スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3バックの復権!?


昨日はゼロックス・スーパーカップがあった。昨年のJリーグ王者のサンフレッチェ広島と天皇杯王者柏レイソルの一戦だった。結果は佐藤寿人のスーパーボレーシュートで広島が1-0で勝利したのだが、私が注目したのはそこではない。両チームとも3バックの3-4-2-1を採用していたことである。

以前私は「なぜ3バックは流行らないのか?」で3バックが流行らない理由を書いているが、それから数年たち3バックが復権し始めている。これはJリーグだけではない。世界各国、特にイタリアで3バックが流行り始めている。

記憶に新しいのはユーロ2012のイタリア代表だろう。ブランデッリ新監督のもと、イタリア代表は3-5-2システムで戦い準優勝までたどり着いた。結果だけではなく内容もよい試合を見せていたので、覚えている人も多いかもしれない。またあのバルセロナもグアルディオラ時代に3バックを採用している。グアルディオラ自身はセスクが加入したことにより、中盤の構成を最大限生かすためと主張していたが、あのバルセロナが3バックを採用したことで再び3バックに注目が集まった。

Jリーグでいえば現浦和レッズ監督のペトロビッチ監督が3-4-2-1を採用していることで有名である。現広島監督の森保監督はペトロビッチの戦術を踏襲し、そのまま3-4-2-1で昨年Jリーグ優勝を果たした。そして今年は前出の柏レイソル、そしてピクシーことストイコビッチ監督が率いる名古屋グランパスも3バックを採用しようとしている。

なぜこのようなことが起きたのだろうか。数年前に3バックがはやらなくなった理由は、1トップor3トップのチームが多くなり、3バックだとカバーリング役の1DFを余らせることができなくなったからである。そもその3バックは相手の2トップ対策で作られたシステムであり、相手が1トップであれば2DFが余ってしまい、相手が3トップだと3対3で1人も余らせることができない。このアンバランスが3バックには存在する。またサイド攻撃が定着してきた現代において、3バックの両脇のスペースを使われることを懸念し4バックを採用するチームが多かった。サイドをケアしようとすると、どうしてもウイングバックの2人が下がってしまい、5バック気味になってしまうからである。

現在でも多くのチームは4バックを採用している。特にプレミアリーグのチームはマンチェスター・Uはじめほぼ全チームが4バックを採用している。また現レアル・マドリード監督のジョゼモウリーニョが3バックを採用することはない。現ロシア代表監督のファビオ・カペッロもローマ時代は3バックを採用していたが、現在は4-4-2をベースとしたシステムを採用している。4バックの場合はディフェンスラインの4人、中盤の4人で4-4の2ラインを作り、その間でボールを奪うことを目的としている。数年前はこのディフェンスシステムが一般的になったため、3バックを採用するチームは少なくなった。

では現在の3バックは以前と何が違うのだろうか。正直って私は現在の3バックも以前の3バックもほぼ変わらないと思っている。しかしひとつ違うのは守備の時に5バックになることを許容し始めているということだろう。

昨日の試合を見ていても、広島も柏も守備の時は5バックになっていた。というよりも、意識的に5バックにしていた。自陣ペナルティエリアの前に5人のディフェンスが並び、その前に4人の中盤が並ぶ。合計9人で2ラインを作り、ディフェンスをするのである。以前であれば5バックになることが悪いことだと考えられていたが、おそらく3バックを採用する監督は5バックになることを悪いことだと思っていない。むしろ守りを固める上では必要なことだと考えている。

というのも現代サッカーでは先制点というものがかなり大きな重要度を占めているからである。以前であれば先制点を取ったチームが2点目を取りに勢いをつけて攻めて来るということが多かった。しかし現代サッカーにおいては、先制点を取ったチームは自陣近くにリトリートして、まずは守備を固めることが多くなった。そして攻撃についてはあくまでもカウンターで2点目を取りに行き、あくまでも守備のバランスは崩さない。これはジョゼ・モウリーニョがCL決勝のバイエルン・ミュンヘンで採用した戦術であり、あまりにも上手くハマったため記憶に新しい人も多いだろう。

よって監督としては先制点を取られることを極端に嫌うことになる。先制点を取られると、リトリートした相手を崩すことが難しくなるからである。その結果が3バック気味の5バックである。守備の時にはまず5バックでも良いから点数を取られないことを最優先にする。相手が攻めてきたら、以前に比べて多少攻撃の人数が少なくなるがカウンターで点を取りに行く。逆にポゼッションに入った時には3バック気味にして攻撃に厚みを持たせる。浦和や広島などは攻撃時には4バックにシステムチェンジをして、ポゼッションを中心にして攻めているのでそのような工夫も出始めている。

昨日の試合を見ている限りではやはり広島の方が戦術的な理解度が高く、3バックのメリットが出ていた。逆に柏の方が以前は4-4の2ラインがうまくハマっていたため、それを捨てての3バックだったが、まだ理解度は高くない気がした。失点の部分においては5バック気味にして人数は揃っているにもかかわらずゴールを取られてしまったので、本当に5バックにすることが守備を固めることにつながるのかはしっかりと分析する必要があるだろう。

面白いのは時代が変化するにつれて新しい戦術が次々に生まれてくることである。そしてそれには必ず理由やロジックが存在する。その流れをしっかり把握することも、指導者には求められる部分だろう。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。