スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『欧州サッカー名将への挑戦状』


小宮良之氏+ヘスス・スアレス氏の共著『欧州サッカー名将への挑戦状』第2弾を読んだ。前作でもスアレス氏の毒舌振りが炸裂していたが、本作も同様である。彼独自の視点で欧州サッカーの名将を分析している。今回は下記監督がターゲットとなっている。


・ジョゼ・モウリーニョ
・マヌエル・ペジェグリーニ
・チェザーレ・ブランデッリ
・ヨーゼフ・ユップ・ハインケス
・ローラン・ブラン
・ディエゴ・シメオネ
・ヨアヒム・レーヴ
・アンドレ・ビラス・ボアス
・マルセロ・ビエルサ
・ジョゼップ・グアルディオラ


読めばわかると思うが著者はボールポゼッションサッカーが大好きである。よって必然的に上記監督の中でも、ボールポゼッションを中心とした戦術を取る監督のことを賞賛している。その中でも著者の友人であるジョゼップ・グアルディオラに心酔しており、必然的にその対抗馬として語られることの多いジョゼ・モウリーニョを痛烈に批判している。


ただしグアルディオラに対しても戦術上、采配上の批判をしっかりとしている部分は良い。あくまでも著者はサッカーライターであり、バルサ信者でもグアルディオラ信者でもない。ただ文章が強烈なので、普通に読んでしまうとそのように感じることもあるだろう。


モウリーニョに対しても、ポルト以前のモウリーニョに対しては賞賛をしている。なぜならポルト以前のモウリーニョはポゼッション重視の攻撃サッカーを基調としていたからである。しかしチェルシー、インテル、レアル・マドリードと勝利を求められるクラブに渡っていくにつれて、サッカースタイルがディフェンシブかつカウンター中心になったと批判している。


著者はアレックス・ファーガソンについては、「殿堂入り」として前作に続き記述をしていない。しかし個人的に思うのは、アレックス・ファーガソンについて記述をするのが難しいと感じているのではないだろうか。


アレックス・ファーガソンはマンチェスター・ユナイテッドで20年以上指揮を執っており、毎年少しずつ目指すサッカーを変化させている。例えば今年においては日本代表の香川を獲得したことにより、より細かいスペースでのボール運びを攻撃戦術に組み入れようとしている。これは「低いブロックを作って守備をする相手をどう崩すのか?」という近年の戦術の流れを上手く反映している。


アレックス・ファーガソンのサッカーはボールポゼッションを中心としているわけでも、ディフェンスを固めてブロックを作ってカウンターを中心とするサッカーでもない。アレックス・ファーガソンの関心ごとは試合に勝つこと、そして意外と語られないのが選手を育成することにある。よって攻撃のスタイルはポゼッションもあればショートカウンターもあり、またセットプレーもある。ディフェンスもオールコートのハイプレスもあれば、ブロックを作ってのプレッシングもある。その時々に応じて変化させられるのがアレックス・ファーガソン率いるマンチェスター・ユナイテッドなのである。


おそらく著者が第3作目を出すのであればアレックス・ファーガソン抜きにしては成り立たないだろう。ある程度この2作で著者が言いたいことはわかってしまった。アレックス・ファーガソン率いるマンチェスター・ユナイテッドのサッカーを著者がどう料理するのか、私の期待はそこにしかない。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。