スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

審判に文句を言うチーム、言わないチーム


チャンピオンズリーグのマンチェスターUとレアル・マドリードの第2戦ハイライトを見た。結果はご存じのとおりレアルマドリードが2-1で勝利し、2戦合計で3-2で次のステージに勝ちあがっている。しかしこの結果については多くの人が疑問を抱いていることだろう。というのも第2戦のナニの退場について様々な議論がされているからである

http://www.youtube.com/watch?v=RHBjD0rwUk4

動画を見てみればわかるが、確かにレッドカードというのは判定が厳しい。ナニからしたらボールに足を出そうとしただけでおそらく故意ではない。せめてイエローカードではないのかというのが私個人の意見でもある。この時点でマンチェスターUは1-0でリードしていたため、ナニの退場の後に2点入れられ逆転負けとなった。よって判定が試合を左右したと言われたとしても仕方がないかもしれない。

しかしサッカーというものにはミスがつきものである。これは選手や指導者だけではなく、審判も同様である。またプロ、アマチュア、大人、子供であっても関係ない。ミスのレベルには差があるかもしれないが、誰でもミスをする可能性があるという事実は変わらない。

重要なのはこのミスに対してどのように対処をするかということである。マンチェスターUはナニが退場したことによって試合に負けてしまったと思っているだろう。しかし、もし審判の判定に文句を言わずそのまま試合に集中をしていれば、もしかしたら結果は違っていたかもしれない。もちろんこれは結果論にすぎないが、審判の判定に怒り狂って集中力を切らしてしまうチームは意外と多い。

実はこれは小学生年代のサッカーにも通じる話である。小学生年代のサッカーはご存じのとおり審判を他チームの指導者が行うことが多い。よって審判のレベルは正直まちまちである。ミスジャッジと思われるようなジャッジも多々ある。

ミスジャッジに対する指導者の対処はチーム、指導者によってさまざまである。怒り狂って審判に文句を言う人もいれば、直接言うのではなく大会本部に対して文句を言う人もいる。逆にジャッジはジャッジと受け止め、特に文句を言わず淡々と試合を続ける人もいる。ちなみに私の場合はできるだけ言葉に表さないようにしているが、態度に出てしまうことが多いが・・・

私含め指導者が常に頭に入れておかなければならないのは、その姿を子供たちは必ず見ているということである。審判に文句を言う指導者がいるチームは、試合中に子供たちが審判に文句を言う傾向が強い。これは指導者のことを子供たちは真似するからである。指導者が審判に文句を言っているのに、子供たちに対して「審判に文句を言うな!」いっても説得力はない。

私自身、審判に文句を言う姿をできるだけ子供たちには見せたくないと考えている。もちろん勝負にこだわる姿を見せることは重要だが、ジャッジはジャッジと受け止め次に切り替える姿を見せることは子供たちにとっても勉強になる。サッカーだけではなく人生においては理不尽に思えることがたくさんある。重要なことは起こってしまったことに対して文句を言うことではなく、次に何をするかである。

もちろん後から「あのジャッジはもしかしたらミスジャッジだったかもしれないね」と子供たちに教えることは必要だろう。ルールをしっかり覚えてもらうことも指導者の重要な役割だからである。しかし「審判も人間だからミスをする」ということをその後に付け加えるのを忘れてはならない。子供たちがミスをするのと同様に、大人もミスをする。そのミスはあらかじめ想定しておかなければならない。

審判をやっていて思うのは、本当に強いチームというのは審判に文句を言う数が少ない。というのももしミスジャッジがあったとしても、自分たちは勝てるという絶対的な自信、余裕があるからである。だからこそすぐにプレーを切り替え次の準備をする。私は審判に文句を言うチームを作るよりも、このようなチームを目指したいと考えている。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。