スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4ゴールゲーム

サッカーで大事なスキルの一つに「遠いほうの足でトラップする」というものがある。


例えば自分の左からボールが来た場合、左足でトラップすると体が左を向くことになる。しかしこれでは逆サイドにボールを運ぶことができない。逆に右足でトラップすれば体が正面を向くことになるため、左右どちらにもパスを出せる。これが「遠いほうの足でトラップする」ことのメリットである。もちろん相手が右側からプレッシャーをかけてきた場合は左足でトラップすることもあるが、原則右足でトラップすることが多い。


これは特に中盤の選手には絶対必要なスキルである。プロの選手では必ずこの「遠いほうの足でトラップ」を行っている。日本代表では遠藤、中村憲、などが上手であり、海外ではセスク・ファブレガスが一番うまい。


ではこの「遠いほうの足でトラップする」ことを習慣づけるためには、どのようなトレーニングメニューが良いのだろうか?私は「戦術的ピリオダイゼーション理論」をもとにトレーニングを組み立てているため、これもゲーム形式の中で鍛えるようにしている。


それが4ゴールゲームである。4ゴールゲームとは、普通のスモールゲームにおいて、ゴールをそれぞれ2つずつ付けるゲームである。普通ゴールは真ん中にあるものだが、それを左右両方に設定する。よって合計2×2=4つのゴールが設定されることになる。ここで重要なのは縦長のコートではなく、横長のコートで行うことである。またゴールはシュートをするのではなく、ドリブルで通過したら1点とする。


なぜこの4ゴールゲームが「遠いほうの足でトラップする」ことを習慣づけることになるかというと、まずゴールが左右にあることでサイドチェンジが増えるからである。サイドチェンジをするためには、真ん中の選手が逆サイドにパスを出す必要がある。そしてその時に「遠いほうの足でトラップする」ことが多用される。なぜなら「遠いほうの足でトラップ」しなければサイドチェンジができないからである。また横長のコートにしてあるのは、サイドチェンジの回数を増やしてほしいからである。


ゴールをドリブルインにしているのは、サイドチェンジのスピードを速くするためである。ドリブルでゴールを通過するためには相手のマークを外す必要がある。ドリブルインでは普通に片方のゴールを目指すだけではマークを外すことができない。よってゴールを決めるためには逆サイドへサイドチェンジをしてマークを外す必要がある。だからサイドチェンジが多用される。


以上のような理由で私は4ゴールゲームを良くトレーニングで取り入れている。もちろん「遠いほうの足でトラップする」ことをまず説明してからトレーニングを行う。最初は子供たちも難しそうな顔をするが、慣れてくればどんどんサイドチェンジができるようになってくる。「遠いほうの足でトラップする」ことは12歳以下で身につけてほしいスキルである。ぜひこのメニューを参考にしてほしい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。