スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンカーというポジション

現代サッカーではアンカーというポジションがとても重要視されている。アンカーとは船の碇という意味だが、サッカーの場合は中盤の真ん中で相手の攻撃の芽を摘む役割を果たすポジションである。4-3-1-2や4-3-3では3の真ん中のポジションになる。


アンカーというポジションは最近出てきた言葉である。おそらく最初にアンカーというポジションを確立したのはバルセロナのマルケス、Y・トゥーレ、チェルシーのマケレレあたりだと思う。3人ともボールをつなぐことも上手いが、ボールを奪うことのほうが得意な選手である。センターバックでもやっていけそうな選手がアンカーをやることが多い。


日本の中では岡田監督がマリノスを率いていた時の那須がアンカーの役割を果たしていた。最近では阿部を日本代表でアンカーとして使ったのが功を奏した。


現代ではアンカーのポジションに守備的な選手を置くことが多い。しかし以前まではパスをしっかり回せる選手をボランチに置くことが多かった(現在は中盤の守備的な選手をアンカー、ボールを回す選手をレジスタと呼んだりする)。代表的な選手とすれば、グラルディオラ、レドンド、ピルロ、シャビアロンソ、などがいるだろう。これらの選手は中盤のポゼッションの時に欠かせない選手であった。


しかしこれらの選手の弱点は守備ができないところである。アンカーは中盤の真ん中にいることが多いが、相手のカウンター時に相手を遅らせる役割を果たす。しかしこれらの選手では守備能力が低いため、その役割を果たすことが難しい。だから相手のカウンター対策のために守備ができる選手をアンカーに置いているのだろう(これは現在の得点の約3割がカウンターから生まれているということに対する対策である)。


そのため中盤でパスを回す選手はポジションが1列前に置かれることになった。つまりセンターハーフの役割に変わったのである。これは現在のセスク、シャビ、遠藤などを想像すればよいだろう。そして中盤からのビルドアップはセンターバックの選手が行うことになった。これはファーディナンド、フェルメーレンなどを想像すればよい。つまりパスを回す役割を、ボランチ一人から、センターバック、アンカー、センターハーフの3人で分業したのである。


日本ではアンカーの役割を果たせる選手がまだいない。特にヘディングが弱い選手が多い。これからはアンカー的な選手を育成することがカギになるだろう。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。