スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦術的ピリオダイゼーション理論とは?

ここ最近「戦術的ピリオダイゼーション理論」というものが流行っている。これは今までのサッカーのトレーニングとは全く異なったトレーニング理論である。この理論はポルト大学のビクトル・フラーデ教授が考案した理論で、世界ではインテル監督のジョゼ・モウリーニョが使用していることで有名である。


「戦術的ピリオダイゼーション理論」のキーワードは「サッカーはサッカーをすることで上達する」ということである。例えば多くのチームはシュート練習をやると思う。小学生ではコーチにパスを出して落としてもらい、それをシュートする「ポストシュート」というものが有名である。


しかし「戦術的ピリオダイゼーション理論」ではこのような練習を認めない。なぜならこの練習はサッカーの練習にはならないからである。サッカーの場合はディフェンスがいないなんてことはほぼありえない。また自分が得意とする体制でシュートを打つこともほとんどありえない。


サッカーには技術、戦術、体力、精神力が必要だと考えられている。「戦術的ピリオダイゼーション理論」ではこの4つを同時に鍛えることを目的としている。なぜならそれがサッカーに一番近いからである。


どうだろうか?ちょっとだけ「戦術的ピリオダイゼーション理論」に興味が出てきたのではないだろうか?これから「戦術的ピリオダイゼーション理論」について詳しく説明していくことにする。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。