スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーマンは誰がやるべきなのか?

ポゼッションのトレーニングをするときにフリーマンを入れる場合がある。例えば「6対6+フリーマン」のポゼッションでは1人フリーマンが入る。また「4対4+2フリーマン」のようにフリーマンを2人入れる場合もある。フリーマンは必ずボールを持っているチームの味方である。


ではこのフリーマンは誰がやるべきなのだろうか?


もちろん小学生のトレーニングの場合はコーチが入ることが多い。そうしないとなかなかボールが回らないからである。小学生にフリーマンをやらせてもポジション取りが悪く、あまり上手くボールが回らない。とはいっても小学5,6年生ぐらいになると、フリーマンをやることのできる子供も出てくる。


ではプロの場合は誰がフリーマンをやっているのだろうか?実はプロの場合はゴールキーパーもしくはセンターバックがフリーマンをやることが多い。もちろんこの方針はチームによって違うだろうが、マンチェスターユナイテッドの場合はゴールキーパーもしくはセンターバックが行っている。またモウリーニョのDVDでもフリーマンはゴールキーパーが行っていた。いったいこれはなぜだろうか?


なぜなら現代のサッカーではフリーでボールを持てるポジションがこの2つのポジションしかないからである。フォワードやトップ下、ボランチなどは必ず相手にマークされるポジションである。現代ではサイドバックさえ相手のウイングによってマークされる。よって完全に相手のマークからフリーになれるポジションはゴールキーパー、センターバックしかない。


よって普段のトレーニングでもそれと同じ状況を作る必要がある。フリーマンは基本的に誰からもプレッシャーを受けないため、それに即したポジションの選手がやる必要がある。フォワードやトップ下の選手がフリーマンをやっても、それは試合に生かされることはない。なぜなら試合中にフリーでボールを持つことはほとんどないからである。逆に試合中フリーでボールを持てる選手がフリーマンをやることにより、その選手は試合と同じ状況でトレーニングをすることができる。


「戦術的ピリオダイゼーション理論」ではこのようなことも考えながらトレーニングを作成する。あくまでも試合と同じ状況をトレーニングの中に作ることを優先するのである。このようにフリーマンをゴールキーパー、センターバックが行うということもその中の1つである。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

小学生の頃ではあんま、最終ラインでパスをまわしたりすることが少ないから、ゴールキーパーもしくはセンターバックにフリーマンをやらしてもあまり効果がないんじゃないでしょうか。

Re: No title

まあ基本的にはコーチがやるのが良いだろうね。
ただ小学生でもマリノスみたいな上手なチームは子供がやっても良いかもしれないね。
あとは人数が余ってしまったときにフリーマンをやってもらわないといけない時があるから、その時は柔軟に対応する必要があるね。
Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。