スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センターバックがポゼッションに参加できることの重要性


現在の日本代表はダイレクトでの細かいパス回しができる。特に香川、本田、長谷部、遠藤、今野である。んんん?今野?そう今野である。MFの4人の選手がダイレクトで細かいパス回しができるのはわかる。しかしそれに加えて今野がパス回しに加われるのが大きい。


今野は現在日本代表ではセンターバックをやっている。しかしご存知のとおり今野はもともとボランチの選手である。特にハードマークに定評があり、現在流行のアンカーをやらせたら日本で右に出るものはいない。


しかしザッケローニ監督は今野をセンターバックで起用している。おそらくセンターバックの人材が不足しているからかもしれないが、正直最初は危ないと思っていた。今野はそこまで背が高いわけではなく、しかももともとボランチの選手だからである。しかし私の見通しは甘かった。


今野をセンターバックで使ったことによる一番のメリットは、センターバックからボールを回せるようになったことである。一般的にセンターバックというとフィジカルは強いが技術がなく、ボール回しができない選手が多い。よって基本的にセンターバックがボールを持つととりあえずボランチにボールを預ける。


しかし現代のサッカーではボランチの位置に対しても激しいプレッシャーが来る。遠藤や長谷部はそれでもボールをつなぐことはできるが、相手がワールドクラスになったらそうはいかないだろう。そのときに重要になってくるのはセンターバックである。


センターバックがボール回しに参加することができれば、ボランチへのプレッシャーがきつくなってきたときにかなり助かる。ボランチできついと思えば、センターバックにボールを下げればよいからである。そしてセンターバックがサイドチェンジをしたり、効果的に縦パスを入れることができれば、ボランチの代わりにボールを展開できる。


またもし相手がそれに気がついてセンターバックにプレッシャーをかけてくれば、逆にボランチが空いてくる。そのリスクがあるため、多くの場合相手フォワードはセンターバックにはプレッシャーをかけない。つまりセンターバックは比較的フリーでボールを展開できるのである。そのときにボールをつなぐことが出来るかどうかで、ポゼッション率が大きく変わってくる。


海外の指導者はこれに気がついている。現在ボールを回すキーになるポジションはセンターバックとGKである。マンチェスターユナイテッドでは、ポゼッション練習のときにフリーマンをセンターバックとGKに指名している。ファーガソン監督は明らかにセンターバックとGKからポゼッションを始めることを意識しているのだろう。


現在の日本代表は今野と吉田というボールをつなげる選手がセンターバックにいる。これはトゥーリオ中沢というコンビの時には考えられなかったことである。この2人がアジアカップ優勝の影の功労者であることは間違いない。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。