スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‎2012年度 JFAスポーツマネジャーズカレッジ神奈川県サテライト講座終了


「‎2012年度 JFAスポーツマネジャーズカレッジ神奈川県サテライト講座(10/27開講)」(http://www.kanagawa-fa.gr.jp/info/event/smc/20121027_01.htm)に参加してきた。この講座は偶然Web上で見つけたのだが、マネジメントという言葉に惹かれて参加してみた。

講座自体は3日間(3時間×6+α)なのだが、あっという間の時間である。グループワークで取り組む課題ほとんどで、頭を休める時間は全くない。しかも自分の将来のビジョンについて考える時間が多く、普段そのようなことを考えることのない私にはちょうど良かったと思っている。

サテライト講座では下記6つのセッションを学ぶことになる。

1.ビジョン
2.環境分析
3.コミュニティデザイン
4.SWOT
5.行動計画
6.目標管理

学ぶといっても講師の方の話を聞いている時間はほとんどない。次々と課題を与えられてそれを個人やグループで考え、最後に発表する。これの繰り返しである。サッカーやスポーツのクラブを経営している人たちが多く参加しているので、実体験に沿った話をすることができてとても勉強なった。

個人的に一番役立ったと思うのは、将来のビジョンをこの年になって改めて真剣に考えたということである。大人になればなるほど、自分でできることできないことをなんとなく判断して、それで限界を作ってしまうことが多い。私自身、受講する前はサッカーの指導は現状で満足していると思っていたのだが、将来のビジョンを考えてみるとまだまだやりたいことが多くあるということに気付かされた。

我々は日々忙しい時間を過ごしていて、将来のビジョンを考える時間がない。子供のころは「~になりたい」「~をやりたい」ということが次々に出てきたが、大人になると「そんなことを考えている時間があったら今できることをやろう」と短期的な思考に陥りがちである。

しかしこの講座で学んだのは、将来のビジョンが決まらなければ、短期的なアクションプランも決まらないということである。あくまでも将来の理想像が存在し、それに近づくためにアクションプランを考えるのであって、その逆ではない。もちろん計画通りにいかないことも多いと思うが、それはその都度修正していけばよい。まず自分の中での指針が存在しなければ、自分がその方向に進んでいるのか、それとも進んでいないのかも分からないだろう。

この講座では自分の夢(理想像)をグループ内でもしくは全体の前で発表する機会が多く存在する。今考えればとても恥ずかしいことを言っていたような気がするが、それは全員同じ気持ちだろう。全員同じように恥ずかしいことを発表するので、自分も将来の夢(理想像)を恥ずかしげもなく発表できる。それがこの講座に参加する一番のメリットなのかもしれない。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。