スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーミングアップは子供たちに任せる!?

「子供たちに自立して行動してもらいたい」

このように思っている指導者は多いだろう。子供たちが自分たちで考え、主体的に行動することを求めている指導者はたくさんいる。これはスポーツの世界だけではなくビジネスにおいてもそうである。管理職は部下が自分の指示の元動くだけではなく、部下が自分で考え主体的に行動する姿を求めている。

ただ小学生を教えているとわかると思うが、現実と理想のギャップは意外と大きい。もちろん子供たち一人一人によって異なる部分はあるが、指導者が指示を出さないと何も出来ない子供もたくさんいる。これはある程度仕方がない部分もある。子供たちそれぞれサッカーに対するモチベーションも異なるし、家庭での教育方針なども異なる。特に小学生低学年においてそこまで求めるのは酷だろう。

しかし小学生高学年になるにつれて、子供たちが自立的に行動できるような仕掛けも必要になってくる。特に中学生になると、指導者が不足していて自分たちで何もかもやらなくてはならないようなチームに入る可能性もある。何でも指導者の指示待ちになるのではなく、自分たちで考えて行動することがどんどん求められてくる。小学生を教えている指導者も、子供たちが徐々に主体的に行動できるようになるような仕掛けを考えなくてはならない。

もちろん最初から全て自分たちでやらせようとすると失敗する。まずは簡単なことからやらせてみて、徐々にその割合を増やしていくと良い。例えば簡単なのはウォーミングアップをまずは自分たちでやらせてみることである。おそらく多くのチームは練習が始まる前にグラウンドの周りを走って、そのあとストレッチにうつるだろう。私が教えているチームではこの部分を子供たちに任せている。

子供たちに伝えていることは下記3つのみである。

①練習開始の10分前から自分たちでストレッチを始めること
②ストレッチを始める前に各自グラウンドを10周走っておくこと
③ストレッチが終わったら練習開始までリフティングをすること

基本的にこの部分に指導者が関わることはない。キャプテン/副キャプテン中心に子供たちだけでやらせている。もちろんこの部分をサボったりふざけている子がいたら後から注意するが、ストレッチ開始の指示などは指導者から出すことはない。また、練習に来る時間もそれぞれの子供たちに任せている。子供たちによってグラウンドを走る時間は異なるため、ストレッチ開始時間に間に合うようにしてくれればそれで問題ない。

これぐらいの話であれば子供たち自身で十分可能である。また、クールダウンも同じように子供たちに任せても良い。さすがに練習一つ一つを子供たちだけでやらせるのは難しいが、それ以外の部分で子供たちに任せても良い部分を探すことは難しくない。もちろん全てを指導者が管理、監視するのも一つの指導方法かもしれないが、それだけだとただの指示待ち人間が増えることになる。

子供たちは自分で考えて行動したことで失敗すると、その後自分で考えるようになる。しかし指導者から指示されたことで失敗すると、それを指導者のせいにする。どちらが将来伸びるかは明白だろう。良い上司は「部下の失敗を願っている」というが、これはまず部下に考えさせ自分たちでやらせることが前提である。そのためには上司や指導者が途中で口を出さないという我慢が必要になってくる。子供たちを教えている指導者もこれと同じではないだろうか。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。