スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜを伝える


なぜを伝える。現代の子供たちを指導するためには「なぜこのトレーニングをしなければならないのか?」「なぜ声を出さなくてはならないのか?」「走り込みをするとどんなメリットがあるのか?」などということをしっかりと伝えなければならない。

一昔前であれば「これをやっておけ!」「あれをやっておけ!」で子供たちは素直に従ってくれていた。というのも社内の中に「努力をして辛いことを我慢すれば何か良いことが将来待っている」というような、ある種のイデオロギーが存在したからである。しかし現代はそのようなイデオロギー(現代思想用語では「大きな物語」とも言う)が崩壊してしまっている。これは「努力しても成功するとは限らないし、辛いことを我慢しても必ずしもあとで楽しいことがあるとは限らない」ということを子供自身もなんとなく感じているからかもしれない(これは普段から大人の姿を見ているからだろう)。

もちろん実際のところは、努力すればある程度の成果は出るし、辛いことを我慢して取り組んだ時の達成感というものも存在する。ただ昔と違うのはメリットを明確に子供たちに伝えておかなければ、子供たちは動かない時代になっていることである。大人の命令だから子供たちは素直に従うだろうという考え方正直通用しなくなっている。

下記は企業内の話だが、これは小学生年代を指導していても感じられることである。

「「いやならいつでも辞めてやる」と思っている若者にとって、説明の付与されない、上司という立場をかさにきただけの指示はまったく従うに値しないわけです。一昔前であれば「理由なんか考えずまずやってみろ!」で通っていたところを、今は「なぜそれをする必要があるのか」「それをするとどんな利益がもたらされるのか」を明確に伝える必要があります。上司にとってはやって当たり前のことも、もう一度その理由をきちんと言語かする必要があるのです」(『コーチングが人を活かす』p119)

このような社会になっていることを嘆くのは簡単である。また、そのような子供たちを批判するのも簡単である。しかし時代によって子供たちが変わっていくのは当然のことであり、子供たちに責任はない(むしろそのような社会を作ったのは今の大人である)。そんな中、指導者や大人はその時代の子供たちにとってのBestな指導ができなければならない。

トレーニングを行う前はそのトレーニングのメリットをしっかりと伝えておこう。トレーニングのポイントは途中でゲームフリーズして伝えれば良いと思うが、メリットを初めに伝えておくときとおかないときとでは子供たちの取り組み方が全く違う。トレーニングの質をあげるために必要なのは「命令」ではなく「説明」である。

例えば「パス&ゴー」のトレーニングをする場合、メリットは「このトレーニングをすると将来バルセロナのような華麗なパス回しができるようになる」「ボール保持率が高くなって試合中疲れなくなる」などといったことが挙げられる。このメリットをトレーニングを始める前に一言伝えておくだけでも子供たちの取り組みは違ってくる。可能であれば、子供たちが試合中にうまくいっている姿をイメージできるような言葉をかけてあげるのが良いだろう。逆に「パスを正確に」「パスを出すときに名前を呼ぶ」「ワンタッチでパスを出しやすいところにコントロールする」などといったポイントは、トレーニング最中にフリーズして伝えればよい。特に集中力が切れそうなってきた時にポイントを伝えるのは有効である。

注意すべきなのはトレーニングの前の説明が長すぎると子供たちは飽きてしまうということである。いかにメリットを簡潔にテンポよく伝えられるかということも指導者には求められる。そのためには事前の準備が大切であり、トレーニングの前にはメリット、ポイントなどをノートなどにまとめておく必要があるだろう。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。