スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4-1-4-1は守備的か?

日本代表の岡田監督が4-1-4-1のシステムを試すらしい。アンカーの位置には浦和レッズの阿部を起用する。メディアではこれを守備的な布陣だとしている。そもそもボランチが長谷部と遠藤だったから守備的になったと思われるのは当り前である。しかしサッカーの場合そう単純ではない。


なぜならアンカーの阿部がいることにより、今まで以上に遠藤と長谷部が攻撃に関わることができるようになるからである。今まではダブルボランチだったため、長谷部と遠藤のどちらかが上がってどちらかが下がるという役割を果たしていた。しかしアンカーに阿部がいることにより、遠藤と長谷部はおもいっきり良く上がることができる。彼らは日本代表の中でもトップクラスのオフェンス力を持っているので、前線にFWを置くよりも攻撃力は上がる可能性がある。だから一概に4-1-4-1のシステムが守備的だとは言えない。


これは今年のアーセナルを見ればよくわかる。今年のアーセナルも4-1-4-1(4-3-3)のようなシステムを採用していた。アンカーの位置にはカメルーン代表のソングがいた。それにより今までボランチだったセスク・ファブレガスが自由に攻撃に参加することができるようになった。セスクが今年たくさんの得点を取ったのは、ポジションが一列前に上がったからである。そして結果的にアーセナルの攻撃力は爆発した。


システムを変更したからといってそれが守備的な布陣だとか攻撃的な布陣だとか言うことにはならない。むしろ誰がどのポジションになったのかのほうが重要である。この間違いはマスコミなどサッカーを中途半端に見ている人に限って起こりがちである。サッカーとはそんなに単純なスポーツではないのだ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

サッカーについて

なるほど。
説明分かりやすいですね‼

Re: サッカーについて

ありがとうございます!
これからも更新していきます!
Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。