スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年3月13日マリノスVSベルマーレ

3月13日に日産スタジアムで行われたマリノスVSベルマーレの試合を見に行った。中村俊輔がJリーグに復帰するということで、3万人以上の観客がスタジアムに訪れていた。


実は今年のマリノスは一抹の不安があった。それはメンバーでもなく、フロントでもなく、監督の木村和司である。木村和司といえばミスターマリノスといわれるほどの名選手であったが、それがコーチも経ずにいきなり監督になるとは・・・、このような不安を持っていたのである。これは多くのマリノスファンも同様であろう。


しかも開幕戦はFC東京に負けたので、「これはやばいのではないだろうか」と思っていたところの第2戦である。相手はベルマーレだからある程度勝利は確実だと思っていたが、内容のほうが気になっていた。


しかしその不安は試合が始まってからすぐに消えた。木村和司監督率いるマリノスはかなり良いサッカーをしていたからである。しかもイングランド式の4-4-2を用いた現代的なシステムでマリノスは戦っていた。ちなみにメンバーは次のようである。


GK:飯倉
DF:波戸、中沢、栗原、田中
MF:中村、小椋、兵藤、山瀬
FW:アーリア、渡辺


特徴的なのは中村と山瀬がしっかりとサイドに張っていたことである。日本代表の時の中村はたびたび中に入ってきてしまうが、マリノスではこれが違っていた。おそらく木村監督の指示だろうが、中村はサイドに張ってボールをもらい、攻撃の起点になっていた。また山瀬もサイドに張ってボールをもらい、効果的にドリブルを繰り返していた。


FWはアーリアが少し下がり目で、相手ボランチとDFのライン間でボールをもらっていた。また渡辺がDFラインの裏を再三狙い、相手のDFラインを下げる役割をしていた。しかもセントラルの2人は攻守の運動量がとても多く、効果的にサイドにボールを散らしていた。これはまさに現代サッカーの見本のような戦い方である。


私は木村監督がここまで現代サッカーに精通しているとは思わなかった。BSでの解説を聞いていると、感覚でコメントしている気がしたし、論理的にうまく説明できるような人ではないと思っていた。しかしこの日のマリノスはとてもバランスが取れたサッカーをしていて、久しぶりに面白かった。


もちろん相手がベルマーレだったということもある。ベルマーレは4-3-3が機能せず、相手選手を上手くマークできていなかった。また攻撃時も3トップにもかかわらずウイングが中に入ってしまうため、ロングボール以外の攻撃はほとんどなかった。試合中もなぜウイングはサイドに開かないんだろうと思うことが何度もあった。おそらくあれは反町監督の指示だろう。


ただし木村監督を褒めてばかりはいられない。それは交代のタイミングである。マリノスは2-0で勝っているにもかかわらず、最初の交代は後半の30分過ぎだった。内容的にもほぼ勝利は確定していたし、もう少し早めに交代して控え選手を試しても良かったのではないだろうか。控えには坂田、狩野などそれなりに実力がある選手もいるわけだし。


とりあえずこんな感じでまとめてみたが、今後のマリノスは少し注目である。次節はフロンターレとの神奈川ダービーなのでここで本当の実力が試されるだろう。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。