スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パク・チソンの巧さ

マンチェスター・ユナイテッドVSトットナムの試合をTVで見た。試合はマンチェスター・ユナイテッドが2-0で勝利したのだが、この試合で一番目立っていたのは韓国代表パク・チソンである。1得点1アシストのナニよりも、最近売り出し中のハビエル・エルナンデスよりも、アジアNo1プレイヤーパク・チソンの方がマンチェスター・ユナイテッドに必要な選手だとこの試合では思った。


これはおそらくマンチェスター・ユナイテッドのサポーターもわかっていて、パク・チソンが良いプレーをしたときには常に拍手が起こっていた。また解説の原博実氏もパク・チソンを絶賛していた。


パク・チソンは特にボール扱いが上手いわけではない。ドリブルも危なっかしいし、縦パスが入った時にはすぐに取られるんじゃないかとひやひやする。またパスがものすごく上手いわけでもない。


しかしそれ以上に攻守の切り替えの速さ、運動量がチームに欠かせないものとなっている。特にボールを取られた瞬間にディフェンスに入る早さは天下逸品である。もしもオシムがこの試合を見ていたら、パク・チソンを絶賛するに違いない。


一般的に自分がボールを取られたときにすぐディフェンスをするのは当たり前である。しかしパク・チソンはそれだけではなく、味方がボールを取られた瞬間にも同じことを行う。多くの選手は自分が取られたボールは真剣にディフェンスするが、味方が取られたボールに関しては少し手を抜くことがある。しかしパク・チソンにはそれが全くない。


ディフェンスとしてはこれほど助かることはない。パク・チソンが味方に入れば、相手のカウンターの回数がものすごく減る。全てパク・チソンの所で時間稼ぎをしてくれるからである。これはマンチェスター・ユナイテッド監督のアレックス・ファーガソンが一番評価している所だろう。


しかし多くのサッカー番組ではこのパク・チソンのプレーは映らない。基本的にゴールシーンやスーパープレーなどしかハイライトでは映らないからである。しかしそれではパク・チソンのプレーを真似する子供たちは少なくなってしまう。どうにかしてパク・チソンのプレーを子供たちに見せたいと思う今日この頃である。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。