スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

技術的なミスは叱らない


サッカーはミスをするスポーツである。このことは多くの人が知っている。しかし実際に子供たちがミスをすると、どうしても叱りたくなる。「何でそんなミスをするんだ!」「丁寧にやれ!」「そんな簡単なことも出来ないのか!」こんな言葉を聞いたことがある人は多いだろう。


しかし一流の指導者ほどこのような言葉を発することはない。一流の監督は技術的なミスに関しては全く怒らない。なぜなら技術的なミスはどうしても起こってしまうことだからである。しかし戦術的なミス、例えばポジショニング、集中力、事前の準備などについては徹底的に修正をかける。


2011年に柏レイソルをJ1優勝に導いたネルシーニョ監督はその意味でまさに一流の監督である。『ネルシーニョ すべては勝利のために』には次のように書かれている。


「無論、”防げるミス”に関しては、容赦なく指摘の声が飛ぶ。気の緩みからプレーが”軽く”なったり、しかるべき動きをしていない選手には容赦なく注意する。しかし、基本技術のミスについて怒ることはほとんどない。「できないことをやれ」と言うことはないし、「こんなこともできないのなら、やめてしまえ」などと叫ぶことはない。技術的なミスに関しては、それほど叱咤することはないのだ」(p28)


私もこれについては同じ意見で、技術的なミスに関してはほとんど怒らないようにしている。ただ、明らかに集中力が切れていて、それに付随したミスに関しては叱咤すようにしている。逆に戦術的な指示については細かく何度も指示を出す。ラインの上げ下げ、中盤のプレッシング、チームの約束事にかなしては、守らなかった選手を厳しく追及する。あくまでもサッカーはチームスポーツだからである。


また、私がもう一つ気をつけていることがある。それは”ボールを持った選手には指示を出さない”ということである。よく指導者に多いのが「ここに出せ!」「突破しろ!」「キープ!」といった指示をボールを持っている選手に出すことである。もちろんこれは悪いことではないのかもしれないが、個人的には選手の選択肢を狭めるという意味でやらないようにしている。サッカーはボールを持った選手が主人公であり、主人公こそが次の行動を判断するべきだからである。


サッカーは規律と個性をいかに両立させるかが重要なスポーツである。私個人の意見で言えば、規律の面は戦術、個性については技術が相当すると考えている。よって戦術に関しては厳しく指摘をし、技術に関しては出来るだけ指摘をしない(もちろんたまに熱くなってしまうときもあるが、、、)。皆さんはどうお考えだろうか。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。