スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全員の子供を試合に出すべきなのか?

例えばあなたが教えているチームのメンバーが全員で15人だとする。サッカーは11人スポーツなので必然的に4人がベンチに座ることになる。しかもその子達はレギュラーの子達に比べてだいぶレベルが劣る。交代をするとむしろチームレベルが下がってしまう。さああなただったらどのような選手交代をするだろうか?


日本サッカー協会では、必ず全員の子供たちが試合に出られるようにすることを推奨している。しかしサッカーのコーチをしていれば理解できると思うが、なかなか交代しづらいタイミングもある。1点差の試合や、優勝がかかっている試合などはどうしても交代を渋ってしまうこともあると思う。


しかし私はそれでも一人最低10分間ぐらいは試合に出すようにすべきだと思っている。なぜならせっかく試合をしに来たにも関わらず1試合も出ないで帰るのでは、その子たちのモチベーションに相当影響するからである。多少でも試合に出ることができればその子達も試合に来た意味があるだろう。


またレギュラー以外の子供たちが試合に出ることができないと、レギュラーのことサブのこのレベルが広がってしまう。そうなると練習の効率も悪くなる。そしていつの間にかレギュラーで出ている子達も、試合に出ることが当たり前になってしまう。プレーが悪ければ交代させられるというプレッシャーが多少あった方がよい。


私は全員を試合に出したほうが長期的に見ればチームが強くなると考えている。しかしこれにはいろいろな意見があるだろう。あなたのチームではどのようにしているのだろうか?

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

子供は試合に出たい!

私の息子は田舎の町クラブに通っています。そんな息子がベンチにいる時の心境をミニ作文したら学級通信に載りました。そこには「なぜ、俺じゃないんだ。俺を出してくれ!」と言う気持ちが書かれていました。そんな事書くような奴じゃ無いと思ってました。親やコーチが想像しているより子供達はみんな試合に出たいんです。

おっしゃる通りです。

おっしゃる通りで子供はみんな試合に出たいと思っています。しかしスポーツの世界では試合に出れないこともあるということも教えなければなりません。そのバランスが大切ですよね。
Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。