スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカークリニック1月号


サッカークリニック1月号を読んだ。今回のテーマは「サイドプレーヤーの適性を考える」ということらしい。近年サイドプレーヤーの重要性はかなり高まっているので、注目すべき点が多かった。以下にその内容をまとめる。



・ドイツ代表には練習の時から球際における激しさがある。ぶつかり合いの中での体の使い方を練習で体得している

・バルセロナのカンテラのトレーニングはほぼ2タッチで行われる

・モダンサッカーの特徴とも言えるのが、本当のトッププレーヤーはセンターでもサイドでもプレーできる能力が求められること

・近年のサッカーにおける大きな変化は、サイドをゴールラインまで深くえぐってセンタリングを上げるプレーが以前よりも減ったこと

・より早い段階でクロスを上げる、あるいは中へ切れ込んでいくプレーが増えている

・「サイドプレーヤーがタッチラインを背負えば180度の視野でいい」というのは10年前の考え方である

・トレーニングとしてのゲームでは対戦相手を想定、設定してBチームにプレーさせる

・決定力の低い長身フォワードがセンターバックとしてコンバートされた場合、ヘディングとフィジカルコンタクトが強く、足さばきの上手いセンターバックとして高く評価される可能性はとても高い

・子供たちがミスから学ぶためには、指導者がそのミスを的確に指摘しなければならない

・オランダの1部と2部の選手の違い
「1試合当たりの走行距離」×
「10メートル、20メートルのダッシュの速さ」×
「1試合当たりの5メートルのダッシュの回数」○



近年ではトッププレーヤーをサイドに置くことが当たり前になっている。バルセロナのメッシがアルゼンチン代表でトップ下で使われて、何も活躍できなかったのは記憶に新しいだろう。現代のサッカーでは真ん中のプレッシャーがものすごく高い。よってそこを避けたほうが無難だからである。


また右サイドに左利きの選手、左サイドに右利きの選手を置くチームが多くなっている。これはスター選手をトップ下に置く代わりに、サイドから中へ切れ込んでトップ下のプレーをしてもらうようになったからだろう。メッシが最初から中盤の真ん中にいてガチガチのマークを受けるよりかは、最初は右サイドにいて良いタイミングで中へ入ってきたほうがマークが外れやすい。その代わりに右サイドバックにはダニエル・アウベスのようなオーバーラップができる選手が求められる。


いずれにせよトッププレーヤーは真ん中でもサイドでもどちらもできる選手でなければやっていけない時代に入っている。子供たちにも両方のポジションをやらせてあげることが大切だろう。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。