スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サッカークリニック2013年5月号』‐価値あるパスを出そう!


『サッカークリニック2013年5月号』を読んだ。今回のテーマは「価値あるパスを出そう!である。先日のバイエルン・ミュンヘンの試合を見ていたが、やはりJリーグと違うのはパススピードである。インサイドキックのパススピードがが早いため、サイドチェンジや縦パスを数本入れるだけでもディフェンスのバランスを崩すことができる。センターバックのパスでさえも、パススピードが早く、また2タッチで次の選手ににパスを出している。これは意識で変えられる問題なので、普段の練習から取り組む必要があるだろう。以下内容を引用する。


・私は選手を前にしたとき、相手がアマチュアだろうが、プロだろうが、監督にありがちな仮面を取り払ってありのままに自分をさらけ出して接するように努めている。思ったこともはっきり言う。

・テクニック偏重になるのは、サッカーを必要以上に細分化して分析し、そこからトレーニングを組み立てているからだと思います。ただし、こういった現状が生み出す現象はテクニック偏重だけではありません。コンディショニングも細分化され、個別に行われる傾向にあります。

・多くの人が、「サッカーは流動的だ」と理解しているはずですが、どうして細分化するのでしょうか?
→まず、それが最も簡単な方法だからでしょう。そして「細分化しないとトレーニングできない」と考え、それが習慣化、常識化しているからだと思います。

・3つの指導メソッド
①ノルマ(条件)を設定する
指導者にとっては、選手に学習させたいコンセプトがトレーニングに現れるようにノルマ(条件)を設定することが大切です。選手たちは与えられたノルマのもと、トレーニングの中で正しい解決策(判断)を探す必要性に迫られます。

②選手に質問する
指導者は、選手に学習させたいプレー、コンセプトに選手がたどりつけるよう、いくつかの質問をします。

③プレーを理解させる
指導者にとっては、選手たちがプレーを通して発見した解決策に対して、「なぜ正しいのか」、その理由を証明することが大切です。選手たちは「なぜ」を理解することで、サッカーの基本を知ることとなります。

・基礎技術は子供が自身で説明できるくらいに、一つ一つ細かく砕いて教えて、その上でゲームにおいて自由にやらせてみて、また話をしてみる、という繰り返しのアプローチが必要だと思います。子供の時は、自由にやらせたほうがいいという意見もありますが、放っておくと軸がぶれて姿勢が悪くなり、周りが見えなくなることもあるでしょう。

・最近では空走りだけではなくミニゲームを行うことによってフィットネス効果を得るというトレーニングも一般的です。8体8から10対10では低強度、7対7から5対5は中強度、4対4から1対1は高強度になる傾向が有り、これはオランダを中心にシステム化され広まっていきました。

・チームのコンセプトや目標、試合に向けての狙いをシンプルな言葉で紙に書き出し、ロッカールームや着替えているスペースの選手の目に入りやすいところに掲示します。

・ゲーム中の情報伝達は、インプレー中にはプレーに集中させるために控え、ゲームが途切れたとき(セットプレー、スローイン、得失点後など)に、シンプルに(最大でも3フレーズ以内)行うように心がけています。


小学生年代だとなかなか試合中にパスが繋がらない傾向が強いと思う。指導者はそれが単なる技術の問題なのか、それともそれ以外に原因があるのかしっかりと分析する必要がある。意外とポジショニングを修正するだけでパスがつながるようになることもある。

例えば小学生低学年のように団子サッカーになっている状態で、いくらパスをつなげといったとしてもなかなか難しいだろう。それよりもまずは団子サッカーにならないようにポジショニングを修正してあげたほうが、パスがつながるようになるかもしれない。もちろんポジショニングの型にはめすぎるのは良くないかもしれないが、ある程度のルールを決めておくことで、子供たちもどこに味方がいるのかがわかりやすいと思う。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。