スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4対4ラインゴール

あなたは子供たちにドリブルが上手くなって欲しいと思ったらどのようなトレーニングを行うだろうか?


多くのコーチはここでコーンをジグザグドリブルするトレーニングをする。しかし私はこのようなトレーニングは実践には向かないと思っている。もちろん足先の細かいタッチは上手くなると思うが、ドリブルはそれだけではない。それよりも、どこでドリブルするべきなのか、パスとドリブルの割合はどれぐらいにしたら良いのかなどを身につけるほうが大切である。またそれ以上に相手が動かない状況でドリブルをしても相手との駆け引きは身に付かない。


私がオススメするトレーニングは4対4のラインゴールである。ラインゴールとは普通のゴールの変わりにラインを通過したら1点とするスモールゲームである。これは有名なトレーニングだと思うので、あなたも知っていると思うが、しかし何のためにラインゴールをするのかをしっかりと考えている人は少ない。ラインゴールにすると普通のスモールゲームと何が違うのか?それを考える必要がある。


ラインゴールにすると、シュートを打つ機会は全くなくなる。その代わりに相手ゴール(ライン)前でドリブルする回数が多くなる。よって相手のディフェンスが一番集中する場(人数的にも精神的な意味でも)でドリブルをする必要が出てくる。


ドリブルのスキルが一番上がるのは相手が本気でディフェンスしてきたときである。コーンのように動かないものを抜いたからといってドリブルのスキルは上がらない。それよりも相手が本気でボールを取りに来ているのを(必ずしも綺麗な形じゃなくとも)抜くことでドリブルのスキルは上がる。


またゴール(ライン)前ではドリブルをするだけではなく、相手をひきつけてからのパスも効果的である。ラインゴールにおいてはゴールの範囲が横に広いので、ゴール(ライン)前で逆サイドにパスをすれば1点は確実である。これは実際のゲームでも同じである。ドリブルが得意な選手がゴール前でパスができるようになると、相手のディフェンスは何もすることができない。


Jリーグとプレミアリーグの選手の違いは、ゴール前でのドリブルの数ある。Jリーグの選手ではゴール前、ペナルティエリア内にも関わらず後ろを向いてパスを出してしまうことが多い。しかし世界のトップクラスのフォワード(ルーニー、ドログバなど)はゴール前では必ず勝負をしてくる。そもそもペナルティエリア内では相手はファールをできないのだからドリブルすべきなのである。


このようにゴール前でのドリブルスキルを身につけさせるためには、この4対4ラインゴールはとても効果的である。しかも4対4という人数の少ない設定で行えば、より多くの選手がドリブルする機会が増える。また事前に「ゴール(ライン)前は積極的にドリブルしよう!」ということをコーチングすれば、子供たちも意識してくれる。ぜひ試して欲しい。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。