スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ファーガソンの薫陶』


サー・アレックス・ファーガソン。サッカーに関わる人でこの名前を知らない人はいないだろう。名声、実力ともに世界No.1の監督といっても過言ではないファーガソンは、あのマンチェスターUで26年目のシーズンを迎えている。しかも今年は香川が加入したことで日本国内からの注目も集まっている。


私はこのブログ内で何度かファーガソンについて言及してきたが、本格的にファーガソンについて記述した本が発売された。『ファーガソンの薫陶』という何とも味のあるタイトルをつけた本である。さっそく読んでみたので内容について記述しようと思う。


ファーガソンは現在70歳である。70歳というと一般的にはとっくに定年退職をしている年齢だが、ファーガソンは全くその気配がない。一度60歳で辞めるという噂が立ったことがあるが、そこからもう10年近くもあのマンチェスターUで監督を続けている。その精神力、体力、勝利へのこだわりは年齢とともに高まっているような気もしてくる。


なぜそこまでできるのか。その理由の一つにファーガソンがマンチェスターUの一番のファンだということがあげられる。ファーガソンはマンチェスターUの監督に誘われたときに、給与は度外視してまで立候補をしている。それだけマンチェスターUが好きだからこそ26年間も監督を続けられるのである。


「ファーガソンがマンUを神格化しているというのは、あながち誇大妄想ではない。彼をよく知る人は必ずこう口を揃えるからだ。「ファーギーはユナイテッドの一番のファン、世界で最も熱狂的な信者なんだ」と。」(p110)


これはサッカーだけではなく別の仕事をしている人にとっても同じことだろう。例えば自社の製品、サービスが大好きな人は、その会社で長期間働こうとする。もちろん消費者としての立場と社員としての立場は違うかもしれないが、自社製品、サービスが好きではない人がその会社に長期的にいられるとは思えない。ファーガソンはマンチェスターUがの一番のファンであり、子供のころからマンチェスターUの監督になることが一番の夢だったのである。だからこそ26年間も監督を続けられるのである。


またファーガソンといえば「ヘアドライヤー」というキーワードが出てくることが多いだろう。なぜ「ヘアドライヤー」かというと、ファーガソンがブチ切れたときに選手の目の前でどなり散らすため、先週はあたかも髪が逆立つぐらいの恐怖を味わうからである。せっかくサー・の称号を与えてもらっているのだが、ブチ切れたときのファーガソンは全く紳士的ではない。ファーガソンは「ヘアドライヤー」について次のように語っている。


「監督たるもの、絶対に議論に負けてはならない。控室で誰かが私に挑んできたときには、相手を叩かなければならない。それが私のやり方なんだ。(選手と)ぶつかるのは避けられないと思う」

「性格的にキレやすいところがあるのなら、それをそのまま出せばよい。心のなかにとどめておいてはだめなんだ。そんなことをすれば一人で不満を言いながらドアを蹴ったりするハメになるし、本当の感情を相手に伝えられなくなる。自分に関する限り、怒りを覚えるのは問題じゃない。キレるのはオッケーなんだ・・・正しい理由でそうするならば」(p92)


と全くブチ切れることについて悪いとは思っていない。しかしそれぐらいの覚悟がなければスーパースターをまとめることは不可能なのである。ファーガソンは性格的に短気で悪そうなスーパースターをまとめるのが上手い。例えばエリック・カントナ、ポール・スコールズ、ウェイン・ルーニー、クリスティアーノ・ロナウド、ネマニャ・ビディッチなどなど。これだけの選手をまとめるのどれだけ大変かは想像しただけでもわかるだろう。これも「ヘアドライヤー」があるからこそなのである。


また、基本ファーガソンのマネジメントは規律重視、マイクロマネジメントである。まずファーガソンがマンチェスターUに来て行ったことは飲酒の禁止である。マンチェスター市内の酒場に関してはファーガソンのスパイがいて、選手が飲酒をしないように見張っているという噂もある。またマンチェスターUの練習開始時刻は一般的なプロサッカーチームよりも早い。これは夜遅くまで飲酒をしないようにという意味があると言われている。


「毎年アカデミーやジュニアチームに入ってくる金の卵。ファーガソンが彼らにまず教えるのは、ディシプリン(規律)の重要性だ。子供の視点に立ってフランクな態度で接しつつも、マンUの一員として守るべきルールを説くのである。言葉遣いや話し方はもちろん、髪や爪はきちんと切っているか、移動のときなどにはきちんと定められたジャケットを着て、ネクタイを身につけているか。ロッカールームや宿舎はきれいにしているか。ジャンクフードばかり食べていないか・・・。目配りの細かさは、生活指導の先生のノリに近い」(p64)


しかしこれだけの規律を設定し、マイクロマネジメントをしていても選手から慕われるのはなぜなのだろうか。それは結果である。ファーガソンは誰にもまねできないような実績、結果を出し続けている。だからこそ彼らはファーガソンの言うことに従うのである。規律が先か、結果が先かという問題もあるが、これは育成年代の指導においても参考になる部分が多いだろう。


ファーガソンはこれといって特殊な戦術、戦略を用いているわけではない。4-4-2をベースにした典型的なイングランドスタイルを基本とし、相手の強さ、ホーム/アウェーによって4-2-3-1を使い分けたりする。ただファーガソンが誰よりも勉強熱心で、読書家であるということはあまり知られてない部分である。常に最先端のサッカーを分析し、自分たちのチームに取り込めようとしている。最近ではバルセロナの影響か、スペインのコーチ陣を加えたことでも話題になった。ちなみにマンチェスターUのトレーニングは下記を参考にするとよい。


http://www.youtube.com/watch?v=BqZvqQNQWh8


ではファーガソンの次の監督は誰になるのか。ファーガソンといえども不死身なわけではない。70歳となれば次の後継者を探すことも視野に入れているだろう。現在候補として挙げられているのはジョゼ・モウリーニョとジョゼップ・グアルディオラの二人である。それぞれ求めるサッカースタイルは異なるが、ファーガソンの後を継げるのは彼らしかいないというのが正直なところだろう。ただ私はまだまだファーガソンが現役でマンチェスターUの監督を続けてくれることを願っている。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。