スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本代表決勝トーナメント進出!

日本代表が決勝トーナメント進出を果たした。オランダ戦、デンマーク戦両方見たが、どちらの試合もそんなに悪い試合ではなかった。皆さんの中でもデンマーク戦は特に良い試合だったと思う人が多いのではないだろうか?


日本代表はワールドカップ直前に戦術を大きく変化させた。特にディフェンス面は、前線から激しくプレッシングをかける戦術から、一度リトリートして守備ブロックを作る戦術に変更した。これは日本代表にとって大きな分岐点になったと思う。ただおそらく岡田監督自身はこの変更に納得していないだろう。


なぜなら岡田監督自身が志向した前線からぷレッシングをかける戦術が全く世界に通用しなかったからである。世界と言うよりもアジアでもそこまで成果を出すことができなかった。そもそも前線からプレッシングをかける戦術は世界標準ではない。これはマスメディアでもちょくちょく言われていたことである。


しかし岡田監督がそのことを知らなかったかと言うとそういうわけではない。岡田監督自身は前線からプレッシングをかける戦術が世界標準でないことなどとっくに知っていたと思う。彼はそれにもかかわらずその戦術を選択したのである。これはいったいどういうことだろうか。


その理由ははアジアのレベルとワールドカップのレベルの差にある。日本代表はアジアではトップクラスの実力がある。しかしワールドカップに出るようなチームの中では最下位層にいる。このギャップはいつまでたっても埋まらない。


これにより日本代表はワールドカップ前に常に戦術の変更を余儀なくされる。アジア予選では相手が格下であるため、日本代表はポゼッションをした攻撃的なサッカーを行う。しかしワールドカップでは相手が格上であるため、日本代表はリトリートした守備的なサッカーを行う。よってアジア予選のときとワールドカップの時ではメンバーが大きく異なることも少なくない。


岡田監督はこれを良しとしなかった。よってアジア予選のときとワールドカップの時で、大きく戦術が変化しないような戦術を選んだのである。それがポゼッションを志向しつつも前線からプレッシングをかけるという戦術である。この戦術を用いれば、アジア予選で戦ったメンバーでそのままワールドカップを戦うことができる。そして大きな戦術変更をする必要もなくなる。


しかしそれは上手くいかなかった。結果的に日本代表はワールドカップ前に大きくメンバーを変更し、ディフェンシブな戦いをするしかなかった。結果的に勝ったことは確かだが、おそらくサッカーの質は前回から成長していない。これは誰も認めざるを得ないだろう。


しかし岡田監督の試みは尊敬に値する。彼はあえて失敗するかもしれない世界標準ではない戦術を用いてワールドカップを戦おうとした。これは日本代表を決勝トーナメントに進出させたという事実よりも、価値のあることだと個人的には思う。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。