スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4-2-3-1の可能性2

4-2-3-1では、選手はどのような動きをするのだろうか?ここでは私が考える4-2-3-1での選手の動き方を書いてみる。


・攻撃時

まずワントップにボールを集めることになる。そしてワントップにボールが集まった瞬間にトップ下、サイドハーフの3人がそれをフォローする。フォローの方法にも2種類ある。ボールを後ろに落としてもらう場合と、ボールを相手ディフェンスの裏に出してもらう場合である。ただワントップへのプレスはとても激しいため、そのまま反転してボールを裏に出してもらうことは難しい。よってワントップは一回ボールを後ろに戻し、そこから相手ディフェンスの裏にボールを出してもらうことが多い。


問題はどこにボールを出すかである。私のチームでは相手サイドバックの裏にボールを出し、サイドハーフを走らせる方法を用いている。そしてそれを同サイドのサイドバックがフォローする。ゴール前にはワントップ、トップ下、逆サイドハーフの3人が飛び込む。そしてボランチ2人のうち1人はゴール前に詰め、もう一人はスペースを埋める動きをする。ディフェンスは上がったサイドバック以外の3人でスリーバックを作ることになる。よってカウンターに備えて、3バック+1ボランチはリスクマネジメントとして後ろに残る。


私のチームではサイドからの攻撃をメインにしているので、ボールサイドのサイドハーフは必ずタッチライン沿いまで開くことにしている。逆サイドのサイドハーフは少し中にポジションをとり、トップ下と同じような位置から前線に飛び出す。プロにチームによっては、逆サイドハーフもサイドに張っている場合もある。これはそこにサイドチェンジをすることで、相手ディフェンスをずらすことを目的としている。しかし私が教えているのは小学生なので、そのようなサイドチェンジは蹴ることができない。だから逆サイドのサイドハーフはちょっと中にポジションを取らせている。またワントップは最終ラインぎりぎりにポジションを取り、攻撃に深さを作る。そしてゴールエリアの幅ぐらいで左右に動く(基本的にはボールサイドに少しだけ寄る)。トップ下はワントップが空けたスペースに2列目から飛び出すことで、相手ディフェンスを混乱させる。


・守備時

4-2-3-1はバランスよく選手が配置されているので、プレッシングはやりやすい。相手センターバックにはワントップ、サイドバックにはサイドハーフ、ボランチにはトップ下がプレスをすればそれだけでも簡単なプレッシングになる。私のチームでは相手のボールをサイドに出させるようにしている(これはそれぞれのチームによって異なる)。そしてサイドハーフがプレッシャーをかけるところからプレッシングが始まる。そしてラインを高く保ち、逆サイドが真ん中ぐらいまで絞ることで、非常に狭いスペースを作る。そしてサイドハーフ、ボランチ、サイドバックの間ぐらいでボールを奪う。


これはあくまでも私のチームでの4-2-3-1である。しかしおそらく4-2-3-1を用いるチームならばそれほど選手の動き方は変わらない気がする。ちなみに私はリバプールの動き方を模範している。だから日本代表みたいにボールサイドのサイドハーフがむやみに中に入ってくることはない。日本代表はサイドハーフのポジションにトップ下の選手が入っているため、どうしても中にポジションをとりたがる。中村俊輔などは右サイドから中に入ってくるプレーが特徴的である。しかしこれでは攻撃が中からになりやすい。もちろん開いたスペースにサイドバックが飛び出してくればそれでよいのだが、それでも攻撃は中がメインになってしまう。私はサイドから攻めることを目的としているので、ボールサイドのサイドハーフは必ずタッチライン上に開かせるようにしている。


このように同じ4-2-3-1でもその指導者の考え方によって選手の動き方は異なる。だからこそ、指導者がどのようなコンセプト(サイドから攻めるのか中央から攻めるのか、前線からプレスをかけるのかリトリートするのか)の元にチームを作るかが一番大事である。これはモウリーニョも言っている。大切なのはフォーメーションではなく、チームのコンセプト、原則であると。次はこのことについて書いてみる。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。