スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーセナルはなぜ強いのか?

アーセナルVSブラックプールの試合を見た。
今年のアーセナルは特に目立った補強もなく大丈夫なのかと少し心配したが、結局6-0の完勝となった。相手チームが前半途中で一人退場となったことも大きかったが、それよりも内容が凄く良かった。


アーセナルのスタメンは以下の通りである。

GK:アルムニア
DF:サーニャ、ソング、フェルメーレン、クリシー
MF:ディアビ(セスク)、ロシツキー、ウィルシャー
FW:シャマク、ウォルコット(ベラ)、アルシャビン(ファンペルシー)


この中で新戦力はMFのウィルシャー、FWのシャマクあたりだろう。私が注目したのはMFのウィルシャーである。まだまだ戦術理解度、ゲームの流れを読む力は高くないが、左足のパスの制度、テクニックなどは素晴らしい。また運動量もかなり多く、たびたびゴール前に飛び込んでいっていた。それでまだ18歳なのだから驚くべきばかりである。


アーセナルといえば選手の平均年齢がものすごく若いことで有名である。この試合ハットトリックしたウォルコットは21歳、ベラも21歳、そしてアーセナルの中心選手であるセスクもまだ23歳である。アーセナルが経営難で資金がないことが理由の一つではあるが、それが逆に面白いサッカーをすることにつながっている。


ではアーセナルはなぜこんなにも強いのだろうか?
私はアーセナルの強さを3つ考えている。


1.一人一人のテクニックが高い
2.パスを出した選手は必ず走る
3.インターセプトの数が多い


まずアーセナルは一人一人のテクニックのレベルがものすごく高い。というよりもテクニックが高くなければアーセナルに入ることはできない。特にドリブルやボールキープのテクニックがものすごく高いため、少しフォローが遅れてもボールをとられることはない。


そしてその選手が2タッチ、3タッチでボールをまわし、その後必ず次のスペースへ走る。ボールをキープできる選手が少ないタッチでボールをまわし、その後走るのだから、ディフェンスとしては溜まったものではない。しかもアーセナルの選手は走った選手を単純にワンツーで使ったりはしない。基本的にはその選手をおとりにして、その選手が元々いたスペースに入ってきた次の選手を使うのである。


よってこれを繰り返していくだけで、いつの間にか前線にいる味方の数が多くなる。また一人一人のキープ力があるためボールを取られることはほとんどなく、後はそれぞれのアイディアでゴールに迫る。


またボールを取られたとしてもその後が速い。パスを出した選手はスペースに走っているため相手も一緒についてくる。またパスを出した選手がいたスペースは次の選手が必ず入っている。よってボールを取られたとしても、相手の人数は少なく、味方の人数は多いのである。そこですぐにプレッシャーをかけることで、ボールを前に生かせない。前に行ったとしても雑なボールになるため、必ずDFがインターセプトを狙っている。よって波状攻撃がとても多いのである。


このサッカーはおそらく平均年齢が高いチームではできない。こんなにも運動量を多くすることは難しいし、前線に飛び出していく思い切りのよさも、若い選手のほうが高い。よって今のアーセナルのチーム状況に合った戦術だと思う。このチームを毎年作っているアーセン・ベンゲルは本当に天才だと思う。アーセナルのトレーニングは『ベンゲル・ノート』という本に書いてあるが、そこまで変わったトレーニングをしているわけではない。どうやったらあのサッカーができるのかがとても興味がある。またどうにかして日本代表の監督に抜擢できないだろうか。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。