スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビルドアップ時にフォーメーションを変える?

浦和レッズVS柏レイソルの試合をTVで観戦した。今年のレッズはペトロビッチ監督になり、ポゼッションサッカーを志向したチームに生まれ変わろうとしている。柏レイソルもご存じの通りネルシーニョ監督が率いる昨年優勝チームである。結果はレッズが1-0で勝利したが、内容的にも大変見ごたえのある試合になった。


ペトロビッチ監督といえばサンフレッチェ広島で攻撃的なサッカーを展開し、すごく面白いチームを作った名将である。残念ながらタイトルには縁がなかったが、個人能力がそこまで高くない広島であれだけのサッカーを作り上げたことが評価されている。また、3-6-1というあまり現在では流行しないシステムを使う監督でもある。


レッズにおいても3-6-1をスタートのフォーメーションとしていた。メンバーは以下のとおりである。


GK:加藤
DF:坪井、永田、槇野
MF:平川、阿部、鈴木、梅崎、柏木、原口
FW:デスポトビッチ


とはいえ、ペトロビッチ監督のサッカーにおいてはこのシステムというものが固定されていない。ペトロビッチ監督のサッカーはディフェンスラインから細かいパスをつないでビルドアップしていくのだが、その際にフォーメーションは変化するからである。


まずポゼッションを開始するときには3バックの左右(坪井、槇野)がタッチラインいっぱいまで広がる。そして真ん中のDF(永田)とボランチの一人(阿部もしくは鈴木)がセンターバックのポジションをとり、結果的に4バックのような形になる。


そしてサイドハーフの平川と梅崎は前線まで駆け上がり、FW(デスポトビッチ)と一緒に3トップのような形を作る。結果的には以下のような4-3-3のシステムに早変わりするのである。


GK:加藤
DF:坪井、永田、阿部、槇野
MF:鈴木、柏木、原口
FW:平川、デスポトビッチ、梅崎


しかもここでは終わらない。ビルドアップが成功して相手のゴール前まで近づいてくると、左右のサイドバックのどちらか(坪井もしくは槇野)も攻め上がり、厚みのある攻撃を繰り広げる。結果的に3-4-3のようなシステムになるのである。


GK:加藤
DF:坪井(もしくは槇野)、永田、阿部
MF:鈴木、柏木、原口、槇野(もしくは坪井)
FW:平川、デスポトビッチ、梅崎


このようにビルドアップ時にフォーメーションを変えるというのが現代サッカーでは主流になりつつある。たとえばバルセロナの場合は4-3-3のシステムから始めるが、ビルドアップ時には両サイドバックが攻め上げリ、センターバックの間にボランチが引いてきて、3バックのような形を作る。


このようにビルドアップ時にフォーメーションを変えることが流行しているのは、そうすることでマークを外すことを目的としているからだろう。通常3バックの左右は上がってくることがないので、相手はマークを決めてないことが多い。しかしフォーメーションを変えて3バックの左右が上がってくることで、相手はマークを受け渡さざるを得なくなる。この受け渡しのタイミングを狙って縦パスを入れるのである。


いずれにせよこの試合の浦和レッズはとても良い試合をしていたのは間違いない。タレントもそろっているので、それをどのようにまとめられるのかがペトロビッチ監督の手腕が問われるところだろう。今シーズン注目のチームであることは間違いない。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。