スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカークリニック3月号


『サッカークリニック3月号』を読んだ。今回は「攻守の要はセンターハーフ」という題名である。確かに現在のサッカーは、センターハーフの重要性がとても高まっている。


ちょっと前まではセンターハーフというポジションは存在しなかった。ボランチ(守備的MF)とトップ下(攻撃的MF)という2つのポジションに分けるのが一般的だったからである。特に日本では4人のMFを横一直線に並べるフォーメーションが少なかったため、ほとんどセンターハーフという言葉は聞かれなかった。


これに変化が生じたのはプレミアリーグが全盛期を迎えた最近である。マンチェスターユナイテッドやアーセナルが4-4-2のシステムで成功して、センターハーフにジェラードやランパードというスターが出現してからセンターハーフというポジションが注目され始めた。ちなみにセンターハーフはセントラルMFと呼ばれることもある。


これは戦術の変化もある。昔はトップ下(攻撃的MF)の選手はそこまで守備をしなくても許された。しかし現在ではトップ下の選手も守備をしなければならない。それだったら縦に並べるのではなく、横に並べてしまおうというのが背景にあると思う。


現在ではアンカーという新しいポジションも登場し、センターハーフの動き方にも変化が生じている。日本では遠藤、海外ではシャビがトップクラスのセンターハーフだと思うが、育成年代でもこれからどんどん優秀なセンターハーフが生まれてくるだろう。


以下内容を引用する。


・日々の練習で大事なのは、Warm-up、2対2、ポゼッション、ゲームという流れではなく、テーマこそが重要

・ドリル練習をすることも必要だが、ベースとして対人の練習をすべき。そのときには方向性、オフサイド、スローインなどを入れておくべきである

・攻守を一体化させた上で、ボールを持っているときに攻撃しながらどう守るのか、ボールを持っていないときに攻撃するためにどうボールを奪うのか、そのような考え方に基づいてトレーニングを組み立てるべき

・センターハーフはBox to Box(ペナルティエリアからペナルティエリアまで動かなければならない)

・ビルドアップできるセンターバックは、高校よりも上のカテゴリーではあまりいない。またGKがビルドアップに加わることも非常に少ない

・ボールを奪うためには、攻撃の起点となる相手の中盤の底の選手への圧力が必要で、そのためには2トップのうち1人にその役割を任せることが効率的

・1トップにすることで、2列目以降の選手が動くためのスペースも確保できる

・世界に目を向けると、スライディングだけを指導することはほとんどない。小さなころから勝負にこだわっている子供たちにとってスライディングは大人の試合を見たり真似をしたりして、自然に身に着けているテクニックの一つ

・「育成の指導者は結果にこだわってはいけない」といいますが、プレーヤーである子供たちが同じ考えではいけない

・世界のサッカーの進歩を考えると、今の子供が大人になるころには、両足を使えること、そしてポジションを自在に変えられるユーティリティ性が必要となるでしょう



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。