スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクールが普及している背景


最近はサッカークラブとスクールと掛け持ちをする子が増えてきている。つまりあるチームに入りながらもそれとは別に、週1,2回サッカースクールに通うということである。スクールにもいろいろ種類があり、Jリーグの下部組織もあれば、クーバーコーチングなど独立しているもの、また地元のスクールというものもある。

昔は普及率もそこまで高くなかったためスクールに通っている子は少なかった。しかし年々とスクールの数は増えてきている。もちろんJクラブ自体の運営のためなど経営的な問題もあると思うが、子供たちの生活環境というのも多少なりとも影響している。

私が子供の頃は学校が終わるとすぐに公園や近くのスペースでサッカーをしていた。しかし現在はサッカーをできる場所も少なくなっており、サッカー以外にもたくさんの選択肢がある。また、格差社会と呼ばれる時代において、子供のころからたくさん習い事をしている子も多い。よって子供たちもなかなか自分たちで集まってサッカーをするというのが難しくなってきている。

スクールはそのニーズをうまく取り込んでいる。場所は人工芝を提供できるし、Jクラブであればネームバリューで地元の子以外の子たちも集めることができる。また、親御さんとしてもその時間はスクールのコーチが子供たちを見てくれるので安心である。現在の環境において親にとっても子にとってもスクールはメリットが大きい。

ただスクールはクラブではないので試合などがあるわけではない。また子供たちのレベルの差が激しく、全く素人の子と上手な子が一緒にプレーすることになるため、本当に厳しい環境での練習にはならない。しかし逆に考えれば、そのプレッシャーがない中で自由な発想のもとサッカーができるという面もあるかもしれない。

もちろんスクールに通うためには金銭的な問題も出てくるため、単純に外遊びよりもスクールが良いなどとは言えない。しかしいろいろなコーチにしっかりと教えてもらいながらサッカーをする機会が増えることは悪いことではない。子供たちにとっていろいろな大人と触れ合うことは今後の人生にとっても有益なことだろう。

個人的にスクールの一番のメリットだと思うのは、やはり上には上がいるということを子供たちが気づく機会ができるということである。やはりクラブの中だけだと上手な子は図に乗ってしまう可能性が高い。これはその子の問題だけではなく、クラブの中で世界が閉じてしまっているのだから仕方がない。しかしスクール(特にJクラブ)においては上手い子は上に引き上げてもらうことができ、またセレクションなども年に数回存在する。そこで自分の実力を正確に把握する機会を子供が得ることができるというのはスクールならではのメリットだろう。

私はクラブで指導をしている立場なので、スクールの内部のことはよくわからない。しかし一番大事なのは子供たちが楽しくサッカーができる環境を大人が用意してあげることである。その選択肢の一つとしてスクールは重要な役割を果たしてきているのではないだろうか。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。