スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリヴェイラも「戦術的ピリオダイゼーション理論」を使っている?

オズワルド・オリヴェイラ自伝』を読んだが、それにも「戦術的ピリオダイゼーション理論」に近い練習メニューが書かれていた。世界でサッカーのトレーニングメニューが「戦術的ピリオダイゼーション理論」的になっているのは間違いない気がする。



「サッカー選手の能力を構成するテクニック、フィジカル、メンタルを別々に強化するよりも、それら巣べ手を融合して強化するトレーニングのほうが、効果的だと考えています」(『オズワルド・オリヴェイラ自伝』p72)



「そう考えたとき、ゲームに近い状況での練習メニューにたどり着きました。試合では、ボール扱い、判断力や想像力を含めたテクニック、フィジカル、メンタルなどすべてを発揮することが求められるため、試合に似た状況で練習を行うことは理にかなっています」(『オズワルド・オリヴェイラ自伝』p73)



オリヴェイラはもともとフィジカルコーチ出身である。よって練習メニューもフィジカルメニューが中心かと思っていたが、実はそうではないらしい。「戦術的ピリオダイゼーション理論」という世界のトレンドをしっかりとつかんでいる。



もちろんオリヴェイラが「戦術的ピリオダイゼーション理論」を知っているかはわからない。しかし経験からそれにたどりついたならもっとすごい気がする。自分がフィジカルメニューに詳しいことを棚に上げて、フィジカルメニュー中心の練習を組まないあたりがこの監督のすごいところだと思う。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。