スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼ごっこをWarm-upに取り入れる!


私のチームではたびたび鬼ごっこをWarm-upに取り入れている。というのも、鬼ごっこは相手との駆け引きを磨くのに最適で、それと同時にコーディネーション能力も磨くことができるからである。


最近の子供やあまり外で遊ばないという話を聞く。実態はどうなのかわからないが、もしそれが本当なのであれば、外で鬼ごっこやドロケイをやる回数も少なくなっているはずである。昔の子供は遊びの中で鬼ごっこやドロケイをやり、相手との駆け引きを身に着けていた(という話を良く聞くが実態はわからない)。本当に外で鬼ごっこをやる回数が少なくなっているのであれば、サッカーのWarm-upに鬼ごっこのようなトレーニングを入れるのは効果的である。


まずサッカーは相手との駆け引きのスポーツである。いかに相手の裏をかいてマークを外すか、相手の逆を取るかというのが重要なファクターになる。これは指導者が教えて身につくこともあれば、遊びの中で子供たちが自然に身に着けることもある。いわゆる日本のサッカーに足りないといわれる(これも実態はわからないが)マリーシアを身につける必要があるのである。


現代サッカーではボールを長い間持つためのスペースや時間はほとんどない。しかし上手な選手はそのスペースや時間を自分で作り出すことができる。例えばメッシについては、試合中意識的にその場に止まることによって、周りのプレーヤーとは違う次元に身を置くことができる。周りのプレーヤーはせかせか動いている中メッシはその場にとどまるので、ほんの少しだけずれが生まれるのである。そしてボールが来る時にはほんの少しだけの時間とスペースを確保することができる。


このような駆け引きは指導者が教えられることではない。あくまでも遊びの中で自分の感覚として身につけるテクニックだろう。そういう意味で、鬼ごっこはそのような駆け引きを身につけるのに最適なトレーニングだと思っている。


また、コーディネーショントレーニングというと、ラダーやミニハードルなどが有名だが、それだけでは足りない部分もある。前日本代表監督のオシム氏は、ラダーやミニハードルに懐疑的だったようである。実際のサッカーでは相手がいてそれに対して細かく足を動かすのに、最初から動き方が固定されいるトレーニングをやっても意味がないというのがその意図だったらしい。個人的にはラダーやミニハードルも大事だと思っているが、それに加えて鬼ごっこを入れてあげると、相手に合わせた足の運び方、細かい動きができるようになると思う。


鬼ごっこの種類は何でもよい。手つなぎ鬼でも良いし、ドロケイでも良い。もしかしたら子供たちに聞いてみたほうが、いろいろなアイディアが生まれるかもしれないし、その方が子供たちのモチベーションも上がるだろう。是非Warm-upの時間に少しだけでも鬼ごっこの時間を入れてみてほしい。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。