スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュート練習

多くのチームではシュート練習を行っていると思う。特に小学生はシュートを打つことや、ゴールを決めることが好きなので、シュート練習はとても良い練習になる。


しかし多くのチームではシュート練習をフリーの状態で行っている。例えばボールをコーチにパスして、横や後ろに落としてもらってからのシュートや、コーチに裏へボールを出してもらってシュートなどである。これは確かにシュートの練習にはなる。しかしその状況が試合中に起こるかどうかはかなり怪しい。


なぜなら試合中には必ず敵(ディフェンス)がいるからである。特にシュートの場面では相手が強いプレッシャーをかけてくることになる。シュートを打つ人はその中で冷静かつ大胆にシュートを打たなければならない。では先ほどの練習がそれを満たしているだろうか?


私はシュート練習はすべて敵(ディフェンス)をつけて行っている。そうすることで試合中と同じような状況を作り出している。おもに行うのは以下の2つである。


1.GK、DF、FWの3人で行う。まずDFとFWがゴールの幅で立つ。DFがFWにパスをして始める。FWはすぐシュートを打つ。DFはFWにパスを出した瞬間にディフェンスに入る。最初のDFとFWの距離は、FWがトラップミスをしたらすぐ取れるような位置にしておく


2.GK、DF、FWの3人で行う。1.よりもゴールから遠い場所で行う。DFはFWに対して斜めにスルーパスを出す。FWはそのままスペースにトラップをしてシュートする。DFはFWにパスを出した瞬間にディフェンスをする。これもFWが少しでももたついたら追いつけるような距離にしておく。


まずFWの人はすぐに(ワントラップで)シュートを打つことを考える。しっかりとトラップができればすぐにシュートが打てる。しかし少しでもトラップをミスしたらディフェンスが追い付いてくることになる。その緊張感の中で練習をすることでトラップやシュートの技術を磨くことができる。


1.の場合は足元にトラップをしてすぐシュートを打てる体勢になることが重要である。しかし2.の場合はスペースにトラップすることが大切である。この微妙なトラップの違いもしっかりと説明する必要がある。


以下に図を書いておいたので参考にしてほしい。








関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。