スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教えないことこそがコーチング


中日ドラゴンズの落合監督が今年で辞めるようである。セリーグで優勝して日本シリーズに進出したにも関わらず辞任というのはもったいないような気がするが、ガンバの西野監督と同じように、いずれはこのようなタイミングが来るのが監督の宿命である。


落合監督は野球の監督だが、指導やコーチングという面で参考になる部分が多い。落合監督の指導で有名なのは、監督/コーチが選手に指導をすることをやめたということである。


このように書くと語弊があるかもしれないが、中日ドラゴンズでは基本的に監督、コーチが選手に自分から指導することはない。もちろん選手が自分からプレーについて聞きにきたときには真摯に答えるが、それ以外は選手を見ているだけである。


一般的に、指導熱心なコーチは選手に自分から声をかけてプレーについてのアドバイスをする人だと考えられている。しかし実際に選手の立場から考えると、必ずしもそのようなコーチが良いわけではない。いちいち自分のプレーに関渉してくるのが面倒くさいと思う選手もいるのである。


おそらく落合監督に言い分はこうである。


プロ野球になるくらいの選手であればある程度自分の感覚というものを持っている。それを監督/コーチに指摘されてしまうと、自分の感覚、フォームというものを崩してしまう可能性がある。よってその部分は自分で考えて努力するべきである。また、本当に上手くなりたいと思っている選手であれば、必要なときに自分から指導を請うはずである。よってあえて監督/コーチから声をかける必要はない。


おそらく野球とサッカーでは少し違う部分もあるかもしれないが、コーチングというものは本来そういうものである。基本は選手自らが考えてプレー、練習をする。そして本当に必要なときだけアドバイスをする。これが選手を伸ばす秘訣である。


私もたまにこれと同じようなことをする。試合中に調子が悪い子供がいて選手交代をしたときに、あえてその子供には交代した理由を話さない。そしてなぜ自分が交代させられたのかを考えさせるのである。交代させた理由をいちいち説明していると、子供たちがその説明を待つようになる。そして最終的にはコーチの言ったことだけを聞いていて何も考えない選手になってしまう。


とはいえ小学生年代の子供たちに落合監督のような指導をすると、子供たちのモチベーションがあがらない可能性もある(無視されていると感じてしまう可能性もあるため)。その辺のバランスが難しいところである。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。