スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モウリーニョとオシムのトレーニング

『Number PLUS』でオシムの特集が組まれていた。これはオシムが回復してからのインタビューをまとめたものである。もちろん2010年ワールドカップについての意見も書かれている。


その中には所々でオシムがジェフ千葉、日本代表で行われたトレーニングについて書かれている。オシムのトレーニングというと、走って、走って、走りまくるというイメージがある。それは確かにそうなのだが、オシムが単なる素走りを行わせることはほとんどない。全てボールを使って選手を走らせるトレーニングなのである。


例えばオシムのトレーニングで有名なのは、フルコートでの3対3である。これは聞いただけでも疲れそうなトレーニングであるが、これももちろんボールを使っている。また複数のビブスを使ったトレーニングも有名であるが、これも必ずボールを使っている。ボールを使わないで走らせる場合は罰走ぐらいである。


これはオシムが選手に考えて走ることを求めているからである。試合中に走れるようになるためには単に体力がつけば良いということだけではない。適切なタイミングで適切な場所に走らなければならないのである。そのためには単に素走りで体力をつけるだけでは意味がない。試合中と同じ設定で、ボールを使ってトレーニングをしなければ考えて走ることはできない。


この考え方は「戦術的ピリオダイゼーション」と同じである。「戦術的ピリオダイゼーション」においても単純な素走りはトレーニングに含まれない。必ずボールを使い、選手が頭を使うようなトレーニングを設定している。そしてその中でいわゆる体力というものを鍛えているのである。


「戦術的ピリオダイゼーション」というとモウリーニョのトレーニングが有名であるが、モウリーニョは練習時間も90分として試合と同じような設定をしている。しかしオシムは練習時間が3時間になる場合もあり、また2部練習なども頻繁に行われる。だからこそ体力が付くのである。しかしどちらも基本的な考え方は同じである。「ボールを使って頭を使ってトレーニングを行わなければ意味がない」、それがモウリーニョとオシムに共通の考え方である。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。