は従え」というわけだ。だが、これは違うと私は思う。日々の言動によって尊敬を勝ち取ることこそが、重要なのだ。必要とあれば、きちんと選手と面と向かって対話の場を持ち、率直にうそをつかずに向き合うべきだ。

・また、チームの一員のようになるべきだと考える監督もいる。これも間違っている。全選手の友達になることは不可能だ。監督は常識的な行動をとることを心がけ、各選手を一人の人として尊重し、そして、きっぱりとした態度で選手と向き合うべきだ。親は自分の子供を深く愛していても、叱るべき時は叱りつけるものだ。それは監督も変わらない。

・当然のことだが、選手は指導者から大きな心理的影響を受ける。だからこそ、選手の心のバランスを維持したり、選手に考える機会を与えたりするために、バランサー(バランスを維持する装置)の役割を担う指導が効果を発揮する。傲慢には謙遜を。不安には信頼を。3点ゴールを決めれば、ベンチに座らせる。PKを失敗したら、次のPKも蹴らせてみる。

・親がでしゃばらなくても、プロ選手になるべき選手はプロになるものだ。

・私たち親は、子供の幼少時代を最大限に延ばし、子供がずっと子供らしくいられるようにしてあげなければならない。

・競争心は選手の成長には絶対に欠かせない。しかし、「競争をするからといって常に勝たなければならないわけではない」というのがポイントである。競争することが大事なのであり、勝敗はまた別の話なのである。

・最も重要なのは、競争することを学ぶことにある。競争することを学ぶということは、勝利することを学ぶとことであり、そして何よりも、負けることを学ぶことを意味している。

・私はいつも選手たちに「試合に負けて悔しがるのはいいし、それは自然なことだが、それはシャワーを浴びるまでにしなさい」と教えている。

・アメリカでは教育の中にしっかりスポーツが組み込まれており、スポーツをする時間が十分確保されている。

・プロサッカー選手の道に進もうと思っている若者には、勉強をやめないよう忠告したい。将来役立つ知識は、学んでおくべきだからね。勉強すると仲間意識が強まり、人の話を聞くようになる。どんなスポーツ選手にとっても、勉強はとても大事なことだよ。


FCバルセロナの人材育成術FCバルセロナの人材育成術
(2011/10/04)
アルベルト・プッチ・オルトネーダ

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。