スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンチェスターUのすごさ


マンチェスター・ユナイテッド(以下マンU)VSフルハムの試合をテレビで見た。結果は2-0でマンUの圧勝で、フルハムとしては全く歯が立たない形となった。しかもマンUのメンバーはルーニーやファーディナンド、ファンデルサールなどの主力選手が抜けている。それでも勝ってしまうところがマンUのすごさである。


マンUには特にこれといった戦術があるわけではない。4-4-2、4-2-3-1、4-3-3をうまく組み合わせて、いわゆる王道の戦術を用いている。バルセロナのようにパスを細かくつなぐわけではなく、現在のレアルのようにカウンターがものすごく鋭いわけでもない。何となくボールポゼッション55%ぐらいで、いつの間にか無失点で勝っているというのが多い。


この戦い方は明らかにサー・アレックス・ファーガソンの実力によるものだろう。ファーガソンが率いるマンUは、勝利へのメンタリティと勝者のメンタリティ、そして全員のハードワークが骨のそこまで沁みついている。


特にファーガソンのすごいところは、いわゆる悪童、エゴイスト、短気なプレーヤーを育てるのが上手いということである。例えばスコールズ、ルーニー、クリスティアーノ・ロナウド、ビディッチ、フレッチャー、ラファエル、などは2流の監督には扱うことが出来ない選手たちである(いつの間にか全員の選手の名前を書きそうになったが、特に目立つ選手を上げておいた笑)。全員が自分に自信を持っており、自分に何か不都合があるとすぐにイライラする選手たちである。


これらの選手たちをファーガソンはまとめることが出来る。というのもファーガソン自身がこれらの選手と同じで悪童、エゴイスト、短気に近い性格を持っているからである。特に短気という意味では、彼のあだ名は「ヘア・ドライアー」である(すぐに沸騰するため)。ファーガソンがハーフタイム中に切れて、蹴ったスパイクがベッカムの顔を傷つけたというのは有名な話だろう。最近でも、暴言行為で5試合ベンチ入り禁止となっている。


ファーガソンはどんな選手に対しても厳しく接している。ベテランと呼ばれるガリー・ネビル、ギグス、スコールズなどに対しても、本気でぶち切れるらしい。それぐらいのメンタルの強さがなければマンUの監督を20年間以上続けることはできない。


しかしファーガソンの最も素晴らしいところは、選手の使い方である。ファーガソンは2試合続けて同じスタメンで戦ったことがないらしい。それぐらい頻繁に選手を入れ替え、リーグ戦、カップ戦、チャンピオンズリーグを勝ち上がっていく。もちろんそれだけ充実した選手がそろっているということでもあるが、選手全てを見ても、他のトップレベルのチームに比べれば実力は少し落ちる選手が多い。例えばバレンシア、ナニ、キャリック、アンデルソンなどは必ずしもトップレベルの選手とは言えないだろう。それらの選手を上手く組み合わせて素晴らしいチームを作り上げている。


しかもファーガソンはベテランの選手をとても大切に扱う。例えばアーセナルでは30歳前後になると選手の契約が1年単位になる。つまりさっさとリストラして、若い選手に切り替えるための準備をするのである。しかしファーガソンは絶対にそういうことをしない。30歳を超えてもそれらの選手を大切に使い続ける。しかも重要な試合でも使うし、そこまで重要ではない試合でも使う。ファンデルサール、ギグス、スコールズ、ガリー・ネビル、ファーディナンドなどは30歳を超えても使われ続けている。決してこれらの選手をいきなりリストラすることはないし、彼等のモチベーションを下げないように要所要所で使っている。


選手たちにとってはこれほどやりやすい環境はないだろう。ベテランになっても実力が落ちなければ使ってもらえるし、体調面できつくならないように常にターンオーバー制を使ってもらえる。もちろんファーガソンの説教は怖いかもしれないが。


最近気が付いたのはベルバトフがいつの間にか走るようになっていたことである。入ってきた当初はボールを取られても追い返しに走ることがなかった。技術では全く問題がないためそれで許されているのかと思っていたが、おそらくファーガソンの説教が入っていたのだろう。そのおかげで今シーズンは得点王ランキングトップである。


ファーガソンの後を継ぐ監督が誰になるのかは分からないが、現時点ではモウリーニョ以外に適任者はいないだろう。でもいつまでもマンUの監督であってほしいと思わせるような監督である。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Kengo Yoshida

バナーを作成
プロフィール

吉田憲吾

Author:吉田憲吾
2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。TOEIC850点。

主なブログ:
営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。