スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートカウンターを採用するチームは小学生年代に原点回帰している!?


現代サッカーにおいてはショートカウンターというものが流行っている。通常のカウンターはボールを奪う位置が自陣のことが多いが、ショートカウンターでは相手陣地でボールをカットしてカウンターに持ち込む。特に前線からのプレスを得意とするチームがショートカウンターを採用することが多い。

ショートカウンターではボールを奪ってから数秒以内にゴール前まで攻めきることを目的としている。攻撃に関わる人数も3,4人で一気にシュートまで持ち込む。その間はドリブル、縦パスが中心で、横パスやバックパスを使うことは少ない。あくまでもゴールまで一直線というイメージである。

従来のカウンターはゴール前にブロックを敷いて、そこでボールを奪った後に攻撃を始める。しかしボール奪取位置が低いため、ドリブルやショートパスよりも、ロングパスが中心になることが多い。よってカウンターを成功させるためには、攻撃力のずば抜けているFWがいることが前提となる。特に元浦和レッズのエメルソンのように、スピードのあるドリブルができるFWがいなければ、カウンターは成功しない可能性が高い。

しかしショートカウンターにおいてはそこまでずば抜けた能力を持ったFWがいなくても良い。ボール奪取位置が高いため、数人でショートパスを数本つなぐことができればボール前まで持ち込むことができる。逆にデメリットとしては、前線からのプレスが必要になるため運動量が求められる点である。ショートカウンターを採用するチームは、90分運動量が持つかどうかが重要なポイントになる。

少し前まではゴール前にブロックを敷いて、前線からのプレスはハーフエイライン前後からというチームが多くなった。モウリーニョがチェルシーやインテルで採用した戦術が世界全体に浸透したためである。現在でもマンチェスターUなど強豪チームはこの戦術を採用することが多い。ゴール前まで押し込まれてもフィジカル能力の高いCBが跳ね返すことができるからである。

しかし近年前線からのプレス+ショートカウンターを採用するチームが出てきている。その典型がドルトムントだろう。クロップ監督率いるドルトムントは、前線からのプレスを積極的にしかけ、ショートカウンターで攻めきることを重視している。ドルトムントの前線はレヴァンドフスキやゲッツェなどスピードがある選手がいるわけではない(以前は香川がトップ下である)。高さや運動量が多い選手を前線に起用して、複数人のコンビネーションでゴール前までボールを運ぶ。

Jリーグであればサガン鳥栖がこのショートカウンターを採用している。前線はご存じのとおり高さのある豊田で、中盤も水沼や金、清武弟など運動量が多くショートパスが得意な選手を起用している。まさにショートカウンターの典型的なチームだと思う。サガン鳥栖がJ2から上がってすぐに上位進出できているのも、このショートカウンターサッカーをいち早く取り入れている点が大きいだろう。

実は、小学生年代までのサッカーにおいてもこのショートカウンターが戦術の基本になる。というのもポゼッションで相手を崩せるほどの技術はなく、またロングキックが蹴れるほどのキック力もないからである。必然的に前線からプレスをかけて、こぼれ球を拾って一気にゴール前までという戦い方をするチームが多い。逆に言えばショートカウンターを採用するプロチームは、小学生年代の戦術に戻ったということも言えるかもしれない。このように戦術が原点回帰するというのもサッカーの面白い部分ではないだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。