スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本代表VSJリーグ選抜


日本代表VSJリーグ選抜の試合を見た。おそらく多くの人がもう書いていると思うが、やはりカズはすごかった。実況の「やっぱりカズはカズだった」という言葉のとおり、あの中で本当にゴールを決められるのはすごいことである(また実況もファインプレーである)。


またそれと同時に日本代表が3-4-3のシステムで戦ったところも注目のポイントとしていた。ディフェンスラインは今野を真ん中に右が吉田、左が伊野波。中盤は右から内田、長谷部、遠藤、長友。フォワードは本田、岡崎、前田という布陣だった。


前半だけでこのメンバーは変わってしまったが、内容はとても良かった。一般的に3バックにすると、サイドハーフが下がってしまい5バックぎみになってしまうことが多い。しかしザッケローニの場合はその点に気をつけているらしい。ボールサイドのサイドハーフはボールにアタックに行き、逆サイドのサイドハーフが中に絞りながら戻る。そうすることで両方のサイドハーフがディフェンスラインに吸収されることを避けている。よって基本的にディフェンスラインが5人になることはない。


また攻撃に関しても前田の周りを本田と岡崎が動き回ることで、Jリーグ選抜のCBを混乱させていた。いったんフォワードにボールが入るとそれに長谷部と遠藤が絡んで時間を作り、その間にサイドハーフの内田と長友が上がるというような攻撃パターンが多かった。


おそらく3-4-3のテストとしては成功だろう。4-2-3-1との併用をすることで試合の中でシステムを変更できることは大きな強みである。アジア予選などでどちらのシステムも使えるようになれば、選手起用の選択肢も増えるだろう。


しかし私が気になった点1つがある。それは内田と長友がいないときに3-4-3を使えるのかということである。前半3-4-3が上手く機能していたのは、内田と長友の運動量があったからこそである。基本的に3バックの際のサイドハーフは1人でサイドを駆け上がることになるため、4-2-3-1のとき以上に運動量が必要となる。今回3-4-3が機能したのは内田と長友がいたからこそである。


現に後半の日本代表は3-4-3が全く機能しなかった。右サイドに松井、左サイドに槙野が入っていたが、彼らには内田や長友のような運動量、スピードがない。ザッケローニもそれに気づいたからだと思うが、途中でシステムを4-2-3-1に戻している。


4-2-3-1の場合はサイドバックとサイドハーフの2人でサイドを担当すればよい。しかし3-4-3の場合は中盤4人のサイドハーフが主に一人でサイドを担当する。もちろん3バックのサイドの選手やフォワードのサイドの選手がサイドに流れてくる場合はあるが、4-2-3-1のときよりもサイドハーフの負担が増すことは確実である。


おそらく現在の日本代表の中に内田と長友ぐらいの運動量、スピードを持った選手はいないだろう。Jリーグ選抜でサイドバックとして出ていた駒野や新井場でも少し役不足である。もし内田と長友がいなかった場合、ザッケローニは3-4-3を選択するのだろうか。それだけが少し気になった。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。